負の巡りについて説明しましょう | より善き未来のために
<< 布マスクは縮むのが当たり前 | main | 在宅ダンス >>

負の巡りについて説明しましょう

 

「オリンピックは無くなるらしい」という噂が、

 

昨年広まった時に、

 

このオリンピックは、絶対に開かなければならない。

 

だから、けっしてこういう噂を広めてはいけない。

 

その噂話を拡散している人たちは、

 

「彼ら」の活動を後押ししていることになる。

 

だから、絶対にやってはいけない。

 

と書きました。

 

 

今なら、少しその意味が分かるでしょうか。

 

今年、オリンピックが無くなりました。

 

何故?

 

新型コロナ・ウィルスの為、ですよね。

 

 

ここまで説明すれば、お分かりでしょうか?

 

オリンピックが無くなるという噂を広めた人たちは、

 

このウィルスを世界中に広めることに力を貸したのです。

 

 

 

噂を広めた結果、「あなた」はどうなりましたか?

 

そのウィルスの為に、苦しい思いをしている。

 

 

「巡り」というものは、このようにして起るのです。

 

何気なく無意識に思ったこと、取った行動の結果が

 

自分の所に戻って来る。

 

 

 

「私は拡散しなかったのに、

 

何故苦しい思いをしなきゃならないのですか?」

 

そう言うひとは、余りにも未熟です。

 

 

オリンピックを潰すことを、止められなかったではありませんか。

 

それが理由です。

 

止められなかったということは、

 

宇宙の法則からすると「後押し」をしたことになるのです。

 

このセオリーを、脳はなかなか理解できません。

 

 

 

クラスにいじめっ子がいました。

 

そのいじめっ子に加担した子たちと、

 

そのいじめっ子には加担しなかったけれど、

 

見て見ぬふりをした子たちが居ました。

 

この見て見ぬふりをする行為が、

 

このいじめっ子のいじめを助長させます。

 

 

良いとか悪いとか、責任問題とかという、

 

脳の階層で言っているのではありません。

 

だれも止めなかった⇒次なるいじめが行われた。

 

 

宇宙には「条件付きの概念」は存在しません。

 

ここがとても重要です。

 

 

「実際に加担しなかったんだから、加担した人よりはいい」とか、

 

「加担した人より罪は軽い」とか、そういうことはありません。

 

それはジャッジの為に、方便として人間の脳が作りだした物差しです。

 

宇宙に有るのは、「いじめをやめさせたか否か」という事実だけです。

 

 

「思っただけで拡散しなかった」とか、

 

「書いたのは1回だけだし」とか、

 

そんな「言い訳」は、実相の世界には通用しません。

 

 

私たちの脳は、結果は認識できますが、

 

その原因が何なのかを突き止めるほど賢くありません。

 

だから何か起こった時に、何故そうなるのか理解できずに苦しんだり、

 

他人のせいにしたりしてしまうのです。

 

 

「誰も止めなくても、そのいじめっ子が自分でやめたら良い。」

 

これは「正論」です。

 

これもまた脳の階層なので、

 

ここで説明していることと、同じ土俵に上げることはできません。

 

 

世界はこれから、

 

力を盛り返す為に相当なエネルギーを要します。

 

日本には、オリンピックを延期する為の負担金が課せられます。

 

やめるにしても状況は同じです。

 

ダメージは、各国の中で一番大きいでしょう。

 

私たちがオリンピックを開催できなかった、

 

つまりウィルスを拡散することを容認した結果ですから、

 

その波をかぶるのは当たり前です。

 

 

経験して、学んで、それを次にどう生かすか。

 

次の階層に進もうとしている三次元で行われているのは、これだけです。

 

体験、反省、修正、体験、反省、修正・・・・・・・・・。

 

 

 

体験、恨み、復讐、体験、恨み、復讐、・・・・・・・・。

 

こういう選択をしている国もありますが、学びの階層が違うのです。

 

低いとか高いではなく、ただそういうことです。

 

 

彼の国にも、少数ですが、この階層を選択したくないのに

 

何もしていない人たちは、苦しんでいます。

 

何故苦しいのか、もうお分かりですよね。

 

見て見ぬ振りをしているからです。

 

 

それとは反対に、大きな勢力と闘っている人たちもいます。

 

それもまた少数ですが、

 

高校生(春から大学生になりました)から大人まで、多岐に渡ります。

 

この方たちは、三次元で非常に厳しい体験をしていますが、

 

その分、魂霊の成長はとんでもないレベルです。

 

 

「ヤマト縁の魂の人が1〜2割程度居る」と以前言ったのは、この人たちの事です。

 

山火事の中に、単身飛び込んでいくようなものです。

 

凄いですよね。

 

 

 

| 気づきと学び | 12:52 | comments(0) | - | - | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM