苦しき時には、楽しみを知れ | より善き未来のために
<< 季節はめぐる | main | コロナうつ?TVうつ? >>

苦しき時には、楽しみを知れ

 

禊の行法を体系化した神道家である


川面凡児(江戸末期〜昭和4年没)の言葉をご紹介しましょう。

 

 

「苦しき時には、楽しみを知れ。

 

楽しき時には戒めあれ。

 

苦しき時に楽しきを知らず、

 

楽しき時に戒めなきものは危うし。

 

荒ぶる魔(まがつび)に誘われつつあるものと思へ。」

 

 

祖神垂示の道

 

第二編 建国の精神 神と我=我と神より

 

 

 

| 気づきと学び | 16:14 | comments(0) | - | - | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM