マスクに続いて中国製検査キットもNG | より善き未来のために
<< 発がん性マスク | main | 新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター >>

マスクに続いて中国製検査キットもNG

 

https://medical.jiji.com/news/30039

 

【パリ時事】スペイン保健省は、

 

中国企業から購入した新型コロナウイルスの迅速簡易検査キット

 

約5万8000個が不良品だったとして、返品したと明らかにした。

 

報道によると、検査キットの精度は30%程度で、

 

本来必要とされる80%を大幅に下回っていた

(C)時事通信社(2020/03/30 )

 

*スペイン政府は、

 中国深センの易瑞生物(バイオイージー)社から検査キットを購入していました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/53877.html

 

フィリピン保健省次官は28日、マニラで開いた記者会見で、

 

中国から送付された中共ウイルス(新型コロナウイルス)の検査キットは、

 

世界保健機関(WHO)の基準で「40%の精度」しかないと述べた

 

このため、使用せずに保管しているという。

 

マリア・ロザリオ・ベルゲイル(Maria Rosario Vergeir)次官は

 

「私たちは、寄贈された検査キットを事前に検証している。

 

どの検査キットが低品質で、使用するべきでないかを確認している」と述べた。

 

中国以外の国や組織から寄贈された検査キットは、

 

WHOの基準に基づいて正確だったと付け加えた。

 

チェコもまた、中国製の検査キットが不正確であったと報告している。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

https://www.bbc.com/japanese/52102319

 

オランダの保健省は28日、中国製のマスク60万枚をリコールしたと発表した。

 

これらのマスクは品質認証を受けているものの、きちんと装着できず、

 

フィルターも機能していないと説明している。

 

当局は声明で、「残りの在庫はただちに凍結され、最前線にも配送されていない」、

 

「そして、この在庫は使わないことが決まった」と述べた。

 

トルコも、中国企業に注文した検査キットに欠陥のあるものが見つかったと発表

 

ただし、35万個は機能しているという。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今月取り上げたトピック、

 

中共政府主導で、隔離者を雇用して自宅で作らせているという汚染マスク。

 

管理不足と検査ミスの為に出回っていた、発がん性物質を含む中国製マスク。

 

そして機能しない検査キット。

 

 

中国の医療機器メーカー2社から5万枚のマスクが届き、30日、千葉市に寄贈されました。

 

3月27日、新潟県は

 

「中国黒龍江省から5万枚のサージカルマスクの寄贈を受けます。」と発表。

 

その他にも、中国からマスクが続々と贈られてきています。

 

3万枚、50万枚、100万枚・・・

 

 

欧州各国は、中国製のマスクと検査キットが機能しないと中国に返品したり、

 

医療機関に配ったものも回収して廃棄したりしています。

 

日本国内から同じニュースが出て来ないのは、何故なのでしょうか?

 

日本にだけ機能するマスクが贈られた、とでも言うのでしょうか?

 

 

 

コロナ・ウィルスを防ぐ為につけたマスクから、

 

なんらかのウィルスに感染したのでは、笑い話にもなりません。

 

検査は「通常通り」行い、安全を確認してから配布してもらいたいものです。

 

自治体から中国製のマスクが配られたら、

 

検査したのかどうかをしっかり確かめましょう。

 

以前もご紹介したように、

 

布に付着したウィルスは、それほど長くは生存しないと言われていますが、

 

実際にはどれだけ生きるか分かっていないのが実情のようです。

 

せめてアルコール消毒するか、

 

漂白剤に浸してすすぎ、乾かしてから使うことをお奨めします。

 

それでも発がん性物質は取り除くことはできませんし、

 

各国の検査で分かったように「フィルター機能の無いマスク」では、何にもなりません。

 

自分の安全は人任せにせず、自衛してください。

 

 

通常日本は、マスクなどは検査した上で市場に出しているわけですから、

 

今回だけ「例外」として取り扱わず、通常通りの検査を徹底させるべきです。

 

「善意の品」と、感情論で考えるべきではありません。

 

「寄贈されたものだから、きちんとチェックされているだろう」などと、

 

人任せにするべきでもありません。

 

国も自治体も、その仕事はまず市民の安全を確保することです。

 

各自治体は、

 

寄贈されたマスクを医師会や高齢者施設などから配っているようです。

 

感染経路が分かっていない感染者の感染源が、

 

こうした中国製マスクで無いことを祈ります。

 

 

 

 

 

 

| 安心安全な衣食住 | 17:45 | comments(0) | - | - | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM