引っ越しする際にやるべきこと | より善き未来のために
<< 中国製マスクは汚染されている?! | main | ハッと気づくチャールズ皇太子 >>

引っ越しする際にやるべきこと

 

 

春は引っ越しのシーズンですね。

 

と言っても、今年はコロナ騒動によって、

 

新しい生活に対する期待や希望といった「ハレ」の感覚が希薄かもしれません。

 

そういう時こそ、尚やっておくと良いのが「神様へのご挨拶」です。

 

 

「鎮守の神様」は、その土地の全てを司っています。

 

ですから、引っ越ししたら土地の方々に挨拶するよりも先に、

 

まず鎮守の神様にご挨拶をさせて頂くのが善いのです。

 

 

神様は縦の御働き、ヒトは横の働き。

 

どちらが先かというと、「縦」です。

 

この場合、ヒトは水の氣ですから、

 

いくら水を定めようとしても、流れていってしまいます。

 

しっかりとその土地に根を張る為に、まず柱を打つ必要があります。

 

ですからその土地の神様にご挨拶して、流れないようにして頂くのです。

 

 

鎮守の神様とはその土地の守り神様ですから、

 

引っ越し先の住所が分かったら神社庁に電話して、その住所の氏神様を教えてもらってください。

 

https://www.jinjahoncho.or.jp/jinjahoncho/jinjacho/

 

そして氏神様が分かったら、その神様にご挨拶に伺いましょう。

 

 

実は、その前にしておいた方が善いことがあります。

 

引っ越すまでお世話になっていた土地の神様に、引っ越しのご挨拶に伺うことです。

 

神界には、ネットワークがあります。

 

お世話になった土地で引っ越しのご挨拶を済ませると、

 

あなたが引っ越すよりも先に、

 

神様が新しい鎮守の神様に「お伝え」をしてくださるのです。

 

人間風に言えば

 

「○○というのが、いついつからそちらに引っ越すから、宜しく頼む」という感じです。

 

ですから、あなたが引っ越し先で神様にご挨拶に出向いた時には、ツーカーです。

 

話しは通っているわけですから、物事がスムースに進みます。

 

これで、ご近所とのイザコザにも巻き込まれないことでしょう。

 

 

引っ越しが一段落して、それっきり神社に行かなくなるというのは以ての外です。

 

あなたがそこに住んでいる限り、ずっとあなたの「お蔭さま」になってくださるのですから、

 

なるべく足しげく通いましょう。

 

神様との回路を開き、持続できるかどうかは、こちら次第なのです。

 

 

もう既に引っ越してしまって、前の土地の神様にもご挨拶ができなかったという方は、

 

想いをそちらの方に向けて、心からお詫びすることです。

 

失敗しても、神様があなたに罰を与えることはありません。

 

神様との回路が開かず、お蔭さまが頂けない「だけ」です。

 

どんな時でも、やり直したらよいのです。

 

 

鎮守の神様へ引っ越しのご挨拶をする際には、

 

*神様の正しいお名前をお呼びすること(できれば御神徳も調べておくこと)。

*自己紹介をきちんとすること(名前と、どこにいつから住むようになったのか)。

*これから神様のご神域に住まわせて頂くことのお許しを請うこと。

*神様の弥栄を御祈り申し上げること。

*最後には参拝の日付と自分の名前をお伝えすること。

 

最低、これくらいは押さえておきましょう。

 

 

 

 

 

| 気づきと学び | 18:19 | comments(0) | - | - | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM