選挙のために帰国します | より善き未来のために
<< がんの転移 | main | 習近平国賓待遇での訪日に反対! >>

選挙のために帰国します

 

台湾では、2020年1月11日に総統選挙が行われる。

 

日本の首相は間接選挙で決まり、

 

台湾は直接選挙で、国民のひとりひとりの1票で総統が決まる。

 

海外在住の台湾の人々は、その為に国に戻らなければならない。

 

法律でそう決まっているからだ。

 

「国外の中華民国自由区人民は帰国しその選挙権を行使すること」(中華民国憲法増修条文2条)

 

現在の台湾の法律では、滞在国で投票することはできない。

 

 

台湾国内に住んでいる人たちも、「本籍地」に戻って投票しなければならない。

 

この時期、海外からも国内でも、「民族大移動」が起こる。

 

 

投票時間も日本のように長くはない。

 

朝8時に始まって夕方4時には投票が締め切られる。

 

公務員は、仕事を休んで投票に行くことが認められているという。

 

それ以外の仕事を持っている人たちは、

 

休みが取れない限り投票に行けない仕組みになっていると言うのだ。

 

このシステムは、

 

大陸からやってきた人々が作った国民党が与党だった時代に定められた法律だという。

 

当時公務員になれる多くの人が、国民党支持者(大陸系の人々)だったことを考えてほしい。

 

 

ヨーロッパのある国に住んでいる台湾の人々は、今回の選挙の為に航空会社を動かし、

 

臨時便を安く手配してもらうことに成功した。

 

日本からの台湾行きの便も、満席状態となることだろう。

 

お花畑に住んでいる日本人は「何故それ程までして本国に戻るのか」と思うかもしれない。

 

彼らにとっては当たり前のことだ。

 

「国の将来が掛かっているのだから、自分の1票を無駄にはできない」

 

 

英国では今月12日に投票が行われた総選挙で、ブレグジット推進派の与党・保守党が圧勝した。

 

来年11月3日、アメリカ大統領選挙が行われる。

 

トランプ大統領が再選を果たすのか、民主党が4年ぶりに政権を取るのか。

 

2020年は、私たちの生活の明暗を分ける事態が目白押しだ。

 

人間の脳は恵まれ過ぎると、その有り難さを認識できにくくなる生きものだ。

 

あなたの脳は「選挙なんかに行ったって、何も変わらない」などと、

 

面倒くさい自分(脳)に、都合の良いざれごとを言っていないだろうか?

 

 

今、日本を中心に、地球上に「令和」の時代を築くことができるかどうか、

 

私たち人類は瀬戸際に立たされている。

 

何でも他者のせいにして生きる道は、みじめな人生しか構築できない。

 

「自分の道は自分で作ること」が肝要だ。

 

今、脳のざれごとに惑わされない「眞の心」が問われている。

 

 

https://suwn21.com

youtube 音声をONにしてお聴きください

===================================

★陽の氣本舗 https://yohnoki.com 

Categoriesの以前の書き込みをお読みになる場合は、一番下のページの最後にある

| PAGES | >>| Page top  の>>をクリックしてください。前のページに移行します。

| - | 14:34 | comments(0) | - | - | - |
Comment










08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM