木に心は有る? | より善き未来のために
<< 韓国政府にとって真実などどうでもいい | main | 韓国は骨肉の闘争中 >>

木に心は有る?

 

量子論では、「電子は有機体(生物)でないのに情報を処理し、

 

それによって行動するから、電子は心を持っていると認めざるをえない」としている。

 

また「電子から成るこの世の万物は、有機体ではないのに、

 

人間が意識すると姿を現したり消えたりするから、

 

万物は心を持っているとしか認めざるをえない」という。

 

あなたが単なる「物質」と思っているものにも、実は心があるのだ。

 

 

先日、会に参加しているAさんからこんな話があった。

 

「家を建てた時に植えた木の枝が、敷地を超えて隣にまで伸びている。

 

秋には葉が落ちるので、迷惑を掛けてはいけないので、業者さんに枝を切ってもらった。

 

その後、虫が大量に湧いたので薬をかけた。

 

虫が湧いたのは、何かのメッセージかもしれないので、それを知りたい」と。

 

 

「枝を切る前に、そのことを木に話したか」と訊くと、

 

その意味が掴めないらしくぽかんとしながら、「いいえ」と答えた。

 

どうもAさんは、木には心が無いと思っているようだ。

 

果たして、そうだろうか。

 

量子論でも、有機体(生物)以外の物質も全て、心を持っていると規定している。

 

木は有機体、生物だ。草にだって石にだって心はある。

 

家を建てた時に植えた木なら、その家の守り神だと思って、まず間違いない。

 

それなのに、その木の枝を切る時に何の説明もせずに切るとは、あまりにも心が無いではないか。

 

 

さっそく、その木の気持ちを確かめてみた。

 

<結果は言わずもがな>ではあるが、

 

同じようなことをあなたがしないように、ここに書いておこう。

 

 

「枝を切る前に、それを言ってほしかった。」

 

至極もっともだと思う。突然知らないおじさんがやってきて、

 

あなたの手足を切ったとしたら、あなたはどう思うだろうか。

 

それと同じことだと、何故気づかないのだろうか。

 

それこそが不思議で仕方が無い。

 

 

「私の気持ちをAさんに知ってほしかったので、Aさんが嫌いな虫を沢山呼び寄せた。」

 

その木は、Aさんが虫が嫌いな事まで知っている。日々Aさんの姿を見ているからだろう。

 

Aさんは果たして、その木に心を止めていたのだろうか。

 

 

「私の意志で虫を呼んだので、私に虫の害は無い。」

 

その木は虫たちとコミュニケーションをしているから、共生できていたのだろう。

 

薬を撒く必要は無かったのだ。

 

 

「Aさんが撒いた薬で、私はダメージを受けた。」

 

可哀想に・・・。

 

一度ならず二度までも、Aさんは木を傷つけたことになる。

 

その対処法は、すぐに心から木に謝ることだ。

 

そして家を守ってくれていることにも、「ありがとう」の言葉を伝えることだ。

 

いつかAさんが、その木の立場になって考えられるようになったら、

 

その木は目を細めて喜ぶことだろう。

 

 

その木は、もっと大事な事をAさんに伝えていたけれど、

 

その話はいつかまたの機会にすることにしよう。

 

 

https://suwn21.com

youtube 音声をONにしてお聴きください

===================================

★陽の氣本舗 https://yohnoki.com 

Categoriesの以前の書き込みをお読みになる場合は、一番下のページの最後にある

| PAGES | >>| Page top  の>>をクリックしてください。前のページに移行します。

 

| 気づきと学び | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happy.suwn21.com/trackback/876

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM