英霊からの「み教え」 | より善き未来のために
<< あなたは誤解していないだろうか? | main | 皆さん、協力してください。 >>

英霊からの「み教え」

 

昨日は「終戦の詔(みことのり)」が発せられた日ですね。

 

74回目の夏。

 

皆様は、お近くの護国神社へ参拝されましたでしょうか?

 

 

靖国神社にほどちかい九段下の駅からは、

 

参拝者を見越して、様々な活動グループがチラシを配っていましたが、

 

境内では、大きな声で叫ぶ団体も無く、

 

スピーカーから空をつんざくような音を流す人たちもいない、

 

至って平和な1日でした。

 

こんな所からも、「令和(調和)」の時代のエネルギーをひしひしと感じました。

 

 

 

 

境内には、天皇皇后両陛下のご臨席の下日本武道館で行われていた、

 

「全国戦没者追悼式」の音声が、流されていました。

 

境内にいらっしゃった皆さまは、立ち止まってその声に耳を傾け、

 

12時からは両陛下と共に1分間の黙とうを捧げました。

 

 

お参りさせて頂きました後、

 

英霊の皆様に「私たちにおっしゃりたいことはございませんか?」と、申し上げました。

 

そして頂いた「み教え」は次の言葉でした。

 

 

この ただよへるくにを  修り理め 固め成せ

 

(この漂っている国を つくり おさめ 固めなせ)

 

 

この言葉は、世界の陸地がまだ固まっていなかったころ、

 

伊邪那岐命と伊邪那美命の二柱が、天つ神より賜った詔です。

 

この詔を受けて二柱の神は、国生みという大事業に着手され、日本が生まれたのです。

 

 

今のこの日本をご覧になって、私たちに英霊の皆様が「修り理め固め成せ」とおっしゃっている。

 

 

「こんな国にする為に、命を賭した訳ではない」

 

 

そんな声が、聞こえてこないでしょうか?

 

世界中から尊敬される凛とした侍魂とでもいうものを、

 

男女ともにその胸の奥に秘めているのが日本人の徳でした。

 

 

日本を代表する内閣総理大臣が、中国や韓国、北朝鮮の政府のたわごとに忖度して、

 

国の為に戦った英霊の皆様にご挨拶ができないことは、

 

あまりにも情けなく、恥ずかしいことではないでしょうか?

 

これら三国の長を伴って靖国参拝ができるくらいでなければ、

 

日本の首相として、英霊の皆様に、顔向けできないのではありませんか。

 

靖国神社以上に、世界平和に向けての会談場所に、相応しい場所が有るでしょうか?

 

 

国は、政治家だけが創るわけではありません。

 

私たち個人の在りようが、この国の未来を創るのです。

 

英霊の皆様に恥ずかしくない国を創る為に、

 

私たちひとり一人が、盤石なる生き方をしていきたいものです。

 

その ただよへる我が身を  修り理め 固め成せ

 

| 日本の誇り | 15:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happy.suwn21.com/trackback/865

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM