韓国政府から学ぶ | より善き未来のために
<< 日本の危機を見逃すな! | main | これ、アウトでしょう >>

韓国政府から学ぶ

 

韓国政府の在りようは、人間の脳の愚かさをつぶさに見せてくれるので、非常に興味深い。

 

「脳」は自己と他者を分けて、自分に都合が悪いことが起こると、

 

自己を守る為に他者を攻撃しようとする。

 

その場合、「眞実かどうかは重要ではない」。

 

というよりも、眞実は棚上げして、意識的に見ないようにしてしまう。

 

それが、人間の脳という生きものだ。

 

完全に自分に非がある場合、その傾向はさらに顕著になる。

 

誰が見ても「おかしいでしょう」と突っ込みを入れたくなるほど、

 

論理的崩壊が起きているのに、その人の「脳」は相手を騙すために必死になる。

 

浮気がばれた時に、言葉を弄して言い訳に終始する姿はその典型だろう。

 

その在りようは、滑稽を通り越して憐れな程である。

 

 

韓国政府で言えば、「レーダー照射問題」への対応は、その極みだ。

 

通常の健康な精神を持っていれば、韓国政府の言動が如何に幼稚であるかが分かるけれども、

 

洗脳された脳にはその嘘を見分ける力が無い。

 

反政府的な発言は、

 

国が法律を作ってでも取り締まるという前時代的な政策を繰り広げてきた

 

韓国の歴代政権下では、そういう国民は社会から抹殺されてしまうので、

 

政府に異を唱える精神力を持った人が出て来にくいのは自然の理(ことわり)である。

 

 

よく「マスメディアが嘘を流しても、ネット社会なのだから眞実を知る手立ては幾らでもある」

 

という人が居るが、それができるのはまっとうな精神を持った人だけだ。

 

国をカルト宗教に置き換えると、理解しやすい。

 

カルト教に洗脳されていない人たちは「何故あんな嘘に気づかないのだろう」と言うけれど、

 

あなたは洗脳されない自信があるだろうか?

 

その理由は?

 

 

「脳」は眞実を見るよりも、

 

自分に都合の良いことだけを見て、理解したいように理解する。

 

それが「脳」だということ知らなければ、

 

あなたもいつか、イデオロギーに洗脳される危険性がある。

 

中国から日本に帰化した石平氏は、

 

「自分はかつて、世界一素晴らしい国に生まれたと思っていた」と発言している。

 

北朝鮮から脱北した人たちも、言うことは同じだ。

 

韓国の多くの人たちが、政府の洗脳政策によって、

 

「韓国政府が言っていることは正しい」と思うのは、当然の事だろう。

 

よちよち歩きの頃から「日本が、我々の祖先を生き地獄に貶めた」

 

「日本人は我々から全てを搾取し、非人道的な恐ろしい手段で苦しめた」等と、

 

これでもかというくらいの大嘘で、日々洗脳され続けているのだから。

 

あなただって、その嘘を信じ込まないと言えるだろうか。

 

 

一度洗脳された脳を開放させるのは、至難の業である。

 

それほど「脳」というのは、手に負えない代物なのだ。

 

それでも「眞実を叫ぶ人々」が、洗脳の牙城である韓国内から出てきている。

 

それが「令和のエネルギー」であることは、何度も書いた。

 

韓国が洗脳から覚める絶好の機会が、すぐ目の前に来ているのだ。

 

今韓国内では、そのふたつのエネルギーによって、生死を分ける攻防が繰り広げられている。

 

 

先日興味深いことに気づいた。

 

韓国政府の嘘に気づけない人たちと爐譴い鐃形組”を支持する人たちが似ているということだ。

 

この二つのグループに共通しているのは、彼らの脳が「被害者意識」を強く感じていることだ。

 

「悪いのは他者である」

 

彼らの脳はそう信じている。

 

だからその「根源である対象を潰さなければならない」と、真剣に考えている。

 

眞実などは、どうでもいい。

 

韓国政府に取ってその対象は「日本」であり、

 

れいわ新選組を支持する人たちに取って、それは「安倍政権」である。

 

どちらにしても、「日本を潰したい」ということで共通している。

 

 

彼らの脳は、「被害者意識で潰せるのは自己だけだ」ということを知らない。

 

困ったものである。

 

如何なることが有っても、他者のせいにしてはならない。

 

他者を非難することで、更なる悪しきことが次々に起こるが、

 

良きことは何ひとつ起らないのだから。

 

近い将来、文在寅氏がその事を私たちに見せてくれるだろう。

 

「自分が蒔いた種の果実を、自分で摘むことになる」からだ。

 

 

あなたはご主人を非難していないだろうか?

 

あなたは上司を非難していないだろうか?

 

あなたは周囲の誰かを非難していないだろうか?

 

他者を非難することによって、苦しみを手にするのはあなた自身である。

 

あなたの魂霊(たまひ)は、あなたが、あなた自身を苦しめることなど望んではいない。

 

 

文氏の在りようから、

 

同じ愚かさが自分の中にあることに気づけるひとは、幸いである。

 

 

 

| 気づきと学び | 09:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happy.suwn21.com/trackback/858

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM