かつて地球にこんな国があった! | より善き未来のために
<< 一度死んだことにしてみませんか | main | 鋭い!石平さ〜ん >>

かつて地球にこんな国があった!

 

これは、ある国の基本方針です。

 

一、電気代が無料。この国には電気代の請求書は存在しません。

 

一、銀行は国営。全国民に与えられる融資の金利は、法律で0%と決められています。

 

一、住宅を所有することは、この国では「人権」と見なされていました。

 

一、すべて(違うという意見もありますが)の新婚夫婦には、

  アパート購入費用として政府から凡そ500万円が支給されます。

 

一、教育と医療は無料。識字率は83%。

 

一、農園を始める為の農地、住居、器具、種、家畜の全てが無料で与えられる。

 

一、外国へ行くための資金が国から与えられる。

  さらに、住宅費と自動車経費として、月に凡そ23万円が支給される。

 

一、自動車を購入すると、政府から価格の50%の補助金が出る。

 

一、石油価格はリッター当たり凡そ14円。

 

一、国の対外債務は無く、資産は15兆円に上る。

 

一、学校を卒業しても就職できない場合は、

  仕事が見つかるまで平均的な給与と同じ額の手当てが支給される。

 

一、石油の売り上げの一部が、全国民の銀行口座に直接振り込まれる。

 

一、子供を生んだ母親には、50万円が支給される。

 

 

この国の基本方針を読んで、あなたはどのように感じますか?

 

 

これを読むかぎり、将来の事を心配せずに、自分の夢を追いかけられそうですね。

 

少なくても、お金が無いからという理由で、大学で学ぶことを諦める必要も無さそうですし、

 

経済的な理由で産児制限をする必要も無さそうです。

 

そして住宅を購入しても、生涯支払いに頭を悩ませる必要も無さそうです。

 

国の基本は農業です。

 

新規に参入しようとしても、資金が壁となります。

 

この国では国の根幹を支える農民に、農業を始める全てが与えられる。

 

恨まやしいですね。

 

この国には打ち出の小槌(オイル)があったので、こんなことができるのですが、

 

例えできたとしても、国民に分け与えない国主もいますよね。

 

 

そろそろ種明かしをしましょう。

 

この国は、エジプトの左隣にある「リビア」という国です。

 

この政治を行っていたのは、あの「カダフィ大佐」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地>Âãã®èª¬æ〜Ž   

 

カダフィ大佐を表す「称号」は、「独裁者」「テロリスト」「狂犬」「悪の枢軸」ですが、

 

誰がこのように言っていたかというと、当時の米国政府とマスメディアです。

 

彼の風貌も相まって、一般市民もそのように思ったことでしょう。

 

上記に示した「ある国の基本方針」は、医師の内海聡さんの著書からの抜粋ですが、

 

こういうことはメディアは語らない。

 

カダフィー大佐を米国が殺すための理由作りをメディアが行っていた、

 

と言われても仕方がないですね。

 

「アフリカの英雄」であった彼が何故殺されたのか、その理由のいくつかを上げておきます。

 

*銀行を国が運営していたこと。

(金融資本家にお金が流れない。キューバが目の敵にされたのも同じ理由です。)

 

*アフリカ共和国を作ろうとしたこと

(日本が大東亜圏を作ろうとして、先の大戦で潰されたのと同じ理由。

 彼らに取って、アフリカもアジアも力を持ってはいけない。搾取される立場になくてはならない)

 

*アフリカ共和国独自の通貨を作ろうとしたこと。

(ドル決済で儲けている金融資本家が許さなかった。

 中国が元での決済をしても潰されないのは、裏取引がある為か?

 トランプ大統領はそれらと戦っている)

 

海野恵一さんという方が、「何故カダフィーは殺されたのか」というタイトルで、

 

少しですが話しています。 https://youtu.be/avLV8nBk-a8

 

そして先に上げた医師の内海さんは、

 

下記のような特徴を持った人々を「グーミン(愚民)」と呼んでいます。


「人に理解してほしい症候群」
「死んでも絶対自分で調べない症候群」
「自分のウ○コを人に拭いてほしーの症候群」
「私たち被害者なので認めて症候群」
「権威さまさま症候群」

 

 

こうやって並べてみると、確かにこんな大人が世の中を埋め尽くしていますね。

 

誰かの話を鵜呑みにするのではなく、それをきっかけにして自分で調べる。

 

それが洗脳されないコツです。

 

 

ところで海野さんは、

 

「ヒラリー・クリントンが、カダフィー大佐暗殺に関わっている」と言っていますが、

 

まったくその通りです。

 

当時も書きましたが、ヒラリー国務長官(当時)が、国際法を破って堂々とリビアに降り立ち、

 

カメラの前で「カダフィーを殺せ(こんな言葉は使いませんが)」と、

 

リビアに居た米国の息のかかったエージェントにGOサインを出したのです。

 

 

カダフィー大佐が殺された映像を見ると、

 

私たちには「カダフィーの悪政に苦しめられた国民が殺した」ように見えますが、

 

事実は違います。

 

https://youtu.be/o5cYGvAUdUQ カダフィー最後の瞬間 ご覧になる方は要自己決定

 

 

カダフィー大佐が邪魔だった人間たちが、殺したのです。

 

これはまるでリンチそのものです。

 

「歯向かったらこうなるぞ」という見せしめでしょう。

 

だから、金正恩委員長も核を絶対手離さない。

 

その実行部隊の参謀総長が、ヒラリー・クリントンでした。

 

 

その日、渋谷の空にカダフィー大佐の姿が現れたことは、以前書きました。

 

知り合いが撮った写真に、ハッキリとカダフィー大佐の顔が写っていたのです。

 

観音様も写っていたそうですが、それは私は確認していません。

 

「何故そこに居るのか」と彼に尋ねると、民族ごとに霊界というものがあるが、

 

そこへ行くための入口は日本にあるんだ」との事でした。

 

「へ〜っ、そんなことがあるんだ」と、少し驚いたのを覚えています。

 

その写真が撮影された時間が、

 

正にヒラリー・クリントンが、カメラの前でGOサインを出した、その時でした。

 

ですからカダフィー大佐は、まだ死んでいなかった。

 

ヒラリーの言葉で、「もはやこれまで」と彼の魂が覚悟したのでしょう。

 

 

ここで伝えたいのは、

 

あなたが信じていることは本当に眞実ですか?ということ。

 

「それ」には、本当に信ずるに足りる理由がありますか?

 

「ニュースで言っていた」、「新聞に書いてあった」では理由になりません。

 

自分で調べてください。

 

グーミンにならないひとが、一人でも増えることを願っています。

 

 

 

 

 

https://suwn21.com

PCでCategoriesの以前の書き込みをお読みになる場合は、一番下のページの最後にある

| PAGES | >>| Page top  の>>をクリックしてください。前のページに移行します。

youtube ← 音声をONにしてお聴きください

===================================

★陽の氣本舗 https://yohnoki.com

 

| 気づきと学び | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happy.suwn21.com/trackback/823

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM