令和元年の一般参賀 | より善き未来のために
<< 令和元年に当たって憲法について考えよう | main | 迷った時の打開策 >>

令和元年の一般参賀

 

 

14万人を超える方々が、日本全国からお祝いに駆けつけた本日の一般参賀。

 

浩宮様(と呼ばせて頂きます)の時代が始まったのだなと、なんだか感慨一入(ひとしお)です。

 

 

 https://blogos.com/article/374970/ よりお借りいたしました。

 

 天皇陛下の御言葉

 

「このたび剣璽(けんじ)等承継の儀、及び即位後朝見の儀を終えて、

 

 今日このように皆さんからお祝いいただくことをうれしく思い、深く感謝いたします。

 

 ここに皆さんの健康と幸せを祈るとともに、

 

 我が国が諸外国と手を携えて世界の平和を求めつつ、

 

 一層の発展を遂げることを心から願っております」

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このような短い二つの文章の中に、過不足なく、

 

お気持ちを余すところなく網羅されていて、心からの感動を覚えます。

 

 

 

隣にお立ちになられた皇后陛下のお召し物が、

 

目の覚めるような黄色(あるいは金色)でしたので、

 

御婚礼に当たっての、記者会見に臨まれた際の装いを思い出しました。

 

 

 

 

それがこの、お帽子と共布のワンピースをお召しになられたお姿です。

 

 

とても気品に溢れた装いでしたね。

 

 

 

こちらは、納采の儀にお召しになられたお着物です。

 

 

ドレスにしても、着物にしても、このお色が体全体をカバーしたものは、

 

普通はなかなか着られません。少し勇気が要る色だからです。

 

 

 

実はこのお色は、皇后陛下の魂(たま)の色なのだそうです。

 

魂の色なので、この色をお召しになると、とても落ち着くのだそうです。

 

ですから皇太子妃となられる際に、そして皇后陛下になられる重要な時に際して

 

魂の言葉をお聴きになられてお召しになられたのでしょう。

 

 

 

御婚礼前より少し落ち着いた色ですが、皇太子妃殿下になられた後も、

 

この色のお着物をお召しでいらっしゃいます。

<1999年の秋の園遊会の時>

 

 

日本国のエネルギーを霊眼(ひがん)でみると、龍体です。

 

その日本国を主宰する、天皇・皇后両陛下のエネルギーもまた龍体です。

 

令和の時代が輝かしいものであることを、深く祈念致します。

 

 

 

 

 

 

 

| 日本の誇り | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happy.suwn21.com/trackback/802

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM