気になる体臭 | より善き未来のために
<< .嘘の国民、嘘の政治、嘘の裁判 | main | 没落の中国。天皇まで利用し平成をしゃぶり尽くした国が滅びる日 >>

気になる体臭

 

昨年位から、

 

それまでに感じたことのないような「体臭」を放っている人が居ることに、気づき始めました。

 

それは結構、強烈な匂いです。

 

他の体臭と異なる点は、匂いがその場に残るということです。

 

その匂いの持主が居た部屋には、空気を入れ変えないと居ることができません。

 

 

いつぞや歩道を歩いていたら、その「匂いの塊」にぶつかりました。

 

そこには誰も居ないのです。それなのに、「匂いの人型」があったのです。

 

私が通りかかる前に、そこに立っていたのでしょうね。

 

数分して戻った時にも、相変わらず、その「匂いの人型」が残っていました。

 

その匂いは強烈なので、なかなか消えません。

 

 

よくよく気をつけていると、

 

その匂いを放っている人は男女の区別なく、小さな子供も居ます。

 

そういう人が歩いてくると、3〜4m先からでもハッキリと分かります。

 

昨日もひとり遭遇しました。

 

以前そのような体臭の人に会った事がありませんから、これは最近の傾向なのでしょう。

 

「傾向」、それはひとつのサインですから原因を精査してみました。

 

 

原因のひとつに該当したのは「感情」でした。

 

不平、不満。憎しみ。妬み。

 

でもそんな感情を持っている人が、誰でもこの匂いがするわけではなく、

 

それらの感情+人工添加物を多く口にしている人から発せられる匂いなのです。

 

コンビニやダ〇ソーで食べ物をよく購入する人や、

 

ファミリーレストランでよく食事をする人は、要注意なのかもしれません。

 

 

小さな子供は、母親の胎内に居た時に受け継いだものかもしれません。

 

もしもそれが彼ら本人のものなら、

 

親はその子に添加物の入ったものを、たくさん食べさせているということですし、

 

その子たちは、内側に不平や不満の気持ちや、

 

既に憎しみや妬みの感情を抱えていることになります。

 

それは家庭の問題を表しています。

 

ひとは心に傷を受けた時に、「思考のフィルター」ができ、

 

脳はそのフィルターを通して物事を考えます。

 

ですから、冷静な判断が難しくなってしまいます。

 

その思考を手離すことが「人生の学び」になるわけですが

 

そこに至るまでは少し辛い人生を過ごすことになります。

 

 

また、病気の多くはその人の感情に由来します。

 

不平、不満。憎しみ。妬みと言った感情は、その人の心を傷つけ、

 

ストレスのためにやがては肉体をも傷つけます。

 

 

自分の体臭に気づいたら、自分の内側の声に耳を傾けてください。

 

もしかしたら、それは病気のサインかもしれません。

 

 

病気に特有の匂いがあることは、今や常識です。

 

糖尿病患者は、摂取した糖の分解が進まなくなるので、尿や汗から甘い匂いがするそうですし、

 

腎機能障害の場合は、アンモニアの匂いがするとのこと。

 

 

勿論腫瘍も特有の匂いを持っています。

 

そこで、癌を匂いでかぎ分ける「がん検知犬」を育てているのですが、

 

日本ではまだ実戦配備と言う所までは進んでいません。

 

まだまだ研究段階です。

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8C%E3%82%93%E6%8E%A2%E7%9F%A5%E7%8A%AC

 

https://www.sankei.com/life/news/170622/lif1706220029-n1.html

 

 

先にも書きましたが、肉体の病気だけが匂いを放つかと言うと、そうではありません。

 

「感情」も匂うのです。

 

匂いは、あなたの心からのSOSかもしれません。

 

 

統合失調症の人は、脳から分泌されるドーパミンの量が微妙に減るので特殊な匂いがし、

 

自律神経失調症のひとは、炊き立てのご飯の匂いがするそうです。

 

 

知り合い(Aさん)が癌を患って、最後の数か月を過ごした部屋に入ったことがありますが、

 

あまりの異臭に息ができませんでした。

 

それは癌細胞の匂いだけでなく、亡くなる前のAさんの感情の匂いが混じったものなのです。

 

その部屋はAさんが事務所に使っていた部屋で、最後に病院で息を引き取るギリギリまで、

 

ひとりで寝起きしていたのだそうです。

 

そんな状態になっても、彼の妻は彼の面倒を看ようとしませんでしたし、

 

娘も会ってくれなかったそうです。

 

どんな想いでAさんが最後の数か月間を過ごしていたか、想像してみてください。

 

心が生み出した地獄の中で、生きていたような感覚がしたのではないでしょうか?

 

その部屋の匂いは、この世のものとは思えませんでした。

 

 

「怒り」も強烈な匂いを放ちます。

 

ある時Bさん(女性)が、とんでもない匂いと共に事務所に入ってきたことが有りました。

 

経験したことの無い匂いなので、形容のしようが無いのですが、とにかくひどい匂いでした。

 

彼女は平静を保っていましたが、よくよく観ると、

 

内側にとてつもない怒りを抱えていることが分かりました。

 

何があったのかは尋ねませんでしたが、Bさんは普段感情の起伏が平坦な人なので、

 

余程の事があったのでしょう。

 

 

これらは体中から発散する匂いですが、

 

脇の匂いだけでも、理由があるのです。

 

制汗剤で止めることを考えるだけでなく、その理由についても想いを傾けてください。

 

制汗剤に含まれている塩化アムミニウムには、乳がんの発症リスクも指摘されていますし、

 

銀イオンは強い毒性が指摘されています。

https://biz-journal.jp/2016/07/post_15797.html

 

制汗剤の長年の使用による、アツルハイマーの発症も懸念されています。

 

匂いを感情と体からのSOSと捉えて、簡単には考えないようにしたいものです。

 

| 気づきと学び | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happy.suwn21.com/trackback/798

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM