現象は未来を象徴的にみせている | より善き未来のために
<< 死ぬことに | main | 辛い時には >>

現象は未来を象徴的にみせている

しわだらけ・色あせに続き…韓国大統領機に「逆さま太極旗」

 

大統領が利用する韓国空軍1号機に、太極旗(韓国国旗)が逆さまに差してあったことが16日、分かった。韓国外交部(省に相当)がソウルでの外交行事で掲げた「しわだらけの太極旗」、米儀仗隊が文大統領歓迎の際に掲げた「色あせた太極旗」に続き、空軍1号機の「逆さまの太極旗」まで登場し、このところ太極旗掲揚をめぐるあきれたミスが相次いでいる。

 

 一部の韓国メディアが16日に報じたところによると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の中央アジア3か国歴訪に向けて城南のソウル空港(軍用空港)の滑走路で待機していた空軍1号機の太極旗が、逆さまの状態ではためいていた。文大統領は同日、同機で7泊8日の中央アジア歴訪に飛び立った。

 

 逆さまの太極旗は、大統領を象徴する「鳳凰旗」と並んで差してあり、報道陣のカメラによってその様子が捉えられた。幸い文大統領夫妻が搭乗するときには正しい向きに直されていた。

 

 しかし、韓国政府による太極旗の扱いがあまりにずさんで掲揚ミスが相次いでいるため、今回の問題も物議を醸しそうだ。今月4日には韓国外交部が、韓国−スペインの次官級戦略対話の会場にしわだらけの太極旗を掲揚し、大きな問題になった。外交部はこの件で担当課長を解任した。

 

 10日には米国アンドルーズ空軍基地の儀仗隊が、文大統領夫妻の歓迎行事で色あせた太極旗を使用し、「外交的に礼を欠いている」と物議を醸した。このときの太極旗は太極の文様が青ではなく、色あせた薄い水色になっていた。

 

イ・ジョンヒョン記者   チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/16/2019041680200.html?ent_rank_news

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

これら「しわだらけの大極旗」も「色あせた大極旗」も「逆さまの大極旗」も、

 

これまでの韓国政府の在りようと、韓国の未来を示唆的に表している。

 

三次元で起きる「現象」は、全てメッセージとして捉えることができる。

 

国旗は、その国の歴史と存在そのものを表現したものだ。

 

その国旗に、立て続けにこのような現象が起きたということは、

 

まさに今立ち止まって、「我が身の在りようを自省せよ」というメッセージに他ならない。

 

 

歴代の韓国政府が踏襲し強化してきた、自国の歴史を修正し、

 

自分を被害者にみせかけ、自分の正当性を主張する「生きざま」が間違っていることを

 

これらの現象は象徴的に見せている。

 

このまま自省せずに突っ走れば「逆さまの大極旗」が見せてくれているように、

 

韓国は真っ逆さまに落ちて行くであろう。

 

 

大統領の愚策によって、既に韓国経済は崩壊し始めている。

 

韓国の多くの若者たちは、この数十年間でほとんどの「希望」を諦めなければならなかった。

 

最初の世代は「恋愛、結婚、出産」を諦めた。

 

そのため、彼らは「三放世代」と呼ばれている。

 

 

次の世代は、この3つに加えて、「マイホームと人間関係の構築」を諦めざるを得なかった。

 

彼らは「五放世代」と呼ばれている。

 

 

そしてさらに、

 

「夢と希望」までをも諦めなければならない時代(「七放世代」)を経験し、

 

今や「国と親」を捨てる「十放世代」が出始めている。

 

 

致し方なく何かを「諦める」長い時代を経験して、

 

いつまで待っても変わらない「親」を、自らの意志で「捨てる」時代がやってきてしまった。

 

国は国民にとって「親」も同然。

 

「二つの親」を捨てる時代、それが今の韓国だ。

 

「この国に未来は無い」と、若者たちは感じている。

 

だから国を捨てるしかないと思うのだろう。

 

 

このままでは顕かに韓国は崩壊する。

 

だからと言って、トップの首をすげ替えても何も変わらない。

 

朴槿恵前大統領を弾劾して大統領の地位から引きずり下ろし、

 

文氏を大統領に選んだのは、韓国国民である。

 

その文氏によって、韓国は滅びようとしている。

 

 

彼(か)の国では、これまでも飽きることなくこの繰り返しをやってきた。

 

何故なら半島では、現王朝が腐敗すれば、それを建て直そうとするのではなく、

 

クーデターによる「王朝交代」を目論むことしかして来なかったからだ。

 

 

智慧は経験の中からしか生まれない。

 

だからトップの首をすげ替える「王朝交代」の方法しか、彼らには分からないのであろう。

 

 

日本は幸いである。

 

日本は全てに於いて、常に「二本」だからだ。

 

政治と祭りごとが常に分かれている。

 

政治担当者は変わっても、一方の祭祀を担当する家は万世一系だ。

 

脈々と途切れることなく続いている。

 

天皇家が経済的にひっ迫して瓦も替えられず、祭祀もままならなかった時代には、

 

政治担当者が頑張ってこの国を支えてきた。

 

日本列島にひとが住むようになってから、このシステムは常に一貫している。

 

 

日本は幸いである。

 

けれど、その「幸い」に胡坐をかいているようでは、日本の未来さえ危ういかもしれない。

 

何故なら国の未来は、今現在の国民の集合意識によって決定されるからだ。

 

あなたが未来の子供たちに、どんな日本を見せてあげようとしているかで、

 

日本の未来の姿が決定する。

 

その選択にも紆余曲折があって、間違うこともあるであろう。

 

絶望的なのは、間違いに気づいた時に、韓国のように自省できない時だ。

 

 

修正は幾らでもできる。

 

自省することを怖れないうちは、何度でも可能なのだ。

 

韓国の在りように、今の自分を重ねてみることだ。

 

果たして、あなたは魂(たま)が喜ぶ生き方をしているだろうか?

 

ワクワクしながら人生を生きているだろうか?

 

この質問に即座に答えられない人の周辺には、

 

韓国と同じように、メッセージとしての「現象」が既に起きていることだろう。

 

今一度立ち止まる、いい機会なのではないだろうか。

 

 

 

 

 

| 気づきと学び | 11:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happy.suwn21.com/trackback/777

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM