筆致から観る年号 | より善き未来のために
<< 涙が溢れました | main | 元号ー万葉集 >>

筆致から観る年号

ご覧のように平成の筆致は立派ではあるのですが、

 

その線の細さが目立ちます。

 

字は体(エネルギー)を表します。

 

 

 

令和の筆致は堂々としたエネルギーに満ちています。

 

少し気になると言えば、和ののぎへんの縦の線が少し細いことですが、

 

これはやはり私たちひとりひとりが「自立」することで、

 

国のエネルギーを盤石にしていかなければならないということですね。

(時事通信社のサイトより拝借致しました)

 

安倍首相の説明に有ったように、日本の元号の歴史は凡そ1400年にも渡ります。

 

初めて元号を採用したのは、大化の改新でお馴染みの「大化」でした。

 

西暦でいうと645年です。

 

それから凡そ1400年。

 

元号を使っている国は日本だけです。

 

「西暦とふたつあって面倒だ」というひとが居ますが、

 

個性を大切にすることは重要なことです。

 

アイデンティティを持てないひとは、いつも右に左に揺れてしまいます。

 

自信の無さが、何をする上でも常につきまといます。

 

「自分らしさ」「誇りを持つこと」は、国にとっても重要なのです。

 

私たちの祖先が大切に紡いできた、唯一無二の「国柄」を大切にしていきたいものです。

 

 

| 気づきと学び | 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happy.suwn21.com/trackback/764

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM