文大統領の頭の中にあること | より善き未来のために
<< モンサントの除草剤、がん発生の「事実上の要因」米で陪審評決 | main | 神様は成功してほしいなんて思っていない >>

文大統領の頭の中にあること

彼の頭を占めているのは、「歪んだプライド」と「強烈な嫉妬心」です。

 

この二つのことが彼を狂わせ、

 

反日政策を取ることで、韓国民を道連れに亡国の道を歩いている。

 

 

 

彼のルーツを辿ると、落ちぶれた両班(やんばん)の家系に辿りつくと言われています。

 

李氏朝鮮の社会はいくつかの階層に分かれていましたが、それは名ばかりで、

 

実際は富を独占していた王族と人口の1割を占める両班、そして奴隷に分かれていた、

 

というのが正しい見方でしょう。

 

そのヒエラルキーは政治家と10大財閥、そして一般市民と名前を変えても、

 

現在でも全く同じ構造を維持しています。

 

 

文大統領の歪んだプライドは、王の位に立ったことで、ある程度満足していますが、

 

彼の感情を劫火のごとくメラメラと燃やしているのは、「強烈な嫉妬心」です。

 

 

その強烈な嫉妬心が耐えられないのは、

 

「自分より下であるはずの日本人が、自分が持っていないものを持っていること」

 

なのです。(*彼の頭の中を理解するためには、

事大主義、中華思想、華夷思想を知らなければなりません)

 

兄である(はずの)自分が持っていなくて、弟である日本人が持っているもの。

 

 

 

 

それは、「天皇」という存在です。

 

 

強烈な嫉妬心にコントロールされている彼の脳は、

 

「自分が持てないものを、日本人が持つことなど絶対に許せない」と思っている。

 

できれば「日本を潰して、天皇という存在を消し去りたい」と願っている。

 

でも、それは叶わない夢であることもまた知っている。

 

 

であれば、「持てば良い」。

 

彼の脳は、そう思っているのです。

 

それが、

 

彼が北朝鮮の金正恩委員長にすり寄る大きな理由なのですから、驚きますよね。

 

 

 

朝鮮民族にとって、ルーツは何よりも重要です。

 

文大統領の両親は朝鮮戦争の時に、北部から逃げてきた「流民」です。

 

その出身地は、現北朝鮮にある咸鏡南道という地域です。

 

ここはクーデターで高麗の王を廃して、

 

李氏朝鮮を建国した李成桂将軍の出身地でもあります。

 

つまり文大統領にとっての故郷(祖先の墓がある場所)は、

 

李王家に仕えた現北朝鮮なのです。

 

 

日本からの有償・無償の資金融資によって成し遂げられた、

 

「漢江の奇跡」としても有名になったソウル市を流れる漢江から南は、

 

李王朝にとって「別の民族が跋扈する野蛮な土地」だったと言われています。

 

韓国では今でも、南に位置する全羅南道は差別の対象となっていると、

 

韓国のひとが言っています。

 

観光地として有名な済州島の人に対しても、

 

「済州島のひとは怖いから、行ったことが無い」と言っていました。

 

行ったことが無いのなら、済州島のひとがどんな人たちなのか分からないでしょうが、

 

そう思いこんで(思いこまされて)いる何かが、彼らの中にあるのでしょう。

 

 

話しを戻します。

 

北にルーツがある文大統領にとって、

 

「北が半島を支配する正統な立場」になるわけです。

 

今は便宜上、南に住んでいるにすぎない。

 

しかもその祖国には、「金王朝」がある。

 

その王朝を自分が頂くことになれば、「弟」に対して悔しい想いをせずに済む。

 

文大統領の脳は、こんなことを考えています。

 

信じられますか?

 

馬鹿げていますよね?

 

でも、彼の頭の中はそうなのです。

 

 

プライドと嫉妬心は、ひとを狂わせます。

 

これは何も、彼ひとりの問題ではありません。

 

多くのひとが、大なり小なり「プライドと嫉妬心」で苦しんでいる。

 

そして、日々「悪魔を産み出している」。

 

 

あなたの中にプライドと嫉妬心が無いと、声を大にして言えますか?

 

 

ですから、彼から学ぶことは大きいのです。

 

彼の脳はプライドと嫉妬心にコントロールされ、血は事大主義に染まっている。

 

そういう人間が正しい道を歩めると思いますか?

 

 

あなたの中にも、そういう部分があることを認められる人は幸いです。

 

そういうひとは、立ち止まって自ら修正することができるからです。

 

起こっていることを批評したり批判したりすることは、誰にでもできるでしょう。

 

でも、そこから学べる人は案外少ないのです。

 

 

学べる人が人口の3割になったら、この世は一気に変わります。

 

オセロゲームのように。

 

今その分かれ目に、私たち人類は立っているのです。

 

学べる人は幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 気づきと学び | 19:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happy.suwn21.com/trackback/757

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM