闘うことの間違い | より善き未来のために
<< あなたは考える葦ですか? | main | 金大偉イベント紹介 >>

闘うことの間違い

癌になったら、「闘わなきゃいけない」感覚になるでしょう?

 

 

でも本当は、闘わない方がいい。

 

闘うと勝ち負けになるから、どちらかが倒れてしまう。

 

普通は人間の負け。

 

だって、人間はあれこれ考えてしまうから。

 

考えるから負けてしまう。

 

 

癌細胞は、考えない。

 

ルンルンしながら、どんどん増えていく。

 

人間は不安なことばかり考えて、どんどん小さくなっていく。

 

だから人間の負け。

 

 

闘わないで、仲よくしたらいいのに。

 

助け合うっていうのかな? そんな感じ。

 

 

癌細胞だって、最初から癌細胞じゃない。

 

途中でポコって変容しちゃう。

 

普通のお隣さんが、ある日突然「迷惑なお隣さんに変貌する」ような感じ。

 

初めは、普通の面倒見の良いおじさんだったのに、

 

ある日突然、

 

とんでもない「迷惑なお隣さんになった」っていう話、時々聞くよね?

 

 

途中でへそを曲げる。

 

「えっ?なんで突然こうなるの?」と思うでしょう?

 

でもお隣さんには、お隣さんの言い分がある。

 

 

みんなの為にと思ってゴミの分別もしていたのに、

 

「ゴミを触られるの、なんか嫌よね」「やめてくれないかしら」なんて蔭口言われて、

 

お隣さんにしてみれば、最初に邪魔者扱いしたのは周囲の方。

 

だから傷ついちゃって、悲しくなって、怒りが噴出してくる。

 

 

裁判(手術)したって、なりを潜めるのはその時だけじゃない?

 

またモソモソと動き始めて、元の木阿弥。

 

だって心(細胞)が傷ついているから。

 

迷惑なお隣さんが迷惑でなくなる方法は、ひとつだけ。

 

仲良くなること。

 

仲良しには迷惑行為なんかしない。喧嘩は売らない。

 

 

闘ったらダメなんだ。

 

コミュニケーションが大事。

 

昔から、「話せばわかる」って言うでしょう?

 

 

話しが通じる相手じゃない?

 

そうかな?

 

話し方が悪いと思うよ。

 

相手の話もしっかり聴いてみた?

 

「聞く」だけじゃだめなんだ。傾聴しないとね。

 

何でも「お互い様」なの。

 

どちらか一方だけが悪いことなんて、絶対あり得ない。

 

 

癌細胞に力を与えるのは、「感情」なのね。

 

悲しさ、哀しさ、苦しさ、辛さ、後悔、くやしさ、恨み、嫉妬・・・。

 

そんな感情。

 

癌になったら最初にすることは、自分に謝ること。

 

「我慢しすぎたね。ごめんね」。

 

「頑張りすぎたね。ごめんね」って。

 

 

あとは、毎日体に話しかけながら、楽しく過ごせばいい。

 

考えると癌細胞に力を与えちゃう。

 

だって悪いことばっかり考えるから。

 

だから、考えない。

 

そして、楽しいことばかりやってみる。

 

 

死はこわくないんだよ。

 

毎日寝るでしょう?

 

あんな感じ。

 

次の日に起きるまで、私たちは「死んでいる」んだから。

 

死って、あんな感じ。

 

そしてまた生まれてくる。

 

その繰り返し。

 

 

苦しんでも一生。楽しんでも一生。

 

楽しい人生がいいんじゃないかな?

 

そうでしょう?

 

http://suwn21.com

youtube 音声をONにしてお聴きください

===================================

★陽の氣本舗 http://yohnoki.com 

Categoriesの以前の書き込みをお読みになる場合は、一番下のページの最後にある

| PAGES | >>| Page top  の>>をクリックしてください。前のページに移行します。

| 気づきと学び | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happy.suwn21.com/trackback/683

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM