中国製割り箸は劇薬漬け? | より善き未来のために
<< 南部鉄器があなたを救う? | main | 信じる理由はある? >>

中国製割り箸は劇薬漬け?

森林・林業学習館のサイトによると、

 

国内で流通している日本製の割り箸は、3%程度との事です。

 

その殆どは中国で生産されています。

 

外食産業のほとんどの店では、中国製を使っています。

 

勿論、コンビニも状況は同じです。

 

単価が日本製に比べて、7分の1程度と格安だからです。

 

 

 

この中国産の割り箸は、防腐剤や防カビ剤の入った水槽に漬けて、

色の濃い芯に近い部分は漂白して、

 

日本人が割り箸に対して持っているイメージに似せるように加工しているとの事です。

 

「偽物」は、どこまで行っても偽物に過ぎません。

 

偽物は、偽物として勝負をすればいい。そう思いませんか?

 

輸入業者がそうするようにと指導しているのか、

 

中国国内の製造業者が売り上げをあげる為にそうしているのか?

 

どちらもでしょうが、

 

こういう浅知恵が、結果的に全てのモノを壊すという想像力に欠けている。

 

 

東京都健康安全センターでは、これら割り箸に含まれる添加化学物質の溶出実験を行​い、

 

日常的な利用にはほとんど影響がないという見解を出しています

 

 

「ほとんど」という言葉が気になりますね。

 

「全く」ではなく、影響は「あるけれど、ほとんど無いと考える」ということですね。

 

無いと考えるのは、私たち人間に備わっている「自然治癒力」に期待しているからです。

 

自然治癒力はどこまでも発揮できる力ではなく、

 

限界があり、その能力を超えた時に、肉体に「症状」として現れます。

 

それを訴えても、「因果関係は認められない」と言われることでしょう。

 

因果関係を証明するのは至難の業です。

 

証明したとしても、失われた健康は戻ってきません。

 

 

上記サイトによると、日本製の割り箸を導入する取り組みが、

 

デニーズは1997年から、ナチュラルローソンは2004年から、

 

ミニストップは2006年から始められているとのことです。

 

ですが、依然国内で使われている割り箸の97%は、

 

中国を初めとした海外産である事実に変わりはありません。

 

 

何を使うかの選択は「あなた」に任されていますが、

 

正しい情報を知ることなしに、正しい選択はできません。

 

それが、ここにこの現実を載せている理由です。

 

よく調べて、よく考えて、選択したいものです。

 

 

 

 

 

 

 

| 安心安全な衣食住 | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happy.suwn21.com/trackback/678

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM