吉田輝星選手、試合に負けて「おめでとう!」 | より善き未来のために
<< あなたは魂霊の声を聴いているか? | main | 靖国神社に行って参ります >>

吉田輝星選手、試合に負けて「おめでとう!」

平成最後の、夏の高校野球大会が終わった。

 

結果はご存知の通り、強豪の大阪・桐蔭高校が春夏連覇で有終の美を飾った。

 

準優勝は秋田の金足農業高校で、

 

東北に初めての優勝旗がもたらされることを、多くの人が期待した。

 

 

結果は、13−2の惨敗だった。

 

惨敗というのは、結果だけ見ればということだ。

 

結果は、結果にしか過ぎない。

 

それ自体に意味があるわけではない。

 

全てに於いて、「過程が重要」なのだ。

 

 

彼らが、如何なる野球道を歩んできたのか。

 

そして、これからどんな道を歩んでいくのか。

 

それが重要なのだ。

 

 

日本中から注目されたエース吉田投手のことを考えると、

 

「ここで負けてよかった」と思う。

 

このひとは、神から愛されているのだと思う。

 

神が、「最高のひのき舞台で、負ける体験をさせてくれた」のだと思う。

 

 

どれほど、辛かったことだろう。

 

どんなにか、自分の事が情けなかったことだろう。

 

でも、もしも彼があの大舞台で勝っていたら、天狗になっていたかもしれない。

 

周囲からもみくちゃにされて、

 

思いもしなかったような辛い人生が待っていたかもしれない。

 

かつての青森・水沢高校の太田幸司投手や、栃木・作新学院の江川卓投手のように。

 

 

メディアは紙面や画面を埋めるために「ヒーロー」を必要としている。

 

世の中のひとも、自分のぽっかり空いた心の穴を埋めるために、

 

「ヒーロー」を求める。

 

そして創りだした「ヒーロー」を、時折「ヒール」に変えてしまう。

 

ひとの世は残酷だ。

 

 

今大会では、真っ黒に日焼けした肌に生える真っ白い歯と、

(食いしばりから歯を守る為のマウスピースらしい)

 

爽やかな笑顔が印象的な、

 

最速150kmの直球を武器とする吉田輝星投手が、一番人気の「ヒーロー」だった。

 

 

強豪・桐蔭学院に勝っていたら、判官びいきの日本人は狂喜乱舞したことだろうし、

 

マスコミは、学校どころか、彼の家にまで押しかけて、

 

18歳の青年の心に深い傷を負わせたであろうことは、火を見るより明らかだ。

 

 

「暴力的な目に晒される」ことから、ご守護体は彼を守る選択をしたのであろう。

 

ということは、彼の野球人生はこれからも続くということだ。

 

 

大会終了のサイレンを聞いた彼は、

 

甲子園のグランドで顔をグシャグシャにして泣いた。

 

その素直さが美しいと思う。

 

 

思い通りにならないことを体験した人間は強くなれる。

 

彼の本当の人生は、今始まったばかりだ。

 

 

 

 

http://suwn21.com

youtube 音声をONにしてお聴きください

===================================

★陽の氣本舗 http://yohnoki.com 清麻はこちらで販売中

★ロゴストロン・陽の氣本舗 http://logostron.com/yohnokihonpo

Categoriesの以前の書き込みをお読みになる場合は、一番下のページの最後にある

| PAGES | >>| Page top  の>>をクリックしてください。前のページに移行します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 気づきと学び | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happy.suwn21.com/trackback/668

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM