日朝会談 | より善き未来のために
<< 金正恩のイメージ戦略 | main | 最近、体が辛いという方に >>

日朝会談

「北朝鮮の非核化を実現する費用は、韓国と日本が負担してくれるだろう」

 

トランプ大統領が、米朝会談後の記者会見で語ったこの言葉に

 

驚いた人が多かったのではないだろうか。

 

「北朝鮮はこれまで、

 

敵国である米国攻撃のために、核弾頭を載せた大陸弾道ミサイルの開発をしてきた。

 

その廃棄の費用を日韓両国に肩代わりさせようとでも言うのか!」と。

 

 

その費用を日本が支出するかどうかは別にして(実際、別問題なのだから)、

 

この言葉をトランプ大統領が言ったことによって、

 

金正恩委員長は安倍首相と会わなければならなくなった。

 

トランプ大統領の言葉によれば、日本がお金を出すかもしれないのだから、

 

「スポンサー」に会わなければ、事は一歩も前に進まない。

 

大統領のこの言葉は、

 

特に北朝鮮側に、安倍首相と会うための理由を提供したことになる。

 

 

「トランプ大統領は何もしてくれなかった。

 

拉致問題にしても会談では話したというが、一体どれほどの事を話したのか、

 

甚だ疑問だ」と言うひとも多いだろうが、

 

自分が抱えている問題の解決を、他者に任せることなどあり得ない。

 

少しの口利きは良いとしても、解決は当事者同士が行わなくてはならない。

 

当たり前のことだ。

 

金委員長は、トランプ大統領が安倍首相に会う理由を提供してくれたのだから、

 

会えばいい。

 

と言うよりも、会わせるために世界中のトップが動いているのだから、

 

会えばいい。

 

 

彼が一番会いたいのは、今上陛下と皇后さまだろうけれど。

 

 

 

 

| 気づきと学び | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happy.suwn21.com/trackback/648

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM