「彼女」の勇気にエール | より善き未来のために
<< 今生生まれてきた目的とは | main | イライラする時の対処法 >>

「彼女」の勇気にエール

駅のホームで三人の少女が話していました。

 

小学校6年生くらいでしょうか。

 

その内のひとりがこう言いました。

 

 

A「ねえねえ、話があるんだけど」

 

B「良い話?悪い話?」

 

A「どっちも」

 

B&C「いいよ。どっちでも」

 

A「ふたりだけでさ、なんか話しすることをやめてくれる?

 

 仲間外れ感、半端ないんだけど」

 

B「ええ、何?」

 

C「さっきのことじゃない?」

 

B「ええ? だってさ、Aはさ、○○に嫌われてるって言ったじゃない」

 

A「言ったよ。だって態度で丸わかりだもん」

 

B「じゃあさ、Aのその頭で考えたらさ、私たちが話してること分かるでしょう?」

 

A[分かるよ」

 

B「じゃあ、いいじゃない」

 

ちょっと間があって、Aは次のように言いました。

A「納得いかないけど、もういいや」

 

それから何事も無かったかのように、三人は肩を組んで話し始めました。

 

 

このうやむやの幕引きで、何も変わっていないように感じるかもしれませんが、

 

Aちゃんの、この「告白」が素晴らしいのです。

 

あなたは友達に仲間外れにされたと感じた時に、

 

相手にその気持ちを伝えることができますか?

 

 

 

嫌な想いをしても、

 

口を閉ざしたまま、その人たちから離れて行くことを選択する。

 

できる事といえば、そんなことくらいではありませんか?

 

それを魂霊は、善しとしないのです。

 

「何故、あなたは何もしないのか?」

 

魂霊はそのことを、とても悲しむのです。

 

ふたりだけでこそこそ話をされて嫌な想いをして居ることを、

 

Aちゃんは、その「友達」に伝えることができた。

 

彼女の言葉は、彼らの胸に届いたことでしょう。

 

そしてBちゃんもCちゃんも、

 

これ以上Aちゃんが嫌がることはしないことでしょう。

 

 

Aちゃんは嫌な想いをした時に、

 

自分の弱さから逃げずに、自分の人生を自分でコントロール(舵取り)した。

 

この事が素晴らしいのです。

 

あなたは、自分の人生を自分の手でコントロールしていますか?

 

何も言わないことによって、他者にコントロールを委ねていませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 気づきと学び | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happy.suwn21.com/trackback/634

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM