条件をつけて子供と取引してはいけない | より善き未来のために
<< 愚痴で背骨が曲がります | main | 見えてるものが真実だとは限らない >>

条件をつけて子供と取引してはいけない

電車の中での、母と6歳くらいの男の子の会話

 

子が、身をくねらせながら言った。

 

「どこにいくの〜? ○○カメラにいくの〜」

 

母「ううん」

 

子「ね〜、どこにいくの〜」

 

母「静かにしないと、○○カメラも行かないわよ。静かにしてたら連れて行ってあげる。」

 

 

〜〜しないと、〜〜しない。

 

〜〜したら、〜〜してあげる。

 

あなたは、子供に対してこんなことを言っていないだろうか?

 

こういう言い方をされて育った子は、常に、自分の行動の見返りを求めるようになる。

 

生き方の基礎が、「見返りがあるならやる。無いならやらない」ということになる。

 

損得でしか物事を計れなくなり、

 

自分に見返りを与えてくれない人を疎ましく思うようになる。

 

この母親は、自分の子をこの様に教育していることに、気づいていないことだろう。

 

 

近い将来、この母子には「軋轢が生まれる」ことになる。

 

今は幼子にとって、母親は絶対的な存在だ。

 

だがやがて、自己を確立する為の反抗期が訪れる。

 

そして二度目の反抗期である中学生になった頃には、

 

自分を支配し、このようにコントロールしようとした母とは口を利かなくなる。

 

その時母親は言うかもしれない。

 

「昔は良い子だったのに」

 

そうさせたのが自分だということにも気づかずに。

 

 

子供と、如何なる場合でも「取引」をしてはいけない。

 

それは教育でも躾でもない。

 

子供をコントロールするための方便に過ぎない。

 

それはやがて、お互いの将来に影を落とす要因となってしまう。

 

まず第一に、

 

出かける前にどこに行くのかも、子供に説明しないような母親であってはならない。

 

子供は、親の所有物ではないのだから。

 

 

 

 

 

http://suwn21.com

youtube 音声をONにしてお聴きください

===================================

★陽の氣本舗 http://yohnoki.com 

★ロゴストロン・陽の氣本舗 http://logostron.com/yohnokihonpo

Categoriesの以前の書き込みをお読みになる場合は、一番下のページの最後にある

| PAGES | >>| Page top  の>>をクリックしてください。前のページに移行します。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 子育て | 15:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happy.suwn21.com/trackback/624

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM