韓国に拘束されている奥茂治さんの言葉 | より善き未来のために
<< 国際シンポジウムのお知らせ | main | 奥氏裁判についての地元紙の翻訳 >>

韓国に拘束されている奥茂治さんの言葉

奥茂治です。

報道の通り本日テジョン(大田)地裁のチョナン(天安)支部で判決が言い渡されました。
私の罪は懲役6ヵ月執行猶予2年の判決でした。
この判決に対して被告本人として刑に関しては妥当な判決であると記者団の前で語りましたがその通りです。
その理由として私が犯したとされる罪は深夜に国立墓地に侵入して作業をした不法侵入罪と、公用物損傷罪を併合した罪で罰されましたが、不法侵入に関しては罪に問れませんでした、それは取り調べの時、昼も夜も下見をして24時間開放されていた側道見つけていた事、その側道から時間外に付近住民が出入していても罪になっていないではないか、と主張したからです。それであっても深夜35キロの石材を担いで3度も往復したのですが裁判所の判断は罪に問えないとの妥当な判断だと思います。

 

公用物損傷罪について私は所有権者から委任された代理人としての権限で独自に判断して謝罪碑を慰霊碑に取り換えた事は事実として認めたのです。
 

しかし裁判所は謝罪碑の所有権について誰の物か不明であり仮に吉田家の物であるとしても管理者である公務所(日本で言う国の機関)が使用中の物件を損傷したと認定して公用物損傷で懲役6カ月罪に当たると判断されました。
その罪に関しては韓国刑法では7年以下の懲役との法規定があり順法の精神からするとむしろ軽い判決だと思います。
 

私は罪の軽重ではなく判示された内容が私の主張を汲んでいるか?その判決文に違法性が見いだせたら控訴すると断言しました。
 

その要点は、私はこの謝罪碑の碑文に記載された吉田清治の文章が真実であれば韓国まで出かけてわざわざ犯罪人になったりしないのは明白であり、碑文が虚偽だからこそ犯した行為であると犯行動機をこれまで供述して来ました。そして私の罪を問うなら公務所が本当に嘘の碑を使用しているのか明確にしてほしいと訴えましたがそれは、嘘の碑を韓国が利用していると言う判示がなされれば韓国が言う強制連行と慰安婦問題に対するこれまでの発言の根拠が覆るからです。
 

とにかく裁判所から送達される判決文を待って控訴の是非を決めたいと思います。
 

これまで多くの皆さんにから声援を送っていただき有難うございます。この戦いは一人だけの戦いではなく多くの皆さんと共に戦っている事を実感して感謝しています。

| 日本の誇り | 06:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happy.suwn21.com/trackback/574

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM