<< 明日23日韓国に拘束されている奥氏を救おう | main | ご守護御礼参り >>

韓国に拘束されている奥茂治氏を救おう会のご報告

 

韓国当局に拘束されている奥茂治氏、現地からの生の声

https://youtu.be/qKovkOcEyQ0 

 

6か月の拘束後、初めての公判が前日(12月22日)に行われた。

 

<罪状>:公共物損壊罪  不法侵入罪

 

奥氏の主張:この石碑は朝日新聞の紙面にもあるように、吉田清治が自費で建てているので、

 

本人が亡くなった今、所有権は吉田の妻と息子に移っている。「私有財産」である。

 

石碑が建てられている公園は24時間オープンな場所であるから、不法侵入にはあたらない。

 

 

何故「謝罪碑」を「慰霊碑」に変えたのか。

 

吉田清治の長男が、父親がでっち上げた嘘で34年間苦しみながら生きてきた。

 

そのことに終止符を打ってあげたかった。

 

<裁判で奥氏が主張している点>

 

吉田清治から「慰安婦問題」が始まった、ということ。

 

韓国の人たちに「嘘から慰安婦問題が始まったことを」伝えたかった。

 

嘘を広めたのは、朝日新聞。その事を裁判で主張したかった。

 

 

<異常な裁判>

法廷で行われている裁判官と検事、奥氏の弁護士の言葉が、

 

国選の通訳が通訳してくれないので、何が行われていたのか全く分からなかった。

 

奥氏に対する質問しか通訳してくれない状況だった。

 

いつ休憩に入ったのかも分からなかった。

 

奥氏は「吉田清治の嘘を利用して世界に虚偽を広めているのは、韓国政府である。」

 

と主張したが、それも法廷で通訳されなかった。

 

この点については、

 

奥氏の私設通訳が、法廷の音声の録音を聞いて文書にした物の提出が認められたとのこと。

 

然し、提出が認められただけで、それを「証拠」として認めるかどうかは、

 

当局は言及していない。

 

<検察側の求刑>

1年

 

<判決>

2018年1月11日 

 

<不可解なこと>

奥氏を韓国内に拘束しているのは「出国停止命令」を出した韓国政府であるが、

 

韓国側は「不法滞在により外国人収容所に入らなければならないと主張している」点。

 

*奥氏さんは、この慰安婦を虚偽で問題化しているのは「反日」の人と、

「それを利用している人たち」である。韓国の人たちは騙されている、と主張しています。

=======================

https://youtu.be/vq7HNYtNg-E

史実を世界に発信する会 代表代行 茂木弘道氏スピーチ

 

米国公文書の紹介

 

A “comfort girl” is nothing more than a prostitute or “professional camp followers”.

「慰安婦」というのは、売春婦または「プロの商売人」以外の何ものでもない。

 

 

*日本の敗戦直後、米軍は聞き取り調査の結果このように真実を伝えている。

 

この認識は世界の常識です。

 

慰安婦問題に関する韓国政府の主張には、1分の真実もありません。

 

吉田清治の「偽りの本」を利用した、

 

ブラック・プロパガンダ(悪意に満ちた虚偽宣伝活動)以外の何ものでもありません。

 

 

この会には各界より「手弁当」で応援に駆け付けていました。

 

その方々のお話しは、youtube 国士 奥茂治を救おう!(日韓二元開催)をご覧ください。

=========================

 

| 日本の誇り | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happy.suwn21.com/trackback/559

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM