<< 何の大義名分も無い?! | main | フランシスコザビエルの見た日本人 >>

爆買いされる日本の領土

宮本雅史著

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

中国の狷本侵略計画”は軍事面だけでは無い。

 

並行して経済侵攻も活発化しているのだ。

 

象徴するのは森林や農地、水源地、観光地などの不動産買収にある。

 

さらに、学校などの教育現場で、

 

子供達に中国の文化や歴史を浸透させようとする流れすら見せている。

 

北海道のある村が、

 

ほぼ村ごと中国と関係する日本企業に買い占められているのをご存知だろうか?

 

北海道に中国人専用の、中国人による中国人のためのプライベートゴルフ場があることは?

 

東京ドーム数百個分に及ぶような森林や山林が買収され、

 

中国人の自治区ができるのではと不安の声が上がっていること、

 

観光施設が中国資本に買収され、中国人観光客で溢れていること・・・・・。

 

 

沖縄県石垣市の尖閣諸島の中国公船の接近や領海侵犯が象徴するように、

 

航空機や軍艦による侵攻は目に見えるため日本人はすぐに反応し、対応しようとする。

 

だが不動産の買収などを通して展開される経済侵攻を始めとするソフト面での進行は、

 

水面下で密かに、かつ継続して展開されるため、

 

気づく頃には、すでに打つ手がなくなっているケースが多い。

 

私が最も危惧しているのは、これらの経済侵攻が「合法的」に行われているということだ。

 

日本国籍を取得し、中国の動静を注視、検証している中国研究家はこういう。

 

「武器を持たない、目に見えない戦争が繰り広げられている」

 

 

「北海道が合法的に中国に乗っ取られるかもしれない・・・・ 」

 

「メディアが取り上げないから、日本人は全く知らない。

 

北海道民でさえ気づいていない・・・・・北海道は広いから」

 

「大がかりに買収されている。自治区だって出来かねない勢いだ。

 

中国の侵攻が露骨で激しい。日本は法律やルールがないから全くの丸腰だ。

 

外国資本も合法的に活動していると言う自信があるから、手の打ちようがない。 」

 

 

私は農水省に意見具申に行ったのです。

 

ところが農水省に着くと、外務省の職員が同席しているのです。

 

外務省は関係ないのになぜいるのだろうと変に思いましたよ。

 

私は農水省の職員に向かって

 

「安全保障上、きちんと対応して日本の国民の食料を守るべきだ」

 

「今の農地法などを考え直すべきだ」というと、

 

外務省の職員がいきなり答弁書を出してきて、

 

「内外人無差別ですから、外国人だけ不利益を被ることはできません」

 

と横槍を入れてきたのです。

 

あとは外務省との押し問答。にっちもさっちも行きませんでした。

 

  

画像は下記のサイトよりお借りしました。2年前のモノです。今はもっと買われています。

https://tanosimi2016.net/2017/05/29/post-2257/

 

 

ほとんどの住民は声に出して断言こそしないが中国の存在を肌で感じており、

 

それを裏付ける証言もあった。

 

「中国総領事館ナンバーの車が、地区内を走るのを複数の住民が複数回目撃した」

 

わざわざ観光に来るような場所では無い。

 

「まるで何かを見張るように走っていた」という様子が不気味だ。

 

 

「日高山脈ではかつては石油が出ていました。レアメタルなど金属も眠っています。

 

ニッケルやクローン鉱山があり、掘れば今でもでてくるのです」

 

日高山脈の鋼材や水源地が無差別に開発されるーーーー。

 

そんな懸念が現実味を帯びつつある。

 

 

「日高山脈の麓の山林が地元の住民が知らないうちに買われ、

 

スイス牧場という看板がかかっているが正体がわからないらしい」

 

看板の下には小さく「Shouwa 95nen begin nen」と書かれている。

 

昭和95年は2020年。

 

2020年は中国共産党にとって近代化目標年で、ターニングポイント。

 

このメッセージに何か意味があるのでは・・・・・。

 

 

「山林や森林、牧場などが中国資本などにどんどん買われているという話はよく聞く。

 

何か大きくて強い力が働いているのではないかと勘ぐってしまうほど、

 

ありえないことが起きている。

 

実体はわからないが、この問題は1自治体が解決できることではない。

 

法整備も含めて国で取り上げてもらわないと解決できない。

 

国はこの現実を知っているのだろうか。

 

このままでは北海道に日本人が住む場所がなくなってしまう」  引用ここまで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

中国資本は水資源を買っています。


 

水に恵まれた日本では、水道をひねれば飲める水が出てくる。

 

当たり前と思われるかもしれませんが、「日本は恵まれているのです」。

 

飲むと下痢をするようなアフリカや東南アジアの水だけではありません。

 

ロシアで買ったペットボトル入りの水は、トロリとした得も言われぬ味がして、

 

結局飲めませんでした。

 

イギリスの水は硬水ですから、わざわざ軟水にして使っているとのことでした。

 

水道から安全な飲める水が供給されている国は、そう多くはないのです。

 

『平成16年版「日本の水資源」(概要版)』にて国土交通省が発表している、

 

世界で水道水が飲める国は、たったの15か国だけです。

 

その中には「国」ではなく、「市」が指定されている場合があります。

 

つまりその市以外では、飲める水道水は供給されていないのです。

 

.侫ンランド、▲好ΕА璽妊鵝淵好肇奪ホルム)、アイスランド、ぅ▲ぅ襯薀鵐鼻↓ゥ疋ぅ帖

Εーストリア、日本、┘ロアチア、スロベニア、アラブ首長国連邦、南アフリカ、

モザンビーク、レソト、オーストラリア(シドニー)、ニュージーランド

 

 

私たちの国は水に恵まれている。

 

その水資源を中国資本が買っている。危機感を感じませんか?

 

「水戦争」という言葉があるように、水を押さえられたら私たちは生きていけません。

 

国は一刻も早く法律を変えて、日本人の水を守ってほしいと思います。

 

現状を知らなければ、何も語れません。

 

是非「爆買いされる日本の領土」をお読み頂きたいと思います。

 

 

 

| 日本の誇り | 06:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happy.suwn21.com/trackback/538

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM