<< あなたは自分を信じていますか? | main | 今回の選挙の争点は >>

希望の党は希望が持てない党名

党の内実については、さまざまな方が仰っていますのでそちらに譲るとして、

 

ここでは「名前のエネルギー」について書きたいと思います。

 

全てのモノにエネルギーが宿っている。当たり前のことですね。

 

 

名前のエネルギーを構成する主たるものは、

 

命名者本人のエネルギーと、命名理由です。

 

命名者のエネルギーは皆さん自身にみて頂くとして、

 

ここでは「命名理由」から、この党のエネルギーをみていこうと思います。

 

 

党の代表者である小池百合子さんは党名発表の記者会見で、

 

「今、希望が足りない。だから私たちの党名を希望の党としました」と言いました。

 

この発想には、とんでもない問題を含んでいます。

 

「足りない」という否定的な想いから命名がスタートしている。

 

そういう意識で名前をつけられたモノには、その否定的なエネルギーを付加することになります。

 

この場合は希望の党ですね。

 

そうするとこの政党に参加した人も周囲の人も、いつもいつも

 

どこまで行っても「希望が無い」状態のままで生きていくことになります。

 

この党が日本の与党となった時には(まず無理なのですが)、

 

国民の中に、いつも希望を持てない空気が広がるので、不景気がずっと続くことになります。

 

 

党名発表直後に、さっそくそのエネルギーが動き始めました。

 

入党した人たちも、まったく希望が感じられず

 

不安だけを感じているのではないでしょうか。

 

多くの方々が、希望の党に入党したことを後悔し始めていると思います。

 

「都民ファーストの会」の議員2名が早々と離党届けを出したのも、

 

実は「希望の党」の否定的なエネルギーが後押ししたからなのです。

 

小池さんが希望の党を作らなければ、

 

この2名の離党は先延ばしになっていたことでしょう。

 

 

商品開発をして名前をつける時にも、

 

人々に喜ばれ役に立つようなポジティブな未来をイメージして、つけましょう。

 

我が子に名前をつける時のように。

| 気づきと学び | 09:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happy.suwn21.com/trackback/535

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM