日焼け止めの毒性 | より善き未来のために
<< 宇宙最強のパワー | main | 川田研究所農場で育った完熟ミネラル小玉スイカ >>

日焼け止めの毒性

日焼け止めは危険!皮膚がん、ホルモン異常、生殖機能低下の恐れ  2015年7月3日  ビジネスジャーナルより

 

●危険な日焼け止め

 

日焼け止めには大きく分けて「紫外線吸収剤」、「紫外線散乱剤」の2種類があります。

 

紫外線吸収剤は紫外線を吸収して熱エネルギーに変えて放出し、

 

紫外線が肌へ届かないようにします。透明なタイプが多く、日焼け止め効果が高いのが特徴で、

 

化学合成化合物でできています。主成分であるオキシベンゾンは「アレルギー反応」を起こしたり、

 

「ホルモン異常」を起こす可能性が指摘されています。

 

また、パラアミノ安息香酸プソラレンは「皮膚がん」を引き起こす可能性が指摘されています。

 

もう一つの紫外線散乱剤は、酸化チタンを主成分として、紫外線を散乱させて肌への侵入を防ぎます。

 

酸化チタンは人体への影響が小さいと考えられていましたが、

 

東京理科大学が行ったマウス実験によると、子どもの脳や精巣に粒子が入り込み、

 

「細胞死」や「生殖機能低下」を引き起こすことがわかりました。世界保健機関(WHO)も、

 

「酸化チタンには発がんの可能性がある」と指摘しています。

 

さらに酸化亜鉛もよく使用されていますが、こちらも発がん性が指摘されています。

 

どちらのタイプも、最近は超微粒子化しており、肌の奥深くまで浸透しやすくなっています。

 

また、体の広範囲に塗るため、全身の皮膚から吸収することになります。

 

食べ物に気を使っている人でも、口に入れない場合は注意が甘くなりがちです。

 

しかし、「経皮吸収は経口吸収以上に毒性が体に回りやすく、気をつけなければなりません」。

 

「無添加」と記載されていても、発がん性物質が含まれている製品は数多くあります。

===========================

毒性の高い日焼け止めを使わずに、

川田研究所のミネラル・ミストウォーターをお使いになることをお薦め致します。

体内に取り込んだ毒性のデトックスにはナノ粒子ミネラル飲料「白」がお薦めです。

★陽の氣本舗 http://yohnoki.com 

★ロゴストロン・陽の氣本舗 http://logostron.com/yohnokihonpo

Categoriesの以前の書き込みをお読みになる場合は、一番下のページの最後にある

| PAGES | >>| Page top  の>>をクリックしてください。前のページに移行します。

 

| 安心安全な衣食住 | 14:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happy.suwn21.com/trackback/498

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM