<< あなたの親切は・・・、 | main | 辛い日本人 >>

李 久惟(ジョー・リー)さんの想い

東京から約4時間。
日本の南西に位置する『フォルモサ(美麗島)』と呼ばれた美しい亜熱帯の島。
それが台湾です。




台湾を訪れた事がありますか?
台湾と日本の関わりをご存知ですか?


私は知りませんでした。
少なくとも、この本を読むまでは
台湾と日本の間にこんな歴史があることを全く知りませんでした。





台湾<日本語世代>がどうしても今に伝え遺したい
日本人に隠された<真実の台湾史>
韓国は『嫌日』なのに台湾はなぜここまで『親日』なのか?
             李 久惟(ジョー・リー)著





毎年8月15日が近づくたびに総理大臣の靖國参拝が取りざたされます。
先の戦争(大東亜あるいは太平洋戦争)や戦後の対応を巡り
中国や韓国との歴史的認識のくい違いから生じる軋轢から繰り返される
不幸で不毛な関係。
それとは全く違う台湾との関係。





この本を読んだ時に感じたことは、知る事の大切さでした。
筆者が祖父母世代から伝えられた歴史は、
ある一面の歴史的事実であることは疑いようもありません。
一方で台湾で生まれ育っても、全く違う歴史認識を持つ人もいるでしょう。


けれど今も台湾に残る有形無形の『日本精神(リップンチェンシン)』は
まぎれも無く日本統治時代の日本人が搾取ではなく台湾の民と共存共栄をはかり
公の心で社会環境や人間関係を築いて尊敬されていたことが、この本からは伝わって来ます。


かつては フォルモサ(美麗島) と呼ばれていた美しい島が不毛の大地となっていた台湾で
ダムを作り食べ物と大事な水を確保した八田與一。
堤防を作り水害から救った西郷隆盛の長男である西郷菊治郎。
台湾南部で20万人分もの飲料水、灌漑用水を確保した鳥居信平。
教育に命を懸け 日本精神という言葉が根付く原点となった『六士先生』。
伝染病のデパートだった台湾へ100人以上の医師を派遣し病院を設立。
衛生事業に挺身し、アメリカから新渡戸稲造を招き都市計画、様々な産業、
インフラ整備の計画、実行をし、17万人近くいたアヘン常習者の根絶を達成した後藤新平。
不可能だとさえ言われた多くの事業や施策を裏で支えた数多の人々。


詳しいことはこの本を読んで頂くこととして
私と同じように台湾と日本の間にこのような歴史があった事を知らない方々に
この本を書かれた
 李 久惟(ジョー・リー)さんのお話を直に聞いて欲しいと思いました。


直にお話をお伺いすると
本から伝わるものとはまた違うものが伝わってきます。




日本と台湾を行き来しながら、
日本各地で台湾と日本の歴史を講演し
来年早々には新しい本の執筆も控えてお忙しい中
来年1月17日(日)1時より、お話して頂けることになりました。




ぜひスケジュール帳に予定を入れて
お集まり頂けたらと思います。(京)



プロフィール
李久惟(ジョー・リー)
拓殖大学客員教授。語学講師、通訳翻訳家として、翻訳通訳会社の顧問を務める以外、多言語多文化研究会代表、日本李登輝友の会理事も兼任。
1975年台湾高雄生まれ。2000年東京外語大卒。卒業後台湾新幹線プロジェクトに従事。様々な分野での通訳翻訳を経て、現在は通訳翻訳会社の経営に参画する傍ら、主に教育分野で語学講師・セミナー講師として活躍し、多くの国際交流事業や講演・執筆活動を行う。専門は語学教育、歴史、比較文化、国際関係論、異文化コミュニケーション。
主著に『本当は語学が得意な日本人』(フォレスト出版、2013年)。近著に『日本人に隠された《真実の台湾史》』(ヒカルランド、2015年)。

http://suwn21.com
=================================================
以前の記事を読む場合はページ一番下にある
| PAGES | >>| Page top の>>をクリックしてください。




 
| 日本の誇り | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happy.suwn21.com/trackback/292

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM