<< この世に執着を残さないために | main | 李 久惟(ジョー・リー)さんの想い >>

あなたの親切は・・・、

自分がやられて嫌なことは、他の人にもしてはいけない。

 

自分がしてもらって嬉しいことを、他の人にもしてあげなさい

 

こういうことを教えられたことはありませんか?

 

これは価値観というものをどうとらえているか、という根本的な問題ですが、

 

私はこの考え方は間違いだと思います。

 

 

「自分がやられて嫌なことは、他の人も嫌だろう」というのは、

 

おおむね正しいといえるかもしれません(全てがそうではないでしょうが)。

 

ですから、他の人にもやらない。これは何となく理解できますね。

 

 

ですが、「自分がやられて嬉しいことは、他の人も喜んでくれるでしょうか」

 

ここに疑問を持たなくてはなりません。

 

 

価値観は人それぞれです。

 

あなたが喜びとすることは、必ずしも他の人の喜びとは言えません。

 

 

あなたは、プレゼントを頂くと嬉しいとしましょう。

 

果たしてすべての人がそうでしょうか?

 

プレゼントを頂くことに負担を感じる人は、意外に多いのではないでしょうか。

 

しかも趣味の違うものを渡されたとしたら、

 

要らないものを押し付けられたように感じるかもしれません。

 

その上、日本の社会では、お返しのことも考えなければなりません。

 

時間が無いのに、どうしてこんな事で頭を悩まさなければならないのか・・・。

 

そう負担に思う人もいることでしょう。

 

 

帰り道、送ってほしい人もいれば、送ってほしくない人もいますね。

 

あなたが親切と思っていること。

 

果たしてそれは、誰かにとっても親切でしょうか?

 

 

自分がやられて嫌なことは、他の人にもしてはいけない。

 

自分がしてもらって嬉しいことを、他の人にもしてあげなさい

 

この言葉は正しいようでいて、実は間違った考えなのだと思います。

 

ですが、この言葉を知った時にあなたは、

 

「ああ、もっともだな」と思いませんでしたか?

 

 

正しくは、

 

「相手の人が欲していることをしてあげなさい。

 

相手の人が欲していないことは、してはいけません」です。

 

 

これを実行するためには、相手のことをよくよく知らなければなりません。

 

自分の価値観を押し付けるのではなく、相手の価値観を受け入れるということです。

 

あなたは、自分の価値観通りにすることを、日々誰かに求めていないでしょうか?

 

あなたの価値観は、あなたが満足できて、あなたが安心できるルールのようなものですが、

 

それを求められた誰か、押し付けられた誰かは、

 

とても辛い思いをしているかもしれませんよ。

 

その相手の気持ちに、あなたは寄り添ったことがあるでしょうか?

 

http://suwn21.com

==================================================

| 気づきと学び | 06:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happy.suwn21.com/trackback/291

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM