<< 人工甘味料で糖尿病リスク増加、ネイチャー誌に論文に | main | 日本人が難民になる?! >>

あなたの子は戦場へは行きません

ケント・ギルバートさんは、

 

「米国人として断言します。

米国はただ単に日本を弱い国にしたいから9条を作ったのです。

そのことに気づき、早く目を覚ましてください」と訴えています。

さらに、

「永遠に外国の軍隊が、自分の国に基地を持って守ってもらうというのは恥ずかしくないのか、

いつまでパラサイトをやっているのかと思う。

 

日本が依存症を起こしているのだから、早く目を覚ましなさい」と言っています。



櫻井よしこ氏公式サイトより
====================================
私たちの未来の道筋を決める時は、心の曇りを掃ってニュートラルな状態で、

右も左も中道の情報も全て集めて、自分の気持ちを決めることが大切です。


「第9条を変えるのか、変えないのか」

これは大変大きな問題でしょう。


「戦争は二度としない」

これは全日本人の統一した思いだと思います。

第9条保持論者は、この法律があるから日本は戦争を放棄できていると考えています。

ですから、第9条を変えることは=戦争への道をひた走ることになるから絶対に保持しなければならないと。

私たちの子供を戦場へはやらないと。


ですが、戦争は1国が成すことではありません。

日本が攻めていかなくても、他国から攻め込まれる危険性があるのです。

9条保持論者の方々は、その時はどうするのでしょうか?

私は知りたいと思います。

例えば中国が日本に核攻撃を仕掛けたり、本土上陸をしてあなたの家族を殺し娘を凌辱しないと

何故信じることができるのでしょうか?

その理由を私は知りたいと思います。

日本が戦争放棄という形が取れてきたのは、アメリカの傘の下に居て、

アメリカ軍が日本に駐留してにらみを利かせてきたからです。

その為に日本は、どれだけアメリカから支配を受けてきたでしょうか。

私たちは、戦後独立したのではなく、

アメリカに隷属して、表向きは星条旗の星のひとつになっていないだけで、

アメリカ支配の下に、全てを牛耳られながら生きてきたことに気がつかなければなりません。


アメリカがいつまで日本に駐留していると思いますか?

用済みになれば、いとも簡単に切り捨てるのがアメリカの常とう手段です。

日本が「丸裸」になった瞬間に、一気に他の国が攻めてこないと誰が言えるでしょうか?

その時、私たちはどうするのでしょうか?

昔のように「竹やり」で応戦するのでしょうか? (引用ここまで)

===================================

「あなたの子や孫は戦場へは行きません」

 

 

憲法9条改憲反対派の人たちは、よく次のように言いますね。

 

「私達の子や孫を戦場に行かせるわけにはいかない。

 

だから9条は死守しなければならない」

 

 

これは詭弁です。

 

論理のすり替えをして、人々を洗脳(ミスリード)しようとしている。

 

 

「9条を死守して」「日本が戦場になったら」、どうするのでしょうか?

 

その時、米軍が撤退していたら?

 

それでも丸腰で居ろと言うのでしょうか?

 

広島と長崎の惨状を忘れたのでしょうか?

 

もしも真剣に「9条改憲が戦争への道」「日本国憲法は平和憲法」と思っているとしたら、

 

それはあまりにも無知すぎます。

 

日本国憲法は「隷属憲法」、奴隷憲法だからです。

 

 

話を元に戻します。

 

今度世界大戦になっても「誰も敵地には行きません」。

 

というより「戦場へは行けない」のです。

 

 

湾岸戦争で私たちは学んだではありませんか?

 

今度大戦が起こったら、大陸間弾道ミサイルを持っている国の人達は、

 

安全なシェルターの中に居て、ボタンをポチッと押して、それで終わりです。

 

日本には全国に54基もの原発があるのです。

 

その中の10基ほどにミサイルを打ち込まれたら、それで日本は壊滅します。

 

数発だけでも、日本はもうどうにもなりません。

 

 

周りは海です。

 

昔は国の周囲が海であったことが「守り」になりましたが、

 

今は、その逆です。

 

「オーブン」のように中は火の海でも、どこにも逃げ場がありません。

 

 

スイスのように永世中立国になれば?と思うかもしれませんが、

 

中立国であるためには「国際的な義務を負う」ことになります。

 

永世中立国は、その領土を他国の侵害から守る義務があります。

 

そのため「常設的な武装が求められる」のです。武装放棄はできません。

 

軍事力を持たなければ、中立国にはなれません。

 

戦時においては、外国軍隊の国内の通過、領空の飛行、船舶の寄港も認めてはいけません。

 

国内を通過する如何なる国のモノも、全て攻撃しなければなりません。

 

軍事同盟国が無いため、他国からの軍事的脅威に遭えば、

 

同盟国に頼らず自国のみで解決しなければなりません。

 

「平和主義」や「非暴力非武装」とは全く概念が違います。

 

永世中立国を維持するために、

 

スイスでは徴兵制度が採用されており、男子には兵役の義務があります。

 

永世中立国になるためには、軍事力が必要なのです。

 

人口800万人のスイスの軍人は80万人です。

 

日本に置き換えれば1270万人が軍人ということになります。

 

現在日本の自衛隊員は約20万人です。

 

夢物語で中立国にはなれないのです。

 

 

相手がミサイルを持っているのに、未だに竹槍しか持っていない日本。

 

この事態を、世界中の誰も理解できないことでしょう。

 

日本の憲法は「隷属させるための縛りであった」と

 

この憲法を押しつけた当時の米国側が言ったことは、既に顕かになっています。

 

未だに「平和憲法」だなどと言っている人たちは、

 

日本を潰したい人たちか、ただ洗脳されているか、無知か、この中のどれかでしょう。

 

思考停止状態では、何ひとつ正しく分析できません。

 

一度とらわれを手離して、真っさらな気持ちで未来について考えなければ、

 

日本は平和ボケのために自滅してしまいます。

 

攻められるまでもなく、自ら滅んでしまうでしょう。

 

9条改憲派と非改憲派の日本を愛する人々が一同に会して、

 

世界の平和の為に日本が今成すべきことは何か、真剣に考えなければいけない。

 

「和(やわらぎ)を以って貴(とうと)しと成す」

 

「統治すれども支配せず(隷属させない)」を建国の根幹とする、日本にしかできないこと。

 

それは、世界を平和に導くことではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 








 

| 日本の誇り | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happy.suwn21.com/trackback/286

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM