新嘗祭(にいなめさい) | より善き未来のために
<< 慰安婦強制「なかった」 “100歳生き証人”ねじ曲げに憤り | main | 靖国神社に参拝してなぜ悪い?-3 >>

新嘗祭(にいなめさい)

1123日に各地の神社で行われる「新嘗祭」は、

 

古事記の「天の岩屋戸」にも出てくる、神世の時代から執り行われてきた祭祀です。

 

神々の御働きの産霊(むすひ)によってその年に収穫された新穀を、

 

「豊葦原の瑞穂の国(とよあしはらのみずほのくに)」の祭祀を司る、

 

最高責任者であるスメラミコトが天神地祇(てんじんちぎ)にお供えし、

 

自らも召し上がって、その御稜威(みいつ)=ご威光を頂戴し、

 

農作物の収穫に感謝するというもので、

 

宮中祭祀の中でも最重要の祭祀と位置づけられている大祭です。

 

この日には宮中を初めとして、伊勢神宮、出雲大社のみならず、

 

日本各地の神社で新嘗祭が執り行われます

 

お近くの神社に参拝して、神々との産霊(結び)をされては如何でしょうか。


「大地の恵み」を頂くということは、凝縮された宇宙のエネルギーを頂くということです。

そこには栄養学だけでは分からない「実相」が在るのです。

ですから私たち日本人は「頂きます」と、

現象界と目に見えない全ての存在に対しての感謝の想いを捧げてから、お食事を頂くのです。


<以下の写真は明治神宮のサイトから拝借致しました>
明治神宮では、10時から
祭典が行われ、巫女による神楽(かぐら)「代々木の舞」が奉納されます。


また、南神門や廻廊には、
明治神宮農林水産物奉献会よりお供えされた野菜でできた「宝船」が飾られ、
全国の特産物も陳列されます。




http://suwn21.com
=========================================
 

| 御神事 | 06:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happy.suwn21.com/trackback/282

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM