<< 感情が暴走する時 | main | 清麻叶産霊(すがそかのうむすひ)ワーク >>

魂と魂霊の階層

<魂>には二つの意味があり、私たちが今使っている意味では古来より、

<たましい>ではなく、<たま>と言ったそうです。

 

「たましい」の<しい>は、その働きが阻害された状態を表わすのだそうです。

目が見えない人のことを<目しい>と、言ったように。

名詞+癈(シイ)。

魂しい(たまが阻害されて働かなくなった状態)

 

魂を<たましい>と言う時(名詞の場合)は、Spiritの意味ではなく、

心の働き。精神。知恵。思慮分別を表わしました。

 

平安時代の和歌にも

「かようのたましひのある事は、すぐれたる御房そかし」

【意味】このように思慮分別があるということは、優れた僧だ。

 

「たましひは朝夕べにたまふれどあが胸痛し恋のしげきに」

この場合は

あなたの真心は朝に夕べに頂きますが、私の胸は痛みます。恋ごころが絶え間ないので

という意味です。

 

又は天分、才能を表わし

「筆とる道と、碁打つ事とぞ、あやしうたましひの程見ゆるを」

【意味】筆を執る書道と碁を打つことには、不思議なことに才能があるように見える。

 

現在のように、魂を<たましい>と言うようになったのは比較的新しいようです。

 

魂を<たましい>ではなく、<たま>と言う事は、

ワークを受けた方にお知らせしていたのですが、

魂(たま)よりも魂霊(たまひ)と言う方が、深いクリーニングができることが分かりました。

クロスチェッカー(クロスチェックをする人)はT
さんです。

 

ですので、これから気づきの会では宣言文の言い方を

<「心と魂霊(たまひ)の扉を開いたので、全ての存在物と対話ができるようになりました。」私はこの状態を選択します!

と言うようにしたいと思います。

 

「段々の理(り)」というのがありますので、違和感がある方は以前の通りでも結構です。

<完全に>を入れるかどうかは、個人差があります。

扉を開くイメージが明確でない方は、<完全に>を入れた方が良いと思います。

 

1100回、クリーニングの前に行うのが理想です。

より深いクリーニングができることは、皆さんが体感されている通りです♪(珠)

 

| 気づきと学び | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happy.suwn21.com/trackback/168

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM