<< 自己確立への道 | main | 地球は今・・・ >>

大量精神科薬で搬送、156病院…問われる処方

2月11日(火)読売新聞WEB版8時59分AM配信
精神科の薬を一度に大量に服薬した患者の搬送を受けた救急医療機関が、2012年は全国で少なくとも156病院に上り、うち約3割にあたる46病院は年間50件以上搬送されていることが、読売新聞の調査でわかった。

服薬したのはいずれも医療機関でしか処方できない薬で、抗うつ薬、睡眠薬などの処方のあり方が問われそうだ。

昨年11月、全国の救命救急センターと日本救急医学会の救急科専門医指定施設の計498病院にアンケートを送り、164病院から回答を得た(回収率33%)。大量服薬患者を年間100件以上受けている病院も10病院あり、最も多い病院では約500件と回答した。

うつ病で処方される三環系抗うつ薬では大量服薬によって1年間で計5人が死亡したほか、52人に不整脈、23人に長時間にわたるけいれんなど、命に関わる症状が見られた。
====================================================
「明日仕事で早いから眠りたい」。
そんなきっかけから飲み始めた薬によって、今では「断薬」の苦しみと日々闘っている方も多いと聞きます。
不眠、耳鳴り、吐き気、めまい、気枯れ状態・・・・。
どれをとってもご本人にはとても大変で、お辛いことと思います。
断薬に失敗すると、仕事もままならない状態になる方がほとんどだとか。
それほどの劇薬にも関わらず、日本ではある精神薬系の薬は「薬大国」アメリカの6倍もの量が処方されているという報告もなされています。
ひとつの薬が効かなければ、また別の物を。それが効かなければまた別の物を。
「今度こそは・・・」すがる思いで手にしたもので苦しみが増していく状況は、耐え難いのではないかと思います。

そんな状況にも以前ご紹介した東福先生は対応してくださいます。是非一度ご相談してみては如何でしょうか。
また使用した薬はデトックスして体外に排泄しなければなりません。
それには「ナノ粒子ミネラル飲料の白黒赤」が最善だと思います。
細胞レベルからのデトックスをしてくれるのではないかと感じています。
1日でも早く辛い状況から脱して、日常生活に戻れることをお祈りしています。(珠)
お問い合わせ・陽の氣本舗 shop2★yohnoki.com  ★→@
| 初台三体堂 東福敏樹氏 | 11:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happy.suwn21.com/trackback/124

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM