「とことん」の底力 | より善き未来のために
<< 神さまの言葉を聴く | main | 低体温の人が増えてきた >>

「とことん」の底力

 

泣き叫んでもいい。

 

 

でも諦めてはダメ。

 

 

今日も「あきらめ小僧」が、いち抜けた。

 

どれほど辛かったことか。

 

 

問題はね、辛いっていう事を誰にも言えないこと。

 

悩みは恥じゃない。

 

思いっきり、ぶざまに泣いたらいい。

 

 

大人だって、男だって、泣きたい時がある。

 

感情を押さえてはいけない。

 

押さえるから、ボディーブローのようにこころに効いてくる。

 

 

「出る」モノは何でも出さなきゃ、死んじゃうよ。

 

汗だって、熱だって、うんちだって。

 

感情だって「出る」モノなんだから、止めちゃダメ。

 

サンドバッグでも蹴っ飛ばしながら、思いっきり叫んだらいい。

 

 

苦しい時は、考えちゃダメ。

 

考えのせいで、苦しんでいるのだから。

 

 

考えない方法、それは思いっきり体を動かすこと。

 

ふらっふらになるまで、体を動かすこと。

 

「もう〜、しぬ〜ッ」って思うまで。

 

それで、あとはデ〜ンと大の字になる。

 

空や、星や、月がみえたら良いんだけど、床の上でも大丈夫。

 

 

汗が引いていくのと同時進行で、何かが引いていく感じがする。

 

諦めちゃ、だめだよ。

 

 

 

辛いことって、真っ暗なトンネルみたいなものなんだ。

 

出口がみえなくて、その辛さが一生続くのかと絶望してしまう。

 

だけどそのトンネルはカーブしているだけで、

 

すぐそこまで行ったら、ひかりが必ずみえてくる。

 

 

奈落の底もおなじ。

 

1mmの100万分の1もひかりの無い「漆黒の闇」っていうのは、

 

言葉にならないほど恐ろしい。

 

 

自分が上を向いているのか、下を向いてるのかもわからない。

 

自分の体が、そこに有るのかどうかもわからない。

 

何の物音も気配もしない。

 

そんな世界は、声も出せないほど恐ろしい。

 

 

「もう、だめだ〜」と絶望仕掛けたその時に、一筋のひかりが射してくる。

 

その時の感覚っていったら、言葉にならないよね。

 

まるで、天使に導かれているようで。

 

 

真っ暗闇の中の、一筋のひかりほど美しいものはない。

 

その美しさを知るために、あなたは今、苦しんでいるのかもしれない。

 

 

苦しんだ者にしか観えない世界が、この世にはある。

 

「それを見てから逝っても、いいんじゃない?」って、

 

わたしは思う。

 

 

HP: https://suwn21.com

SuWN21  youtube 音声をONにしてお聴きください。

===================================

★陽の氣本舗 https://yohnoki.com  川田薫博士講話集

 

 

ナノ粒子ミネラル飲料 石のしずく

幸せホルモンは腸で作られます。腸内環境を整えて心身の健康を取り戻しましょう。

日替わりでお飲みください。

 

 Categoriesの以前の書き込みをお読みになる場合は、一番下のページの最後にある

| PAGES | >>| Page top  の「>>」をクリックしてください。前のページに移行します。

 

 

| 気づきと学び | 19:19 | comments(0) | - | - | - |
Comment










10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM