コロナウィルスが泣いていた | より善き未来のために
<< 神様と繋がる方法 | main | 당신을 기억합니다/あなたを忘れません >>

コロナウィルスが泣いていた

 

 

コロナウィルスと、コミュニケーションを取ったことが有りました。

 

中共政府が、武漢市を封鎖した頃だったと思います。

 

 

その時、コロナウィルスは泣いていました。

 

その想いを言葉にすると、こんな感じです。

 

「僕たちは、自然の中にただ存在していただけなんだ。

 

それを自分たちの都合のいいように利用したのは人間なのに、

 

どうして僕たちのことを、恐ろしいもののように言うの?!

 

 

そのメッセージは、

 

2011年の東日本大震災によって起こった津波によって、

 

福島原発が異常事態に陥った時と、とてもよく似ています。

 

 

その時ウランが、今回と同じようなことを言ったのです。

 

「僕たちは地中深くに、ただ静かに眠っていただけなのに」

 

「僕たちは何も悪いことをしていないのに」

 

 

その時に、人間のエゴが原発を作ったことが、ハッキリと分かりました。

 

そしてそれを、彼ら自身がとても悲しんでいることも。

 

そして今回も、同じようなことが起っている。

 

 

その後、このコロナウィルスが、

 

武漢にある科学研究所から流出したのではないかという第一報が出た時に、

 

ウィルスが言っていたことが、スッと腑に落ちました。

 

 

このウィルスが、武漢に有った科学研究所から流出した確かな証拠は、

 

今のところまだありません。

 

でも、人間が自然界から取り出し、何らかの目的の為に研究し、

 

誰かの意図で流出させたと皆さんも思っていることでしょう。

 

 

でも今日は、そのことを書こうと思ったのではありません。

 

人間のエゴによって、手を加えられて撒かれてしまった以上、

 

薬が開発されるまで、

 

私たちはこのウィルスと共存していかなければならないのです。

 

 

 

ウィルスは確実に存在しています。

 

でもそのウィルスに、罹る人と罹らない人が居る。

 

 

免疫細胞の多くは腸内に存在しています。

 

免疫を正しく働かせるためには、腸内環境を整える必要があって、

 

その為には、まずミネラルを摂取することと、

 

そして腸をきれいにすること。

 

その方法については、既にお知らせしました

 

 

「免疫をつけるために」という情報に踊らされて、納豆を買い占めた人たちは、

 

その結果、きっと免疫が落ちていることでしょう。

 

何故ならこのタイプの人たちは、物事を正しく理解する力に欠けているからです。

 

「TVで言ってた」「SNSで情報が流れてきた」「納豆が良いらしい」

 

そんな風に踊らされて行動してしまう人たちは、

 

自分が入る墓穴を掘っているようなものなのです。

 

 

発酵食品は長い間食べ続けることによって、その効用が発揮されます。

 

昨日まで食べたり食べなかったりしていた人が急に食べても、

 

そんな短期間でどうにかなるものではありません。

 

確かに、納豆菌は素晴らしいですね。

 

毎日食べることはお奨めします。

 

でも、添加物だらけの「醤油もどき」と「辛子もどき」によって、

 

逆に腸内環境が乱れ、免疫力が落ちてしまっていることでしょう。

 

繊細に選ぶ必要があるのに、

 

自分で考察する力を育てて来なかったので、

 

情報に踊らされて不確かな選択をしてしまう。

 

 

冒頭の話に戻りますが、怖がると逆にコロナウィルスを引きつけます。

 

彼らは悲しんでいるのです。

 

そのネガティブな周波数と恐怖心が持つ周波数は似ています。

 

ですから怖がれば怖がるほど、

 

コロナウィルスに周波数を合わせていることになり、

 

より罹りやすい状況を自ら作っていることを、知ってほしいと思います。

 

 

むやみに怖がるのではなく、

 

基本に戻って「罹らないための手立てを講じる」。

 

気持ちが緩み始めている今こそ、

 

「基本を大切に」しながら、ウィルスと共存していきたいものだと思います。

 

 

 

日常的に、熱が出たらすぐに解熱剤を飲んでしまう方は、要注意です。

 

「体から出るもの」は、出す必要があるから体が出している。

 

汗でも、くしゃみでも、鼻水でも。

 

こういうものをすぐに薬で止めようとするのは、

 

正常な免疫の働きを妨害する行為ですから、

 

もうそろそろ、そういう負の習慣は、やめるようにしなければいけません。

 

 

今の時期くしゃみをすると、

 

敏感に反応してしまうひとが周囲に居るかもしれませんが、

 

マスクや袖やハンカチで口元を押さえてすれば、

 

つばの飛沫の拡散を押さえられると専門家が言っているのですから、

 

むやみに「体から出るものを押さえるのはやめましょう」。

| 気づきと学び | 06:01 | comments(0) | - | - | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM