神光か観光か

同じ神社に参拝しても、

 

あなたの想いが神光か観光かによって、手にするものは全く違います。

 

 

神光ならば、おひとりで行かれることでしょう。

 

団体で参拝するなどとんでもありません。

 

早朝、朝もやが立ち込める中、

 

ひとの氣で乱されていない清浄な氣の中を、こころ静かに参拝する。

 

あなたが神光をなさろうと思うのでしたら、自然にそうなさるでしょう。

 

どなたかとペチャクチャ話をしながら参拝をして、神様の言葉が聴こえるでしょうか。

 

 

以前、諏訪大社の拝殿の前に立った時に感じたのは、圧倒的な荘厳な氣でした。

 

その中で御礼言上をさせて頂きましたが、それがちょうど終わった時に、

 

後ろから大きな声と共に一段の観光団体が入って来られました。

 

その途端、その清浄な凛とした氣が、サッと消えうせました。

 

あたかも一瞬でシャッターを下ろしたかのように、お隠れになったのです。

 

 

神社へ行かれるときは目的が大事です。

 

「何のために行くのか」。

 

それがしっかりしていれば、あなたの神々に対する態度も行動も決まります。

 

あなたは神光で行きますか? それとも観光で行かれますか?

 

http://suwn21.com

========================================================
★陽の氣本舗 http://yohnoki.com
★ロゴストロン/陽の氣本舗 http://logostron.com/yohnokihonpo
Categoriesの以前の書き込みをお読みになる場合は、一番下のページの最後にある
| PAGES | >>| Page top  の>>をクリックしてください。
 
 
| 御神事 | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

新嘗祭(にいなめさい)

1123日に各地の神社で行われる「新嘗祭」は、

 

古事記の「天の岩屋戸」にも出てくる、神世の時代から執り行われてきた祭祀です。

 

神々の御働きの産霊(むすひ)によってその年に収穫された新穀を、

 

「豊葦原の瑞穂の国(とよあしはらのみずほのくに)」の祭祀を司る、

 

最高責任者であるスメラミコトが天神地祇(てんじんちぎ)にお供えし、

 

自らも召し上がって、その御稜威(みいつ)=ご威光を頂戴し、

 

農作物の収穫に感謝するというもので、

 

宮中祭祀の中でも最重要の祭祀と位置づけられている大祭です。

 

この日には宮中を初めとして、伊勢神宮、出雲大社のみならず、

 

日本各地の神社で新嘗祭が執り行われます

 

お近くの神社に参拝して、神々との産霊(結び)をされては如何でしょうか。


「大地の恵み」を頂くということは、凝縮された宇宙のエネルギーを頂くということです。

そこには栄養学だけでは分からない「実相」が在るのです。

ですから私たち日本人は「頂きます」と、

現象界と目に見えない全ての存在に対しての感謝の想いを捧げてから、お食事を頂くのです。


<以下の写真は明治神宮のサイトから拝借致しました>
明治神宮では、10時から
祭典が行われ、巫女による神楽(かぐら)「代々木の舞」が奉納されます。


また、南神門や廻廊には、
明治神宮農林水産物奉献会よりお供えされた野菜でできた「宝船」が飾られ、
全国の特産物も陳列されます。




http://suwn21.com
=========================================
 

| 御神事 | 06:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

お墓参りで気になること

お盆にお墓参りされましたか?

以前、墓参をされる方に

「何を持って行かれますか?」と尋ねると、

「え〜っと、小さな箒と雑巾と・・・、」

「えっ、雑巾?」

「はい。でも、きれいですよ」


きれいなものを用意するのは当たり前ですよね。

雑巾?

★モノは、それを使う人の意識でエネルギーを獲得するんです。

雑巾と思ったら、それはきれいなモノであっても「雑巾のエネルギー」を獲得します。

その雑巾で、墓石を拭くんですよね。

墓石はご先祖様の「顔」です。

顔を雑巾でゴシゴシされたご先祖様は、どんなお気持ちになるでしょう。


もうひとつ、気になること。

お墓に、上から水をザ〜っと掛けていませんか?

これもいけませんね。

ご自分がお墓に入った時のことを想像してください。

子孫がやってきて、突然頭の上から水を掛けるんですよ。

嫌じゃないですか?

墓石は、水を含ませたタオルで拭くんです。

上から下へ。

タオルを何度も洗ってね。

水を掛けるのは、真夏ならいいかもしれません。

暑いですからね。

でもその後、きれいなタオルで拭いて差し上げてください。

季節を問わずに水を掛けるのは、やめた方が良いと思います。

水を掛けるのは、墓石をモノだと思っているからですよね。

お墓はモノではないですよ。

ご先祖様のお顔です。お身体です。

そう思って、大切にしてください。

たわしでゴシゴシこするのも以ての外です。

ご先祖様にお水を差し上げたいなら、きちんとグラスに入れたものを差し上げてください。

お水で清めたかったら、墓石の周りに撒いて差し上げてください。

墓参の方法は、「自分がそこに入っていたらどう思うか」、

そういう観点に立っておやりになれば、間違いはありません。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
川田研究所製ミネラルミストウォーター
 



ミストウォーター(川田研究所)
紫外線対策にひと吹き



 
| 御神事 | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

松浦彦操と紙折りの神事

神道においては、こうした「紐の結び目」や「折り紙」、「切り紙」は一種の神事として用いられている。

(中略) これには、いくつかの流派があるが、その中でも高度な体系化がなされているのが、伊勢の斎宮に伝えられ、松浦家が伝承して来た秘伝であろう。(中略)

こうした紙の折り方、紐の結び方には、秘伝があり、その結ぶ順序、折る順序、形などには全て象徴としての意味があり、神道の奥義を伝えているという。

この松浦流は、代々女性にのみ伝承されてきた。しかし、後継者が見つからず、やむなく男性であった松浦彦操が、これを伝承した。そして、彼はこの秘伝を「みふみかたどり」という本にして、昭和15年に公開したのである。この「みみふかたどり」によると、


紙を折る「折り」という行為は「天降り」を象徴し、天意の降下、天意の律動を意味する。

また紙で包む「包み」は中に何かを宿すもの、「み」を包むものであり、

「み」とは「実」であり、真実であり、実相であり、一切の実相を包む行為である。また「三」も意味し、これは「真善美」の三であり、それを包み込んでいる。すなわち、内部に万有と自分自身の本体を中に宿し、我々が自分の本分とする真実を包み込む行為を象徴するという。

「結び」とは「産霊(むすび)」であって、

高御産霊神(たかむすびのかみ)と神産霊神(かみむすびのかみ)の二柱の神の力を内包する、すなわち陰陽の和合を意味し、そこから新しい活動を誕生させることを意味する。さらに、悪因縁を解き善因縁に結びなおすことも意味する。

こうして「折り」、「包み」、「結び」という紙や紐を、こうした象徴を学びながら実践することによって、宇宙の真理を体得し、神人一体の境地に至ることが目的であるという。

こうした「折り紙」は、強力な霊力を帯びるので、護符としても用いることができる。

すなわち、「折り紙」は神聖なものを包むためのものから、鎮魂、家内安全、夫婦和合、蓄財、金運、恋愛成就、商売繁盛などの効力ももつのである。しかし、同時に、最初からこうした「現世利益」だけを目的に、これを学ぼうとするのは、一種の冒涜行為ともなるので、慎むようにとも警告されている。

すなわち、この体系の本分は、紙を折り包み、紐を結ぶ、と言う象徴寓意を通して、秘儀を伝授し、修行することなのだ。


出典:http://japan.digitaldj-network.com/archives/51767149.html
 
| 御神事 | 13:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

落雷直撃!

先日、富士山頂で落雷の直撃を受けました。

左のこめかみにドン!

空は青く澄みわたりまさに”不二は晴れたり日本晴れ”で

雲も出ていなかったので、一瞬何が起こったのか分からず、

石でもぶつけられたのかと、一緒に歩いていた人と目を合わせた瞬間、

ゴロゴロゴロ〜、バリバリ〜!

「雷だ!」

二人で地面に伏せた瞬間、遠くの方でもゴロゴロゴロ〜。

そのまま居ても危ないので、山小屋に戻ることにしましたが、

小屋に着いた瞬間に雨がザ〜ッと降り始め、その日は夕方から夜中の2時くらいまで

雨が間断なく降り、あられも降った(その頃は夢の中)とか・・・。

私たちは地球の安寧の祈りの神事をする為に富士山頂に居たので、雨が降ることはよくあります。

神事をする前に”清めの雨”が降って土地を浄化してくれるのはよく起こりますが、

雷直撃なんて初めての体験でした。

今度勉強会を開いてくださるI先生は、

「地球外生命体は人間と個別にコンタクトを取って、

地球の新しいエネルギーに対応できるように、身体の状態を個々に変えています」と言っていますが、

私の身体も知らぬうちにそうなっていたということでしょうか?

頭を雷に直撃されたのに、まったく何とも無いのです。

雷=カミナリ=神也=神成。自然現象は神の意志でもあります。

雷に直撃されて、かえって直感が強くなったようにも思います。



でも皆さん気をつけてくださいね。

落雷を受けた8割の人は、即死していますし、それ以外の方も負傷しています。

こちらに雷対処法のリンクを張っておきます。

http://homepage3.nifty.com/canoeing/Thunderstorm1.htm

http://www.saitama-sports.or.jp/science/files/Thunderbolt.pdf


おかげさまで、必ず神事の最中は晴天になりますから、翌日のご来光時には雨も止み風も無く、

皆さんが「この時期では珍しい」というほど穏やかな天候になりました。ありがとうございました。  

====================================================

より善き未来を創生するための21世紀型ヒューマン・ネットワーク
Spirits up Wave Net 21
http://suwn21.com


| 御神事 | 12:01 | - | trackbacks(0) | - | - |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM