やわらぎの心

日本の神界は、「絶対服従型」でない処が素晴らしい。

 

例えば神武天皇が東遷する際、

 

天照大御神と高木神という高天原(たかあまはら)最高神の2トップが、

 

御子が下界で苦しんでいるのを見て、建御雷神(たけみかづちのかみ)を召して次の様に伝えます。

 

「葦原中国(あしはらのなかつくに=日本)はひどく騒然としている。

 

伊波礼毘古命(いわれびこのみこと=後の神武天皇)は、いたく病み苦しんでいるようだ。

 

あなたが行って加勢しなさい」

 

これは詔(みことのり)です。

 

一神教の世界では「絶対的命令」になりますから、これに逆らうことは死を意味します。

 

ところが、建御雷神はこの2トップに別の案を提案します。

 

曰く、

 

「私が天降らなくても、かつて彼の国を平定した際に使った霊剣がありますので、

 

その剣を降ろしましょう」

 

この言葉は二神に受け入れられ、

 

この剣の力によって、病に伏していた伊波礼毘古命とその軍勢が息を吹き返し、

 

ヤマトを平定するきっかけとなるのです。

 

 

日本の神界は、「合議制」です。

 

「天岩戸開き」の場面でもお分かりのように、

 

いつも「会議」を開いて、広く意見を求めて、何をどのように行うかを決定します。

 

10月の出雲と諏訪の「神在月」が、その様子をありありと表しています。

 

一神教の世界では、例えばヤハウェのような絶対神が君臨し、一方的に命令し、

 

「私に従わなければ、お前の子々孫々まで呪ってやる」と脅かし、

 

「私は妬む神だ」と自らが言い放ち、絶対的な支配構造を創りだします。

 

こうした神々の在りようは、「国民性」にも色濃く表れています。

 

日本は「和(やわらぎ)をもって貴しとなす」のであり、

 

一神教の世界では、「命令と服従」の概念が生まれます。

 

天皇(すめらみこと)のお役割は、民の為に平安を祈ることであり、

 

王が民を支配する世界とは、全てに於いて次元が違います。

 

日本を選んで本当に良かったと思います。

 

日本人は、異なるモノを排斥せずに上手に取り入れる方法を知っています。

 

これが、神々の時代から継承して日本人に備わっている特質なのだと思います。

 

それが産霊び=結びの力です。

 

その形は、風呂敷の結び目や、ご祝儀袋の水引き、お正月飾りなどに残されています。

 

いずれも「美しさ」がありますよね。

 

日本人の「和(やわらぎ)の心」の根底にあるのは、絶対的な美しさだと思います。

 

その「結びの心」を大切にしたいものです。

 

http://suwn21.com (古事記の勉強をしています♪)

===================================

★陽の氣本舗 http://yohnoki.com 

★ロゴストロン・陽の氣本舗 http://logostron.com/yohnokihonpo

Categoriesの以前の書き込みをお読みになる場合は、一番下のページの最後にある

| PAGES | >>| Page top  の>>をクリックしてください。

 

| 古事記神々の世界 | 06:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

神様の荒御魂・伊勢神宮

伊勢神宮へ参拝させて頂きました。

 

外宮には豊受大御神さまがお鎮まりになる正宮の他に

 

御池にかかる三ツ石を通って98段の階段を上がった所にある多賀宮(たかのみや)と

 

古来、外宮ご鎮座地の山田原の守護神として崇敬されていた土宮(つちのみや)、

 

さらには、風雨を司る級長津彦(しなつひこ)命さま、級長戸辺(しなとべ)命さまをお祭りする

 

風宮(かぜのみや)があります。

 

常々、正宮の豊受さまの御魂と多賀宮の荒御魂と、

 

どのような関係にあるのか知りたいと思っておりました。

 

その日、早朝に参拝させて頂いておりましたところへ

 

神官の方が朝のお務めの為においでになりましたので、お伺いさせて頂きました。

 

多賀宮は、豊受さまの荒御魂(あらみたま)を祭ってあり、

 

正宮には豊受大御神としか書いてありませんが、

 

豊受さまの和御魂(にぎみたま)をお祭りしているのだそうです。

 

外宮では、和御魂と荒御魂を合わせた存在が豊受さまであると捉えているとの事でした。

 

ですから、「お参りの折りには

 

正宮へお参りして、是非多賀宮へもお参りなさってください」とおっしゃいました。

 

多賀宮は階段の上にありますから、訪れる方が少ないのだそうです。

 

それでは(この様な言葉はありませんが)、「半分参り」になってしまいますね。

 

 

それと、

 

多賀宮、風宮、土宮、どの順番でお参りするのが良いのかと、考えたことはありませんか?

 

それについてもお伺い致しましたところ、まずは多賀宮、

 

そして階段を下りた左手にある土宮、

 

最後に右手にある風宮の順で、神官の皆様は参拝されるとのことでした。

 

順には歴然と意味があって後世に伝えられます。

 

その意味が分からなくとも、それを踏襲するのが良いと思います。

 

 

また、外宮の北御門から真っすぐ続く1本道を5分程度歩いた先にある森には

 

月夜見宮がありますが、地元の方以外こちらにはほとんどの方が参拝されないようです。

 

意味があってこちらにお鎮まりなのですから、是非こちらもご参拝ください。

 

 

内宮の正宮をお参りされたら、天照大御神さまの荒御魂をお祭りする荒祭宮へも

 

参拝させて頂くことも、どうぞお忘れなく。

 

http://suwn21.com

===================================

★陽の氣本舗 http://yohnoki.com 

★ロゴストロン・陽の氣本舗 http://logostron.com/yohnokihonpo

Categoriesの以前の書き込みをお読みになる場合は、一番下のページの最後にある

| PAGES | >>| Page top  の>>をクリックしてください。

| 古事記神々の世界 | 14:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

川田薫さんは

川田薫さんは、岩石から抽出したミネラルのパイオニアだ。

 

「生命の正体は何か」KAWADA夢新書刊 川田薫著より

 

生命体を作っているミネラルが、すべて海水と同じ性質であるという事実は、

 

とても重要な意味を持っている。 何故なら、それは生命体が海から誕生したことと、

 

ミネラルが生命体の三十数億年の進化・発展の中で、大きな役割を担っていることを、

 

はっきりと物語っているからだ。

 

では、ミネラルとは何か。


私たちが、日常生活でよく使うミネラルという言葉、

 

たとえばミネラルウォーターにふくまれるミネラルといえば、

 

カリウム、ナトリウム、亜鉛、鉄など、「人間の身体に必要な無機物の元素」

 

という意味であるが、ここ(*川田さんが言っているミネラルの意味)では、

 

すでに触れたとおり岩石などにふくまれる鉱物、無機物をさしている。

 

ミネラル構造は、バラバラにならずに

 

一定の『構造』をもって保たれると仮説を立てて検証してみると、

 

いままでの科学では説明のつかなかった矛盾が、一挙に解決できたのである。

 

これはまったく新しい発見であった。引用ここまで(*)は筆者の挿入

 

 

*川田さんがミネラルと言う時は、鉱物のことを指す。

 

もっとハッキリ岩石と言った方が混乱しないようにも思うけれど、

 

「えっ?!岩石を入れた水を飲むの?」と

 

驚きと拒絶感を表す人が居るかもしれない。

 

でも、世界各地に土を食べる人たちが居ますよね。

 

土を掘ってそのままもぐもぐ食べるスコットランド人のドキュメンタリーを

 

BBCでみたことがあります。

 

その人は「美味い土とまずいのが有るんだ。ここのは最高だよ」と言っていました(笑)

 

川田さんの場合は(当たり前ですが)、味ではなくその固有の働きに注目して、

 

最高の岩石を選び出し、最高の組み合わせと最高の条件を科学的に発見することによって、

 

生体に不可欠なミネラルが含まれる水を作ったというわけです。

 

基本に戻って考えることは、とても重要です。

 

川田さんは、太古の地球環境について考えた。

 

原初、どのような環境の中から生命体が生まれたのか?

 

そこにあるのは、太陽の光と原始大気と水と大陸(ミネラル)。

 

そこから最初の有機物が生まれた。

 

地球上の全ての生体は、その原初の経験をDNAの中に残している。

 

 

科学を紐解かなくても、古事記には、

 

太古の地球の土壌が未だ定まらない中から、葦黴(アシカビ)のごとく

 

宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこじのかみ)が成ったと書いてあるし、

 

聖書には、神が自分の姿に似せて泥をこねて作った人形の鼻の穴から

 

息吹を吹き込んで作ったものに、アダムと名づけたとある。

 

生体が生まれるには、様々な養分を含んだ泥土(固まったものが岩石)が不可欠だった。

 

 

古事記の描写の方が、より現実的に書いてある。

 

誰かが見たそのままを書いたように。

 

それで、「誰が見たの?」っていう疑問が湧いてくる。

 

で、「それは○○でしょう」ということが行間から浮かび上がってくる。

 

古事記を読む時、そういうことを読み解くのが面白い。

 

何しろ自分のルーツの事だから。

 

聖書の描写も、別の視点から観ると現実ではあるけれど(と含みを持たせておこう♪)。

 

川田さんが、科学から見えない世界に到達したように、

 

「眞実の山の頂上」には、どのルートからでも到達できるんじゃないかな。

 

次回の古事記素読勉強会は10月15日(土)1時から 原宿にて

 

<訂正>Wikiより

鉱物と岩石はよく混同されてしまうが別物である。岩石は、鉱物または岩石破片の集合体であり、化学的に均質なものではない。鉱物は、化学的にほぼ均質で、原子・イオンレベルで3次元的な秩序配列(結晶構造)を持つ。

 

*ミネラルを岩石とは言えません。岩石を構成している鉱物がミネラルです。

失礼致しました。<m(__)m>

 

また川田さんは講演会で「火山岩はシリケットの四面体と言いまして、

 

中心にケイ素があり、四隅に酸素があり、その酸素を何個共有するかによって、

 

どこにどんな元素が来るかというのが一義的に決まります。

 

これを鉱物と言い、英語で鉱物の事をミネラルと言います。

 

私が言うミネラルは構造を持ったものです。元素ではありません。」とおっしゃっています。

 

http://suwn21.com

===================================

★陽の氣本舗 http://yohnoki.com 

★ロゴストロン・陽の氣本舗 http://logostron.com/yohnokihonpo

Categoriesの以前の書き込みをお読みになる場合は、一番下のページの最後にある

| PAGES | >>| Page top  の>>をクリックしてください。


ミネラル飲料・石のしずく 石のしずく

 

 

岩石抽出ミネラル液

浴用 Mineral SPA
 

 

| 古事記神々の世界 | 06:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

古事記の世界への誘い

こんばんは。

「古事記素読勉強会」を企画運営しているリード京子です。

9月に入ったら、

すっかり秋の空、秋の風、秋の空気になりましたね。

 

 

先日の中秋の名月。東京は雨雲りの空でしたが

翌日は晴れて、満月とスーパームーーンが重なって、

とても美しい夜でした。

みなさまも、お月見を楽しまれたでしょうか。

 

 

 

さて『お月見と古事記。』

なにやら無理矢理な感がないではないですが、

実は関係があるのです。

 

漢字で書かれていた古事記を一般の人にも読めるようにしてくれたのは

江戸時代の町医者である本居宣長です。

彼は町医者として働くかたわら、古事記の研究に35年を費やし、

44巻の書物にまとめて現在の私たちにも読めるようにしてくれました。

http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=OcVxDy8XyLHb0bjxncX5Jk2bbiJuvIf7up1LAlMXpDdZBGDr6i2U5b94gTooI57fgPJWjm1Rk6zBwsIyMZfRNs6OSnYNh._c.Lx_eOcclMwikJvWOknMklnN6tm0qvAuFa8-&sig=12tjfonv0&x=170&y=154

『日本人本来の世界観や価値観を探求しようと考え、

 そのためには『古事記』の解読が必要であると確信した。』

のだと本居宣長記念館のHPには書かれています。

 

また宣長が詠んだ歌は1万首にも及ぶそうです。

季節の移ろいを歌に託して詠むことは、宣長にとっては

欠かすことのできない日常の事だったのでしょう。

宣長は毎年この時期に十三夜の月見の会をしたそうです。

なかでも、寛政10(1798)9月13日の月見会は、

『古事記伝』完成祝賀会を兼ねたものだったそうです。

その日の月を宣長はどのような思いで眺めたのでしょうか。

後半の人生の大半を掛けて古事記の翻訳を完成させたその3年後の
享和元年(1801
)9月29日、宣長は静かに72年の生涯を閉じました。

 

 

そんな宣長に思いを馳せながら、あるいは単なる好奇心で

秋の一日、古事記素読勉強会に参加してみませんか?

 

ちょっとハードルが高いと感じていらっしゃるあなたも大丈夫です。

私たちは素人だからこそ出来る読み方をしています。

神代の時代の神々のなんと伸びやかで自由で明るいことでしょうか。

時空間を飛び越えて伝わって来る神々の伸びやかな世界観に

いつも驚かされたり、笑ったりしています。

 

 

先月の気づきの会で行われた、産土さんと繋がるお話しも古事記に親しんでいると

神々の世界が本当に身近なものに感じられます。

一見バラバラに見えますが、SuWN21が開催するものは、

全て繋がっているのだと思わずにはいられません。

 

 

テキストは出雲井晶さんの『日本の神話』古事記神代の巻ですが、

全編『ルビ』が振ってありますから、ご安心ください。

もしハードルの高さを感じたり、ちょっと気持ちが遠のいたりした時は、

洋泉社から出ているムック版『古事記 神話を旅する』などは美しいカラー写真が満載ですから、

これをながめて高天の原の神々や日本誕生の物語に思いを馳せてみるのもいいかもしれません。

 

 

私もこの本をながめていたら、神話のふるさとを旅したくなりました。

いつか勉強会の皆さんと一緒に、『神話を旅する』企画も立てようと思っています。

こちらにもご一緒できますように。

 

 

9月の古事記素読勉強会は、9月15日(月・祝ですがお休みじゃない方ごめんなさい!)

素読ページは『天の岩屋戸』P57~63 いよいよ天照大御神さまが天の岩戸にお隠れになるくだりです。

場所はいつもの隠田ではなく『神宮前』の集会場になります。

ご参加を希望される新規の方は、SuWN21のホームページから申し込んでください。

お待ちしています。

=============================================================

http://suwn21.com  素直に、陽気に、軽やかに!

http://www.ac.auone-net.jp/~suwn21/ (スマホサイト)

昨年より一歩前へ、昨日より一歩前へ Spirits up Wave Net 21事務局

=============================================================

◆古事記素読勉強会 「天の石屋戸」

アマテラスの岩戸隠れから現代を読み解くと・・・。

11回9月15日(祝)、10月5日(日)1時〜3時半 

研鑽登録費1000円  528Hzの癒し体験

古事記を素読することによって、私たちに気づきが起こり、

自覚が生まれることによって、宇宙のエネルギーが体に取り込まれ、

私たちを取り巻く様々な問題が解決していくと共に、神を助け宇宙をも育むことができる。(東福敏樹)

==================================================

より善き未来を創生するための21世紀型ヒューマン・ネットワーク

  Spirits up Wave Net 21SuWN21/スワン21

you tube: http://www.youtube.com/user/SuWN21/feed

===================================================

 

| 古事記神々の世界 | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM