シー・チンピンの野望

シー・チンピン(習近平)の野望は、「皇帝」になるということだ。

 

中華思想において、皇帝とは世界のトップに君臨する人のことを指す。

 

宇宙にひとり、唯一無二の存在。

 

チンピンは、それを目指している。

 

 

彼の父親である習仲勲は、共産主義革命のリーダー的存在だった。

 

そして中国最高行政機関である、国務院の副総理にまで上り詰めた。

 

しかし、毛沢東時代に失脚して追放されてしまう。

 

そういう運命を背負った人を父親に持ったために、

 

チンピンは貧しい農村に追いやられ、厳しい生活を強いられた。

 

普通であれば、自分の家族を地獄に落とした共産党思想に反発を覚え、

 

反政府思想の持ち主になることだろう。

 

普通であれば・・・。

 

 

しかし、チンピンは非常に「頭の働く少年」だった。

 

彼は自分の父親を陥れ、家族を地獄に落とした「党」に入ることによって、

 

自分の野望(皇帝になること)を打ち立てることを決意したのだ。

 

21歳の時だった。

 

 

50年後の2012年、彼は中国共産党のトップに上り詰めた。

 

それまで彼は、「これぞ」と思う人間の靴を舐め、尻拭いをしながら

 

「時」を着々と待っていたことだろう。

 

 

2017年10月に開かれた中国共産党大会で、彼は自分の野望を隠さず、

 

「2050年までに中国を主導的大国にする」と宣言した。

 

それは取りも直さず、彼が「世界の皇帝になる」という意味だ。

 

「世界を自分の手中に収める」ということ。

 

そのとっかかりとして、アジアを手中に収める。

 

尖閣は、その端緒にすぎない。

 

芸人の村本大輔さんが、

 

「命を狙われるなら、僕は尖閣を中国に渡します」と

 

朝生という番組で発言したが、

 

残念ながら、尖閣だけでは収まらないのだ。

 

尖閣の次は沖縄。沖縄の次は九州、北海道、更には日本全域が彼の手に落ちる。

 

その時、日本は消えている。

 

中国共産党の「2050年の未来地図」では、日本が赤く染まっているとのこと。

 

その地図に、彼は自分の野望をハッキリと示している。

 

 

彼の頭の中には、中国人民の幸せのことなど微塵も無い。

 

「2035年までに現代化を基本的に実現させ、

今世紀の中頃までに世界一流の軍隊を作り上げる。」

 

「2049年の建国100年までに社会主義の現代化強国を築く。

中華民族はさらに活力を増し、世界の諸民族の中でそびえ立つだろう。」

 

これらはまさに、みずからの権威を高めるための演説だったと言える。

 

チンピンは、「歴代の党トップができなかったことを私はやり遂げた」と言った。

 

すぐ後ろには、胡錦濤前総書記と江沢民元総書記が座っていたのだ。

 

なんと狡猾なことか。

 

その言葉に、

 

彼の「今や怖れるものは何も無い」という傲慢さが滲み出ている。

 

 

党の中で最も権力を握っているのは

 

「政治局常務委員」と呼ばれる7人の党幹部の人たちだ。

 

『チャイナセブン』と呼ぶ人もいる。

 

中国13億人の行方を、この7人が決めると言っても過言ではない。

 

チンピンは党内部の敵対勢力を「腐敗」を理由に排除し、

 

自分の権力固めの為の人間を上層部に配置してきた。

 

 

「自分は皇帝になる」

 

何故彼がこんなことを考えているのか?

 

それは彼の過去生に由来している。

 

彼は、中国・明時代の李進忠(後の魏忠賢)という宦官だった。

 

皇帝を傀儡にして実権を握り、

 

恐怖政治を敷いた最も悪辣な宦官の権力者であり、

 

当時、危機的状況にあった明の滅亡を加速させた人物とも言われている。

 

とにかく「権力に固執した人間」だった。

 

高みに登るためなら、手段を選ばない人間だった。

 

自分に敵対する勢力を徹底的に弾圧し、処刑したし、

 

権力掌握のために、けして手綱を緩めることはなかった。

 

彼の望みは、自分が皇帝になることだった。

 

 

だが、神はそれを許さなかった。

 

最後には崇禎帝によって自分の罪が弾劾されたという報を聞き、

 

「もはやこれまで」と、自ら首を吊った。

 

遺体は磔にされ、首は晒しものにされた。

 

さらに彼の一族も処刑され、莫大な全財産は没収され、

 

部下たちもことごとく殺害、追放された。

 

これがシー・チンピンの今生に強く影響を与えている過去生だ。

 

この時に皇帝になれなかった悔しさが、今彼を動かしている。

 

残念ながら、彼に皇帝になる運命は無い。

 

今の道を歩めば、李進忠が辿った道を再び歩むことになる。

 

 

その役割が無い人間が権力を望むと、

 

その犠牲になるのは「人民」だ。

 

経済が強い今は、多くの中国人が富を謳歌していることだろう。

(その一方で、かつてないほどの貧富の格差が広がっている)

 

だが、これも一時的なものだ。

 

「中国経済は数年後に破綻する」という人たちがいる。

 

中国の人たちは、本当に彼と運命を共にするのだろうか?

 

それは「破滅への道」に、ほかならない。

 

それでも「彼と、道を共にするのだろうか?」

| 気づきと学び | 06:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ひどい親なら逃げなさい

環境は捨てられても、関係は断てない。

 

ひどい親だったら、すぐにでも逃げなさい。

 

あなたの尊厳を冒し、あなたの自由を奪う親だったら、

 

すぐにでも逃げなさい。

 

でも環境は捨てられても、そのひとがあなたの親であることは終生変わらない。

 

どうしますか?

 

そのまま親を打ち捨てますか?

 

それとも、その「未熟な親」を抱きしめますか?

 

私はいつか、そのひとを抱きしめてあげてほしいと思う。

 

きっと、あなたならできるから。

 

 

http://suwn21.com

youtube 音声をONにしてお聴きください

===================================

★陽の氣本舗 http://yohnoki.com 

★ロゴストロン・陽の氣本舗 http://logostron.com/yohnokihonpo

Categoriesの以前の書き込みをお読みになる場合は、一番下のページの最後にある

| PAGES | >>| Page top  の>>をクリックしてください。前のページに移行します。

 

http://yohnoki.com/?mode=cate&cbid=1147518&csid=0

 

あなたは幸せですか?

 

この川田研究所製岩石抽出ミネラルを、是非お試しください。

 

幸せホルモンは、腸で作られます。

 

ミネラル(鉱物)を摂取することで、腸内環境が整えられます。

 

ミネラルの不足している腸からは、何もポジティブなものは生まれません。

 

ご存知ですか?

 

 

| 気づきと学び | 06:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

この世で一番重要なこと

それは、「誠意」に勝るものは無い。

 

間違いを冒した時、

 

選択を間違った時、

 

人を傷つけてしまった時、

 

魂霊の想いと違う言動をした時、

 

それをゼロにする「魔法」は、

 

「誠意」以外には無い。

 

勇気をもって誠意を尽くすこと。

 

相手に伝えること。

 

それを、あなたの魂霊(たまひ)は、あなたに求めている。

 

 

 

http://suwn21.com

youtube 音声をONにしてお聴きください

===================================

★陽の氣本舗 http://yohnoki.com 

★ロゴストロン・陽の氣本舗 http://logostron.com/yohnokihonpo

Categoriesの以前の書き込みをお読みになる場合は、一番下のページの最後にある

| PAGES | >>| Page top  の>>をクリックしてください。前のページに移行します。

 

奇跡の玄米粉

http://yohnoki.com/?pid=127350571

 

,子様にも安心!! 自然栽培米100% 農薬、肥料、除草剤不使用で育てたお米。
特殊技術で発酵!! 栄養素が玄米の10倍に凝縮。
生きてる酵素がしっかり届いてお腹スッキリ〜♪
ぅ▲潺了世離ャバ167倍!!

 

スティック1本食べるだけで、玄米の10倍の栄養素が簡単に摂れる。
1食たったの15Kgcal!

好きな飲みものに、お釜にポン

楽しみ方色々♪

| 気づきと学び | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

誇りを持って生きる

「誰か(何か)に仕えていても、支配はされない」

 

会社に勤めていても、会社の犠牲になってはいけない。

 

誇りを持って働くこと。

 

それを魂霊(たまひ)は、あなたに求めている。

 

けっして、諦めないこと。

 

けっして、自分の生きざまに妥協しないこと。

 

そして、けっして後ろ向きにならないこと。

 

 

| 気づきと学び | 06:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

失敗を大いに楽しもう!

NHKの桑子アナウンサーのように、

 

開会式なのに「この閉会式を通じて」と言ってしまうことを、

 

「フロイト的失言」と言うらしい。

 

 

「隠したい本音が、無意識のうちに口をついて出てしまう」

 

 

1月22日に、韓国与党「共に民主党」の金太年政策委議長が

 

「冬季オリンピックが来月『平壌(ピョンヤン)』で開かれる」

 

と述べたことがその類例だ。

 

https://youtu.be/5kD-ebD_4_k

 

隣に座っていた議員から「ピョンチャンです」と突っ込まれて、

 

金委員長はニヤッと笑って「ピョンチャンで開かれます」と訂正しているが、

 

その後に開かれた会でもまた「ピョンヤンで」と、同じ間違いを繰り返している。

 

この「ニヤッ」が、意味するところは大きい。

 

「あっ!やってしまった」と思った時に、人間はつい笑ってしまうのだ。

 

心理は表情に出る。隠そうと思っても隠せない。

 

この議員にとっての故郷は、文在寅大統領と同じ「北」なのだろう。

 

文大統領自身は南で生まれているが、両親は朝鮮戦争中に北から逃げてきた「難民」である。

 

文家の祖先の墓は北にある。

 

当然、心情的にも大統領の「故郷は北」である。

 

「文大統領は、北中心の南北統一を望んでいる」というのは単なる勘繰りではなく、

 

血脈を重んじる彼ら民族にとっては当たりまえのことだ。

 

この金政策委議長の心情もそうなのだろう。

 

 

翻って桑子アナのことを考えてみれば、

 

このきな臭い時期、

 

「北がオリンピックの開会式に、会場に向けて攻撃を仕掛けるのではないか」とか、

 

「会場で、北の工作員によるテロが行われるのではないか」、など

 

様々な憶測が飛び交った。

 

 

開会式に正恩氏の妹、与正さんが出席すると発表されたことで

 

開会式に向けての危惧は無くなったが、

 

それでもオリンピック期間中の危機が無くなったわけではない。

 

「閉会式まで何事もなく無事に終わりますように」と、

 

桑子アナが心から願っていたことは想像に難くない。

 

そうすると、本人の意識とは無関係に「大事な時に言葉が暴走してしまう」のだ。

 

人間は、潜在意識をコントロールできない。

 

生方アナにとっても、「20世紀の演歌の女王は、美空ひばり」であったのだろう。

(前日の項をお読みください)

 

「失敗」をするということは、「人間である証拠」でもある。

 

だから、失敗を大いに楽しもう!

 

 

 

http://suwn21.com

youtube 音声をONにしてお聴きください

===================================

★陽の氣本舗 http://yohnoki.com 

★ロゴストロン・陽の氣本舗 http://logostron.com/yohnokihonpo

Categoriesの以前の書き込みをお読みになる場合は、一番下のページの最後にある

| PAGES | >>| Page top  の>>をクリックしてください。前のページに移行します。

| 気づきと学び | 15:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

「この閉会式を通じて」

昨日、NHKで放送された平昌オリンピックの開会式最後の部分で、

 

キャスターを務めていた桑子アナウンサーが、

 

「今日の開会式を通じて」と言うべきところを、「閉会式を通じて」と言ってしまったことは、

 

様々な波紋を呼ぶことになるでしょう。

 

 

演歌歌手の都はるみさんが、その舞台を最後に引退する(後に復帰)という

 

本人にとっても、その年の紅白歌合戦にとっても、目玉中の目玉だったはるみさんを、

 

「大トリ」としてステージに誘う時に、

 

総合司会を務めていた生方恵一アナウンサーが、「美空」と言ってしまい、

 

訂正もできないまま放送が終了してしまった時の事を思いだしました。

 

 

放送現場のスタッフ全員、一様に凍り付いたことでしょう。

 

桑子アナは心労で倒れていないでしょうか?

 

生方アナがその後民放に移籍し「一時代」を築いたように、

 

失敗は失敗としてそのことから学び、前に進めばいいのですが、

 

「この世の現象は全て学びのために起こる」という事実を

 

未だ30歳の桑子アナに理解しなさいというのは、酷なような気もします。

 

 

それにしてもこの言葉を解すれば、

 

「開会式というハレの舞台」で、テープを切って前に進もうとしたら

 

そこに進むべき道が無かったということになりますから、

 

なにやらメッセージめいたものを感じますね。

 

韓国からは「平和の祭典に水を差した」という論調が

 

多く聞こえてくることでしょう。

 

 

ですが、責任を彼女に負わせることは間違いですね。

 

第一この世で起こったことに、誰も責任は取れません。

 

例えNHKを辞めても地方に左遷されても、それは責任を取る事にはなりません。

 

失敗した時に、私たちに唯一できる事は、それを学びにして糧とすることです。

 

 

それに、彼女が起こしたことは「現象」であって、

 

この意味するところは、

 

NHKに対する「学びのためのアラート」なのではないかと思います。

 

「これまでの放送人としての在りようが、

 

本当にそれでよかったと言えるのかを考える縁(よすが)としなさい」

 

そんなメッセージが聞こえて来ないでしょうか。

 

 

事実NHKは、公平中立の立場で放送することが求められている立場でありながら、

 

台湾の方々からの告訴事例も含めて、

 

半島や大陸寄りの論調が目立つ番組作りをしてきたことは否めない事実です。

 

 

彼女の「閉会式発言」によって、「同胞」からの突き上げが起こるかもしれません。

 

これをどう受け止めるのか。

 

 

そしてまたこの言葉は、

 

「半島の、これまでの間違った歴史観を、お開き(閉会)にしなさい」

 

というメッセージのようにも聞こえます。

 

何かを新たに始める前には、何事も一度「お開き」にしなければなりません。

 

 

さまざまな角度からみていくと、

 

彼女の言葉からみえてくるメッセージは、

 

とても重要だということが分かります。

 

単に失敗で片付けるのは、もったいない気がします。

 

 

http://suwn21.com

youtube 音声をONにしてお聴きください

===================================

★陽の氣本舗 http://yohnoki.com 

★ロゴストロン・陽の氣本舗 http://logostron.com/yohnokihonpo

Categoriesの以前の書き込みをお読みになる場合は、一番下のページの最後にある

| PAGES | >>| Page top  の>>をクリックしてください。前のページに移行します。

| 気づきと学び | 19:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

平昌オリンピックが始まりました

2018年冬季オリンピックが始まりましたね。

 

色々なことを言われていますが、

 

やはり笑顔に代わるものはありません。

 

誰かと諍いが起こった時も、逃げずに目と目を見て話しましょう。

 

それが、雪解けへの近道。

 

평창 올림픽, 개막 축하합니다.

 

여러분, 화이팅 ~

| 気づきと学び | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

あなたは過去に生きますか?今に生きますか?

きれい好きの主婦             

 

Aさんは汚れが気になってしょうがない。

 

腰痛でそろりそろりと掴まり歩きをしているような状態でも、

 

トイレに行ったときなどに、汚れが目に付くと掃除をせずにはいられない。

 

それを聴いていたCさんが、Aさんに次のように言いました。

 

「Aさんが掃除をせずにはいられないというのは、

 

それを楽しみながらやっているならよいと思うけれど・・・」

 

ここで、言葉が止まってしまいました。

 

 

Cさんが言いたかったことは、言葉にできなかった次の部分ですね。

 

「でもAさんからは、それが感じられない」

 

「その奥にあるものが問題なのではないか?」

 

 

Bさんは、ご主人にとても気を遣っている様子。

 

出かける時には、食事の準備をしてからでないと出かけない。

 

 

Aさんの問題も、Bさんの問題も、3次元の現象は違いますが根は同じ。

 

自分の中に問題がある、ということ。

 

AさんもBさんも、そうしないと自分が落ち着かない。

 

Aさんはとにかく汚れが気になるから、

 

他の事を犠牲にしてでも、そうせずにはいられない。

 

Bさんは「主人は何もできないから、私がやらないと」

 

と言うけれど、これを私たちは「脳の言い訳」と言っています。

 

本当の理由はそんな事ではないことを知っているから。

 

 

Bさんには一方で、「そうしないと出かけられない」という気持ちがある。

 

料理をすること=主婦の仕事をきちんとすることで、

 

自分に「出かけてもいいですよ」という免罪符を与えている。

 

ご主人から文句を言われないように、

 

「私はやることをやっていますよ」と、先手を打っている。

 

ちょっと、自分を不自由にしている感じ。

 

自分で自分に、重りをぶら下げている感じ。

 

 

魂霊の声を聴いたら、「もっと自由になりなさい」と言われることでしょう。

 

「やらずにはいられない」の奥に在るものは何ですか?

 

Cさんが感じたように、それに気づくことが大事。

 

 

何でもやってしまうAさんとBさん。

 

「できないひと(ご主人のこと)に教えるよりも、私がやった方が早いし」

 

それはそうでしょうね。その方がずっと手間が省けます。

 

 

でも、彼女たちが先に亡くなった後の事を考えると、

 

何もできないご主人がひとり残されてしまう。

 

子供たちにはそれぞれの生活があるのだから、そんな父親の事を面倒は見られない。

 

何もできない夫は(その時、妻は居ないのだから夫でもなくなってしまうけれど)、

 

いったいどうするのだろう。

 

 

できないからと言って、何でもやってしまうのは、

 

別の面から見ると、彼女たちができなくさせていることが観えてくる。

 

できる機会を奪われた初老の男に、どんな生活が待っていることだろう?

 

きっとそういう男性は、老人ホームに入っても疎まれる。

 

女性たちは、いくつになっても好奇心が旺盛だ。

 

そういう女性たちに取って、空気が抜けたような男性は厄介者にしか思えない。

 

友達になりたいなんて思わない。

 

結局どこへ行っても周囲に溶け込めない初老の男性は、

 

ただただ、自分の命の終焉を待ち続けることになるとも限らない。

 

 

う〜ん、考えどころですよね?

 

自分の価値観と選択によって、未来は創られる。

 

自分の中にある古い価値観に固執するのが、うお座(過去)の時代。

 

「自分の価値観がベストな訳じゃない」

 

そこに気づくのが、みずがめ座(新しい)の時代。

 

自分にかけた手かせ足かせを、自らの意志で外していく時代。

 

もっと軽やかに生きていく時代。

 

それが、みずがめ座の時代。

 

 

15才の、不登校になった少年画家の言葉。

 

「ひとはやっぱり自分の心が一番恐ろしいんじゃないかな?」

 

そして彼が書いたのは、黒一色の地獄のような絵。

 

不自由な人間=自分の姿を描いたのでしょう。

 

そして時を経て次に書いたのは、美しい光と色に包まれた女神のような存在。

 

両手を広げているその存在は、心臓から血を流しているのですが、

 

とても穏やかな表情をしている。

 

「辛いこともあるけれど、それを寛容さと愛で包み込む」

 

それも、彼が考える「人の姿」。

 

 

この黒一色の絵は、うお座の時代。

 

そして女神さまの絵は、みずがめ座の時代。

 

あなたは過去に生きますか? 今に生きますか?

| 気づきと学び | 06:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

日本から日本人らしい挨拶が消えてゆく?!

皆さんは、街中のショッピングセンターで違和感を覚えないだろうか?

 

買い物をすると、店員さんが「コンス」で挨拶をしてくる。

 

その度に、「あなたは日本人ではないのですか?」と尋ねたくなる。

 

「コンス」というのは、お隣の朝鮮民族の方たちの挨拶である。

 

 

ウエストの辺りに両手を重ねて肘を張る。

 

これは、チョゴリという上着に前垂れのついた形のモノがあり、

 

その中に手を隠すという朝鮮王朝の名残だ。

(勿論、王族か上位の女官のみが着用を許されていた)

 

 

例えば、こんな感じ。

  

 

だから、挨拶をする時はこうなる。

 

これが悪いと言っているのではない。

 

これは朝鮮民族の挨拶なのだ。

 

買い物をした日本で、何故この挨拶を受けなければならないのか。

 

日本には日本の文化がある。

 

美しい、たおやかな文化がある。

 

 

カジュアルなお辞儀としては両手を前に組んでもよいけれど、

 

ウエストの辺りで手を組んで、肘を横に張るような挨拶は日本にはない。

 

日本の民族衣装に「前垂れ」は無い。

 

しかも両手を出す意味は「腹に一物は無い」=清廉潔白をも意味する。

 

挨拶にはその国の文化が宿っている。

 

その国の言葉が乱れ国が力を失っていくように

(1/15神力を使いこなす、1/17心のない愛、子を見ない親、簡体字が映すものを参照)

 

その国の文化を大事にしないその考え方が、国の力を削ぐ。

 

それとも、コンスを社員に指導している企業のトップは、日本人ではないのだろうか。

 

これもまた「日本潰し」の一環なのだろうか。

 

意図的な工作なのか、無知によるものなのか。

 

いずれにしてもこのままでは、日本から力が失われていく。

 

そうさせない為にも、私たちはもっと日本を知るべきだ。

 

あなたは、日本人の挨拶をしていますか?

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ※誤解の無いように書いておきますが、

日本国内で商売していても、コンスを礼とすることをきちんと明らかにしているお店でなら、私はコンスを受けることを善しとします。

アメリカ人が、日本人のような挨拶をしないからといって、怒る人が居るでしょうか?

それと同じことです。

 

 

 

 

 

 

| 気づきと学び | 06:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

「言われたからやる」の階層からの脱却

誰かから言われたからやる。この階層で留まっていると、

 

不満が溜まりやすいということを覚えておきましょう。

 

何故でしょう?

 

「自主自立の階層」ではないからです。

 

 

「言われたからやる」

 

この階層に居ると、脳は「他者からコントロールされている」、と判断しますので、

 

その結果、不満が募ってしまいます。

 

ですから、この階層に居ると苦しいだけなのです。

 

 

Aさんは「でも会社から言われたことは、やらなきゃならないんじゃないですか?」と言います。

 

そうですね。

 

ですから「〇〇から言われたからやる」から、

 

「自分の意志でやる」階層まで進むには、どうするかを考察する必要があるのです。

 

 

幾らでも方法はあります。例えばお互いに納得のいくまで話し合う。

 

「自分の意志でやると思えるところまで」徹底的に話し合う。

 

目的は、自らの意志で行動を起こす為の「意志力」を発動することです。

 

 

昨年、これをAさんはやりました。

 

それまでは、ただ一方的に上司の「高圧的な指示(とAさんは感じていた)」を

 

「聞いている振りをしていただけ」でした。

 

「どうせ分かってもらえない」と、否定的な想いにかられていたから。

 

でも1度、自分の気持ちを伝えてみた。

 

その結果、上司のAさんに対する態度や話し方まで変わった。

 

何故でしょうか?

 

 

Aさんが自分の気持ちを伝えるまでは、

 

上司はAさんの事を理解しようとしても、心を閉じているAさんから何の情報も得られないので、

 

自分の捉え方でしかAさんを判断、評価できなかったからですね。

 

その結果、覇気が無い。やる気が感じられない。仕事にミスが多い。

 

仕事を一定量をこなすのに時間がかかりすぎる。効率が悪い。責任感が無い等々、

 

そういう情報をAさんの態度からピックアップしたわけです。

 

「仕事がスムースにいかない原因と、責任の全てはAさん本人にあると判断した」わけですね。

 

当然の事です。

 

Aさん以外の他の人たちは、「やっている(ように見える)」わけですから。

 

人の脳は「自分の五感から得た情報」と「比較」で、全てを判断します。

 

 

そこでAさんは自分の想いを上司に伝えた。

 

それで上司は合点が行くことが出てきた。

 

それまでAさんが仕事ができなかった全ての責任が、彼にあるわけではないことが理解できた。

 

 

それまではAさんに「会社の言う通りにやって、どのように感じますか?」と聞くと、

 

「あまりやる気が起こらない」「仕方なくやっている」。

 

そんな答えがAさんから帰ってきました。

 

そう感じた時点で、策を講じないのは何故ですか?

 

 

ひとりでは、どうしたら善いか分からないからですよね。

 

これもまた当然です。

 

その階層に居る人は、自分を客観視できませんから、

 

「傷ついた自己内自己」の影響で、自分を被害者、相手を加害者、としか見ることができないので、

 

ポジティブな考えが生まれてこないのです。

 

 

その壁をブレークスルーするには、仲間のサポートが必要なのです。

 

利害関係の無い仲間が。

 

そして、ほんの少しあなたよりも前を歩いている仲間が。

 

同じ階層の仲間は、あなたと同じようにしか考えられませんから、

 

マイナスは、幾ら足してもマイナスの答えしか導き出すことはできません。

 

簡単に言うと、「共に落ちるだけ」です。

 

 

ですから、あなたが今している体験を、済ませた人に尋ねましょう。

 

「経験は力=叡智」です。

 

けっして自分と同じ階層か、それよりも下の階層に居る人に相談しないようにしましょう。

 

そして、そのほんの少し先を歩いている仲間の手を、積極的に借りましょう。

 

あなたを助けることが、そのひとの成長に繋がるのですから。

 

 

 

| 気づきと学び | 06:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM