気づきと学び | より善き未来のために

気になる体臭

 

昨年位から、

 

それまでに感じたことのないような「体臭」を放っている人が居ることに、気づき始めました。

 

それは結構、強烈な匂いです。

 

他の体臭と異なる点は、匂いがその場に残るということです。

 

その匂いの持主が居た部屋には、空気を入れ変えないと居ることができません。

 

 

いつぞや歩道を歩いていたら、その「匂いの塊」にぶつかりました。

 

そこには誰も居ないのです。それなのに、「匂いの人型」があったのです。

 

私が通りかかる前に、そこに立っていたのでしょうね。

 

数分して戻った時にも、相変わらず、その「匂いの人型」が残っていました。

 

その匂いは強烈なので、なかなか消えません。

 

 

よくよく気をつけていると、

 

その匂いを放っている人は男女の区別なく、小さな子供も居ます。

 

そういう人が歩いてくると、3〜4m先からでもハッキリと分かります。

 

昨日もひとり遭遇しました。

 

以前そのような体臭の人に会った事がありませんから、これは最近の傾向なのでしょう。

 

「傾向」、それはひとつのサインですから原因を精査してみました。

 

 

原因のひとつに該当したのは「感情」でした。

 

不平、不満。憎しみ。妬み。

 

でもそんな感情を持っている人が、誰でもこの匂いがするわけではなく、

 

それらの感情+人工添加物を多く口にしている人から発せられる匂いなのです。

 

コンビニやダ〇ソーで食べ物をよく購入する人や、

 

ファミリーレストランでよく食事をする人は、要注意なのかもしれません。

 

 

小さな子供は、母親の胎内に居た時に受け継いだものかもしれません。

 

もしもそれが彼ら本人のものなら、

 

親はその子に添加物の入ったものを、たくさん食べさせているということですし、

 

その子たちは、内側に不平や不満の気持ちや、

 

既に憎しみや妬みの感情を抱えていることになります。

 

それは家庭の問題を表しています。

 

ひとは心に傷を受けた時に、「思考のフィルター」ができ、

 

脳はそのフィルターを通して物事を考えます。

 

ですから、冷静な判断が難しくなってしまいます。

 

その思考を手離すことが「人生の学び」になるわけですが

 

そこに至るまでは少し辛い人生を過ごすことになります。

 

 

また、病気の多くはその人の感情に由来します。

 

不平、不満。憎しみ。妬みと言った感情は、その人の心を傷つけ、

 

ストレスのためにやがては肉体をも傷つけます。

 

 

自分の体臭に気づいたら、自分の内側の声に耳を傾けてください。

 

もしかしたら、それは病気のサインかもしれません。

 

 

病気に特有の匂いがあることは、今や常識です。

 

糖尿病患者は、摂取した糖の分解が進まなくなるので、尿や汗から甘い匂いがするそうですし、

 

腎機能障害の場合は、アンモニアの匂いがするとのこと。

 

 

勿論腫瘍も特有の匂いを持っています。

 

そこで、癌を匂いでかぎ分ける「がん検知犬」を育てているのですが、

 

日本ではまだ実戦配備と言う所までは進んでいません。

 

まだまだ研究段階です。

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8C%E3%82%93%E6%8E%A2%E7%9F%A5%E7%8A%AC

 

https://www.sankei.com/life/news/170622/lif1706220029-n1.html

 

 

先にも書きましたが、肉体の病気だけが匂いを放つかと言うと、そうではありません。

 

「感情」も匂うのです。

 

匂いは、あなたの心からのSOSかもしれません。

 

 

統合失調症の人は、脳から分泌されるドーパミンの量が微妙に減るので特殊な匂いがし、

 

自律神経失調症のひとは、炊き立てのご飯の匂いがするそうです。

 

 

知り合い(Aさん)が癌を患って、最後の数か月を過ごした部屋に入ったことがありますが、

 

あまりの異臭に息ができませんでした。

 

それは癌細胞の匂いだけでなく、亡くなる前のAさんの感情の匂いが混じったものなのです。

 

その部屋はAさんが事務所に使っていた部屋で、最後に病院で息を引き取るギリギリまで、

 

ひとりで寝起きしていたのだそうです。

 

そんな状態になっても、彼の妻は彼の面倒を看ようとしませんでしたし、

 

娘も会ってくれなかったそうです。

 

どんな想いでAさんが最後の数か月間を過ごしていたか、想像してみてください。

 

心が生み出した地獄の中で、生きていたような感覚がしたのではないでしょうか?

 

その部屋の匂いは、この世のものとは思えませんでした。

 

 

「怒り」も強烈な匂いを放ちます。

 

ある時Bさん(女性)が、とんでもない匂いと共に事務所に入ってきたことが有りました。

 

経験したことの無い匂いなので、形容のしようが無いのですが、とにかくひどい匂いでした。

 

彼女は平静を保っていましたが、よくよく観ると、

 

内側にとてつもない怒りを抱えていることが分かりました。

 

何があったのかは尋ねませんでしたが、Bさんは普段感情の起伏が平坦な人なので、

 

余程の事があったのでしょう。

 

 

これらは体中から発散する匂いですが、

 

脇の匂いだけでも、理由があるのです。

 

制汗剤で止めることを考えるだけでなく、その理由についても想いを傾けてください。

 

制汗剤に含まれている塩化アムミニウムには、乳がんの発症リスクも指摘されていますし、

 

銀イオンは強い毒性が指摘されています。

https://biz-journal.jp/2016/07/post_15797.html

 

制汗剤の長年の使用による、アツルハイマーの発症も懸念されています。

 

匂いを感情と体からのSOSと捉えて、簡単には考えないようにしたいものです。

 

| 気づきと学び | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

あなたの人生を決めるもの

 

リンカーン(2019.05.07参照)も言っているように、

 

あなたの人生を決めるものは、「自己意志決定」以外の何ものでもない。

 

初期の宇宙工学をけん引した科学者のひとりであるベルナー・フォン・ブラウン博士は、

 

はるか以前、月旅行などSFの世界と思われていた頃、

 

「月までロケットを飛ばすには、何が必要か?」という記者の問いかけに、

 

「それは、意志だよ」と答えている。

 

 

月へ行くという意志。

 

月へロケットを飛ばすという意志。

 

月へロケットを着陸させるという意志。

 

ロケットの搭乗員たちを、無事に地球へ帰還させるという意志。

 

そして、それらを疑う気持ちが寸分もなければ、これらの「夢」=「意志」は実現される。

 

 

実現を阻むものは「疑いの気持ち」だ。

 

その気持ちの大元には「不安」がある。

 

そして、全ての不安には原因がある。

 

その原因を、自分の意志によって取り払う。

 

その後には、「できる」という確信だけが残る。

 

 

そしてもうひとつ、何かをやり遂げた人たちに共通しているのは、

 

「ワクワク感」があることだ。

 

そのことを考えただけで、ワクワクしてしまう。

 

楽しくてしょうがない。

 

だから眠らなくても良いし、ご飯を食べなくてもいい。

 

できないことをどうしたらできるようになるのかを考えている、「今」に充実感がある。

 

 

今に充実感が無い人は、人生の波に呑み込まれそうになっているかもしれない。

 

自分の人生に明確な目標が無ければ、舵をどっちに切っていいかわからないからだ。

 

舵の定まらない船は、大海を彷徨うしかない。

 

如何に荒れ狂った海であっても、目的地に辿りつくという強い意志が、乗り越える力となる。

 

人生を如何なるものにするかは、「意志」によるのだ。

 

 

 

 

https://suwn21.com

PCでCategoriesの以前の書き込みをお読みになる場合は、一番下のページの最後にある

| PAGES | >>| Page top  の>>をクリックしてください。前のページに移行します。

youtube ← 音声をONにしてお聴きください

===================================

★陽の氣本舗 https://yohnoki.com

 

 

 

 

 

 

 

| 気づきと学び | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

あなたの人生を創っているもの

 

あなたの人生は、あなたの思考によって創られている。

 

 

老後のお金を心配をしているひとは多いことだろう。

 

だがしかし、心配する度毎に「あなた自身によって」

 

「お金に困っている自分の未来を、せっせと創り出している」ことを知っているだろうか?

 

そうなりたくないと言いながら、そういう未来を自分で創っている。

 

 

不安な思いや否定的な思考に捉われている人が、それが実現すると必ず言う言葉がある。

 

「やっぱり!だから、私が言ったじゃない!そう思ったのよ!」

 

その通り。

 

その「現実」は、あなたが、あなたの思考の力によって創り出したものなのだから。

 

 

不安や否定的な思考のエネルギーは、強力だ。

 

全ての事はまず実相界(目に見えない世界)で起こり、それが三次元で具現化する。

 

実相界には否定的なものは存在しないし、「こちらの都合」は忖度されない。

 

だからあなたが脳で、潜在意識で、強く思っていること、

 

この場合は「将来お金に困ること」が「あなたが求めている願い」となる。

 

 

その問題に対する怖れ、不安が強ければ強いほど、その願いを実現させる力は強大なものとなる。

 

ご守護体(神々さまと言い変えてもいい)は総力を結集して、

 

あなたの望みをかなえようとするだろう。

 

このまま不安を抱え続けていけば、その「強い望み」は、簡単に実現されることになる

 

 

では、「あなたの望みを実現しないために」、いったいどうしたらよいのだろうか? 

 

あなたは、もうその答えを知っているはずだ。

 

 

そんなことは考えないようにする?  

 

そんなことができるだろうか?

 

考えないようにしようと思っても浮かぶのが、「不安や否定的な想い」だというのに。

 

では、いったいどうしたらよいのだろうか?

 

 

あなたの魂霊(たまひ)は、その答えを知っている。

 

全ての答えは「外側には存在しない」。

 

あなたの内側にこそ、全ての答えがあるのだ。

 

誰かに訊くのではなく、自分自身(脳ではなく本体)に訊けばいい。

 

あなたは、不安を抱えながら生きることの愚かさに気づくことだろうし、

 

幸せな未来を、自ら創りだせることも確信するだろう。

 

 

 

 

 

 

| 気づきと学び | 19:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

迷った時の打開策

 

「できる」

 

「それをやる」と、決断せよ。

 

 

 それからその方法を見つけるのだ。

 

- エイブラハム・リンカーン -

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

ひとの脳は「やらない理由」「やれない理由」を探し出す天才だ。

 

あれが無いからできない。これが有るからできない。

 

だから、脳に訊いてはいけない。

 

脳に任せておいたら、100年経っても何もできない。

 

行動を起こすには、自己決定することだ。

 

「やる!」と自己決定する。

 

そして言葉に出して、意志の発動をする。

 

そうすれば、自ずと道(方法)は現れる。

 

 

| 気づきと学び | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

自己と自我の違いー川田薫

      

 

井筒先生は亡くなられていますが、「井筒俊彦著作集(12)」は全十何巻もあります。

 

私は、その中の「東洋哲学」だけが手に入らなかったので、

 

図書館に行って全文コピーをして眺めていたら、いろいろなことがわかってきたのです。

 

それで、仏教をやっている人達が自分を眺めた時に、

 

どのように捉えたのだろうか、そういう立場で仏教をずうっと眺めてみると、

 

これはもう本当に以外や以外です。

 

自分という自我、特に「自我」という形で捉えるのですが、

 

「自己」とはなかなか捉えないのです。

 

自己と言った時には否定できないのですが、自我ならば否定できる。

 

俺が俺が、と自己主張する自分は消したいですね。

 

そこを修正して、そういう意識を持たなくすることはできますが、

 

自己という他と違う自分は否定ができないわけです。

 

でも、そこを仏教ではうまく表現できないですね。 川田薫談

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

自己は唯一無二の自分だから、否定できない。

 

私たちはこれを「本体」、または「魂霊(たまひ)」と呼んでいます。

 

でも自我は自己主張と置き換えることができ、それはエゴとも言い変えられる。

 

自我から悩みや苦しみが生まれてくる。だから「自我」を消したい。

 

本体が表に表れている時は心は平穏で、正しい選択ができています。

 

自我が表に浮いてきた時は、イライラが募ったり、不満な想いに捉われます。

 

自我は過去生の残り香(思い)の影響も受けますし、

 

今生の「傷ついた我」=自己内自己の影響も受けます。

 

私たちの中には、大きく分ければ自己と自我が存在するわけですが、

 

自我は沢山の人が居るようなものですから、こちらが騒ぎ出すと喧しくなって、

 

心が落ち着かなくなるのです。

 

この自我を手離すことを、仏教の世界では「悟る」と言います。

 

この悟りの境地に至りますと、心が鏡面のように静かになるのです。

 

自分の外側では風が吹き荒れていても、その影響を全く受けずに穏やかでいられるのです。

 

求めれば、そこへ至る「みち」はあるのです。

 

 

https://suwn21.com

PCでCategoriesの以前の書き込みをお読みになる場合は、一番下のページの最後にある

| PAGES | >>| Page top  の>>をクリックしてください。前のページに移行します。

youtube ← 音声をONにしてお聴きください

===================================

★陽の氣本舗 https://yohnoki.com

 

 

 

 

| 気づきと学び | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

今年は三度開いた稀有な年

 

今年は「陽の三度開き」という、歴史上初の鏡開きが行われましたね。

 

お気づきですか?

 

新暦での年明けと、旧暦での節入り。そして平成から令和への幕開け。

 

31年前の昭和から平成は「祓いの為の移行」でもありましたから、

 

今年のような「陽の三度開き」は無いわけで、こういう時代に巡り合うように、

 

私たちひとりひとりが計画を立てて生まれてきているのですから、

 

それぞれに、意味があってのことでしょう。

 

是非それを想い出して、これからの人生に生かして頂きたいと思っています。

 

 

時代のエネルギー、スピードアップの兆し

 

 

それにしても穏やかな年明けですね。

 

令和を、私たちがどんな時代にしていくか。

 

今夜、じっくりと考えてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

| 気づきと学び | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

「ありがとう」が病を遠ざける

 

「ありがとうございます」と日々心を込めて言っている人には、病は依りつかない。

 

「ありがたい」は、「有り難い」のです。

 

起こったことが有り得ないほど稀有なことだ、奇跡のようだ、と感じて

 

その感動を言葉にしたものが「有り難い」です。

 

ですから「有り難い」には、とてつもない気づきと深い感謝の想いが込められています。

 

そのエネルギーが病を遠ざけ、人生を好転させます。

 

言葉だけの心のこもらない「ありがとう」と、

 

衷心(心の奥底・眞中心)から感動と共に出た「ありがとう」とでは、

 

エネルギーが違います。

 

 

あなたは日常的に、「それ」があり得ないことだと気づいているでしょうか?

 

そして「ありがとう」を使っているでしょうか?

 

 

「誰にありがとうを言いたいですか?」の問いに、

 

5歳くらいの男の子が、

 

「おかあさん」と言っていました。

 

「どうして?」と言うと、

 

「いつも美味しいご飯を作ってくれるから」

 

その顔は、とっても嬉しそうでした。

 

いつもおかあさんの手料理を食べる度に、この子は感動しているんですね。

 

「一番好きなのは何?」

 

「カレーライス!」

 

よかった、ですね。

 

 

 

 

 

https://suwn21.com

PCでCategoriesの以前の書き込みをお読みになる場合は、一番下のページの最後にある

| PAGES | >>| Page top  の>>をクリックしてください。前のページに移行します。

youtube ← 音声をONにしてお聴きください

===================================

★陽の氣本舗 https://yohnoki.com

 

 

 

| 気づきと学び | 06:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

人間っていう生きものは

 

人間ていう生きものは、本来「薄汚い」ものなのです。

 

 

やさしさとか、相手を労わる気持ちとか、そんな感情は時折顔を見せるだけで、

 

24時間の内のほとんどの時間は、嫉妬や軽蔑や驕りや優越感、

 

そんなエゴが頭の中で渦巻いている。

 

 

ある意味、その薄汚さこそが言葉を変えると「人間らしさ」なのだ。

 

「自分は良い人だ」と思っている人間は、残念ながら救われない。

 

それは幻想だからだ。

 

 

やがて、その幻想と現実の自分とのギャップに、苦しむことになる。

 

自分の中に「汚さ」を見つけた時に、そうではないはずだという「妄想」とがぶつかり合うからだ。

 

その妄想は理想であって、現実ではない。

 

こうして、「自分は良いひと」だと思っているひとは、無限ループの地獄を創りだす。

 

 

まず、今在るままの自分を「見る」ことだ。

 

そして否定しないこと。

 

否定するから受け入れられない。

 

否定するから、そこから逃げようとする。

 

逃げても逃げられないのだ。

 

だって、それが「今のあなた自身」なのだから。

 

 

逃げる人には、終生苦しみがつきまとう。

 

一度自分を苦しめたら、その先には別の苦しみが待っている。

 

だから今の有りのままの自分を、あれこれ言わずにギュッと抱きしめよう♪

 

考えるのは、それからでいい。

 

 

 

 

 

| 気づきと学び | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

自立してるひとって

自立しているひとっていうのは、「自分で決められるひと」のこと。

 

なんでも他者のせいにして自分で決められないひとは、依存しながら生きているひと。

 

 

自立していないひとの頭の中を見てみると、良いことは全部「自分のお陰」。

 

悪いことは「全て他者のせい」。

 

 

 

被害者意識に苛まれているひとは、いつも自己弁護にやっきになる。

 

「私は正しい」「私は悪くない」を連発し、周囲の人に同意を求めて、

 

嫌がられていることにも気づけない。

 

今の「韓国社会の考え方」と言えば、分かり易いかもしれない。

 

 

不幸の種を自分で播いていることを、想像することすらできない。

 

お金が無いのも、人生が上手くいかないのも、結婚できないのも、

 

全部誰かの(何かの)のせいにして、「理想」は語るけれど、努力はしない。

 

だからその「理想」は、いつまで経っても手には入らない。

 

やっぱりそれも、

 

「私って運が悪いのよね」「俺って、上司に恵まれないんだよ」で、済ませたい。

 

 

自立していないひとは、自己憐憫と他者批判が大好きだ。

 

それでも、仕事、お金、若さ・・・、何かがある内は、側に誰かは居てくれるだろう。

 

何もなくなった時、気づけば「あなた」は独りぼっち。

 

年をとってからの「独りぼっち」ほど、辛いものは無い。

 

 

自立しているひとは、この世の全てが「お蔭さま」でできていることを知っている。

 

寒さや暑さを凌げる暮らしができることも、毎日ご飯を食べられることも、

 

「お蔭さま」の働きがあってのことだと知っている。

 

だから日々小さな変化に気づいたり、感謝の想いが溢れてくる。

 

そんな「幸せな」生き方を選びたいものだ。

 

 

https://suwn21.com

PCでCategoriesの以前の書き込みをお読みになる場合は、一番下のページの最後にある

| PAGES | >>| Page top  の>>をクリックしてください。前のページに移行します。

youtube ← 音声をONにしてお聴きください

===================================

★陽の氣本舗 https://yohnoki.com

 

 

| 気づきと学び | 06:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

きちんと死に逝く様を見せた方がいい

 

核家族が当たり前になって久しい。

 

そのせいで、子供たちが死を間近に感じる時期が遅くなっている。

 

祖父母と同居なら、小さい頃から死と向き合える。

 

頭が柔らかい内に、死という儀式と向き合うことはとても重要なことだ。

 

死は、生きることの裏返しだから。

 

 

死を考える時には、逆に生きることについて考える。

 

生きることについて考える時には、如何にして死を迎えるかについても考える。

 

死ぬことは、怖いことでも何でもない、自然なことなのだと思えることは有り難いことだ。

 

 

魂(たま)が抜けた後のボディが美しいかどうかで、そのひとの死にざまが分かる。

 

人間は醜く死ぬこともあるし、美しく死ぬこともある。

 

美しい死にざまをしたひとの顔は、眞(まこと)に神々しく光り輝いている。

 

 

「親」は死にざま(=生きざま)を通して、最後の「教え」を子孫に残すことができる。

 

家族の老いていく様を、そして死んでいく様を、

 

隠さず、子供たちに体験させてあげられる社会でありたいものだ。

 

 

 

https://suwn21.com

PCでCategoriesの以前の書き込みをお読みになる場合は、一番下のページの最後にある

| PAGES | >>| Page top  の>>をクリックしてください。前のページに移行します。

youtube 音声をONにしてお聴きください

===================================

★陽の氣本舗 https://yohnoki.com

 

 

| 気づきと学び | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM