より善き未来のために

金大偉イベント紹介

この度、10/27【土】の午後14時より、

私が7年間かけて制作したドキュメンタリー映画「ロスト マンチュリア サマン」の

トークイベントを行います。失われゆく満洲族の信仰や精神とは何か、

失われる満州語の現状及び民俗文化の行方について探求します。

映画の一部の上映、満洲族の民歌や神歌を再構築した楽曲を視聴しながら、

創作の深層と歴史の時空を考えます。

また、美味しいお料理も楽しんでいただきたいと思います。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

           金大偉

 

 

 

KIN TAII ART MEETING 第四回

 中国・満洲「シャーマン」 失われる神秘なる世界

【金 大偉アートミーティング】第四回 音楽・映像鑑賞会/講演/食事

 この芸術イベント 、映像、文学、音楽、美術、哲学、宗教、社会などについて、参加者と一緒に考え、語り合い共有する金 大偉 定期的な「芸術論壇」である。

 第四回 金大偉が10年間をかけた「シャーマン」が テーマです。失われ満洲族 信仰文化や言語 取 材、満洲民歌 収録などについて、また映画やCD 制作におけるそ軌跡 全貌を明かします。映画 一部上映とCD音楽 鑑賞を行います。なお美味しい中華料理と、貴重な中国茶を堪能して いただく。

 日 時:10月27日(土)開場13:30・14:00〜17:00

主 催:一般社団法人TOUR ASSOCIATION 共 催:TAII Project

参加費:3500円(食事・中国茶付) 

連絡先:090-9245-6048(簡/かん) 

会 場:アイニンファンファン(03-5210-3587)

アクセス:http://www.aini-fanfan.com/access.html

※千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビルB1
※ FM東京ビル隣り、グランドアークホテル斜め前 ※半蔵門駅1番・6番出口より徒歩2分

セミナー情報:https://www.facebook.com/events/2163392363934507/

 

金大偉作曲作品 火風水(ひふみ) 

ご購入は陽の氣本舗へ

9Elements9ELEMENTS ☚ご購入は

★細胞レベルからの癒しが体験できます。

 

| 金 大偉 | 15:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

闘うことの間違い

癌になったら、「闘わなきゃいけない」感覚になるでしょう?

 

 

でも本当は、闘わない方がいい。

 

闘うと勝ち負けになるから、どちらかが倒れてしまう。

 

普通は人間の負け。

 

だって、人間はあれこれ考えてしまうから。

 

考えるから負けてしまう。

 

 

癌細胞は、考えない。

 

ルンルンしながら、どんどん増えていく。

 

人間は不安なことばかり考えて、どんどん小さくなっていく。

 

だから人間の負け。

 

 

闘わないで、仲よくしたらいいのに。

 

助け合うっていうのかな? そんな感じ。

 

 

癌細胞だって、最初から癌細胞じゃない。

 

途中でポコって変容しちゃう。

 

普通のお隣さんが、ある日突然「迷惑なお隣さんに変貌する」ような感じ。

 

初めは、普通の面倒見の良いおじさんだったのに、

 

ある日突然、

 

とんでもない「迷惑なお隣さんになった」っていう話、時々聞くよね?

 

 

途中でへそを曲げる。

 

「えっ?なんで突然こうなるの?」と思うでしょう?

 

でもお隣さんには、お隣さんの言い分がある。

 

 

みんなの為にと思ってゴミの分別もしていたのに、

 

「ゴミを触られるの、なんか嫌よね」「やめてくれないかしら」なんて蔭口言われて、

 

お隣さんにしてみれば、最初に邪魔者扱いしたのは周囲の方。

 

だから傷ついちゃって、悲しくなって、怒りが噴出してくる。

 

 

裁判(手術)したって、なりを潜めるのはその時だけじゃない?

 

またモソモソと動き始めて、元の木阿弥。

 

だって心(細胞)が傷ついているから。

 

迷惑なお隣さんが迷惑でなくなる方法は、ひとつだけ。

 

仲良くなること。

 

仲良しには迷惑行為なんかしない。喧嘩は売らない。

 

 

闘ったらダメなんだ。

 

コミュニケーションが大事。

 

昔から、「話せばわかる」って言うでしょう?

 

 

話しが通じる相手じゃない?

 

そうかな?

 

話し方が悪いと思うよ。

 

相手の話もしっかり聴いてみた?

 

「聞く」だけじゃだめなんだ。傾聴しないとね。

 

何でも「お互い様」なの。

 

どちらか一方だけが悪いことなんて、絶対あり得ない。

 

 

癌細胞に力を与えるのは、「感情」なのね。

 

悲しさ、哀しさ、苦しさ、辛さ、後悔、くやしさ、恨み、嫉妬・・・。

 

そんな感情。

 

癌になったら最初にすることは、自分に謝ること。

 

「我慢しすぎたね。ごめんね」。

 

「頑張りすぎたね。ごめんね」って。

 

 

あとは、毎日体に話しかけながら、楽しく過ごせばいい。

 

考えると癌細胞に力を与えちゃう。

 

だって悪いことばっかり考えるから。

 

だから、考えない。

 

そして、楽しいことばかりやってみる。

 

 

死はこわくないんだよ。

 

毎日寝るでしょう?

 

あんな感じ。

 

次の日に起きるまで、私たちは「死んでいる」んだから。

 

死って、あんな感じ。

 

そしてまた生まれてくる。

 

その繰り返し。

 

 

苦しんでも一生。楽しんでも一生。

 

楽しい人生がいいんじゃないかな?

 

そうでしょう?

 

 

| 気づきと学び | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

あなたは考える葦ですか?

ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった、

 

京都大高等研究院特別教授の本庶佑さんの言葉に、

 

私は大きく頷きました。

 

 

「教科書を信じてはいけない。

 

ネイチャー、サイエンスの論文も10年たてば残って1割。

 

自分の目で確信できるまでやる。自分の頭で考えて納得できるまでやる。

 

それが大事。」

 

 

この最後の部分が重要です。

 

学問は、疑う(疑問を持つ)所から出発します。

 

疑わなければ何も始まらない。

 

論文を疑わない学者は、学者とは言えません。

 

 

これを私たちの立場に置き換えると、ブランドに惑わされるな、ということですね。

 

ブランドに惑わされずに、そこに書かれていること、言われていることを

 

吟味する力を蓄え、確信できるまで吟味しなさいということ。

 

 

ブランドというのは表看板で、歴史は有るかもしれませんが、

 

今現在、中身があるかどうかを示しているモノではありません。

 

中身を吟味せずに、

 

ブランドで、その中身まで信じるような生き方をしてはいけないのです。

 

 

TVにしろ、新聞にしろ、〇〇さんの言葉にしろ、

 

情報に触れた時に、その真偽を読み解く力がこちらに無いといけない。

 

読み解く力が無いから思いこんでしまうし、思い込まされてしまう。

 

知らず知らずの内に、洗脳されてしまう。

 

 

Aの情報に触れたら、反対のBの情報にも触れてみる。

 

常に疑問を持つ。その姿勢が大事。

 

自分の考えにも、疑問を持つ。それが大事。

 

そうじゃないと、自分の脳にコントロールされてしまいます。

 

 

「自分の脳にコントロールされる?」

 

そんなことがあるの?!と思っているあなた、大丈夫ですか?

 

これが一番の問題なのです。

 

あなたは「自分の考えだ」と思っているかもしれませんが、

 

本当にそれは「あなたの」考えですか?

 

 

「その考え」を、あなたは論理的に説明できますか?

 

この質問に即座に「はい。できます!」と答えられなければ、

 

それは「あなたの考えではない」ということです。

 

 

しかし多くの脳はそれを自覚できない。

 

脳は脳自身を騙し、あなたはその脳に騙されている。

 

 

そうすると、その脳が言っていることは、

 

誰に、または何に思わされているのかという問題に行きつく。

 

 

あなたはそんなことを考えたことが有りますか?

 

無いですよね?

 

無いはずです。

 

脳は、あなたにそんことを考えさせないようにしているから。

 

だから本庶博士のおっしゃるように、

 

疑って(疑問を持つ)吟味することが必要なのです。

 

 

パスカルは言いました。

 

「人間は考える葦である」と。

 

考えるからこそ人間なのだ、と言っている。

 

ここで言う「考える」とは、

 

感情に揺さぶられず、

 

眞中心(ゼロポイント)に立って360度から考察するという事です。

(感情帯で考えると、自滅します)

 

葦は水の中で、右に左に流されているように見えて、

 

その実、しっかりと地中に根を張っています。

 

「私」があるのです。

 

 

あなたは「考える葦」、ですか?

 

それとも・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 気づきと学び | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

人生っていうのはね、

自分自身との勝負なんだ。

 

弱い自分、

 

自信の無い自分、

 

逃げようとする自分、

 

不平不満ばっかり言う自分、

 

ひとの論評ばかりしたがる自分、

 

そんな自分をどう成長させていくか、

 

それが人生というものなんだ。

 

 

なのに、そこから逃げてどうするの?

 

 

| 気づきと学び | 06:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

信じる理由はある?

目に見えない世界で起こっていることは、

 

全てきちんとした理由があって起こっています。

 

一厘の隙も無い程、きちんきちんとした理由があって起こっています。

 

 

あなたに誰かが理由も伝えずに、「〜〜だよね」と言う人が居たら、

 

「どうして?」とその理由を尋ねて下さい。

 

もしも明確な答えが返って来なかったら、それはハッキリ言って

 

詐欺のようなものです。

 

信じる必要はありません。

 

信じる理由がありません。

 

 

よく「いろんなことが分かる人が居て・・・」と言うひとがいますが、

 

本当にそのひとは「分かっている」のでしょうか?

 

何を持って「分かっている」と言うのでしょうか?

 

こんなことを言うひとも、うやむやなことを信じるひとも、どっちもどっちですが、

 

明確な理由が提示されるまで、私なら鵜呑みにはしません。

 

自分が無いひとほど、そういう言葉に翻弄されてしまいます。

 

気をつけたいものです。

| 気づきと学び | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

中国製割り箸は劇薬漬け?

森林・林業学習館のサイトによると、

 

国内で流通している日本製の割り箸は、3%程度との事です。

 

その殆どは中国で生産されています。

 

外食産業のほとんどの店では、中国製を使っています。

 

勿論、コンビニも状況は同じです。

 

単価が日本製に比べて、7分の1程度と格安だからです。

 

 

 

この中国産の割り箸は、防腐剤や防カビ剤の入った水槽に漬けて、

色の濃い芯に近い部分は漂白して、

 

日本人が割り箸に対して持っているイメージに似せるように加工しているとの事です。

 

「偽物」は、どこまで行っても偽物に過ぎません。

 

偽物は、偽物として勝負をすればいい。そう思いませんか?

 

輸入業者がそうするようにと指導しているのか、

 

中国国内の製造業者が売り上げをあげる為にそうしているのか?

 

どちらもでしょうが、

 

こういう浅知恵が、結果的に全てのモノを壊すという想像力に欠けている。

 

 

東京都健康安全センターでは、これら割り箸に含まれる添加化学物質の溶出実験を行​い、

 

日常的な利用にはほとんど影響がないという見解を出しています

 

 

「ほとんど」という言葉が気になりますね。

 

「全く」ではなく、影響は「あるけれど、ほとんど無いと考える」ということですね。

 

無いと考えるのは、私たち人間に備わっている「自然治癒力」に期待しているからです。

 

自然治癒力はどこまでも発揮できる力ではなく、

 

限界があり、その能力を超えた時に、肉体に「症状」として現れます。

 

それを訴えても、「因果関係は認められない」と言われることでしょう。

 

因果関係を証明するのは至難の業です。

 

証明したとしても、失われた健康は戻ってきません。

 

 

上記サイトによると、日本製の割り箸を導入する取り組みが、

 

デニーズは1997年から、ナチュラルローソンは2004年から、

 

ミニストップは2006年から始められているとのことです。

 

ですが、依然国内で使われている割り箸の97%は、

 

中国を初めとした海外産である事実に変わりはありません。

 

 

何を使うかの選択は「あなた」に任されていますが、

 

正しい情報を知ることなしに、正しい選択はできません。

 

それが、ここにこの現実を載せている理由です。

 

よく調べて、よく考えて、選択したいものです。

 

 

 

 

 

 

 

| 安心安全な衣食住 | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

南部鉄器があなたを救う?

最近再び、南部の鉄鍋を使い始めました。

重いので、戸棚の奥に仕舞い込んでしまっていたものです。

 

ですが以前書いた体験を通して、手軽で便利なものを手にすると、

 

大切な何かを失うことに改めて気づかされました。

(2018.08.04 Saturday 2018.08.09 Thursdayの記事をご参照ください。)

 

 

昔は、どこの家にも鉄鍋や鉄瓶があったものです。

鉄器を使うことで、自然に鉄分を摂取できたわけですね。

 

 

鉄分が不足すると貧血になることは知られています。

 

その結果、体調不良に陥る。

 

イライラも鉄分不足と言われています。

 

 

ですが、鉄分不足を補うためにサプリメントを常用することは、

 

あまりお勧めしません。

 

鉄分は摂取量が多すぎても、鉄分不足と同じような状態になると言われているからです。

 

鉄器を使うことで自然に摂取できる方法があるのですから、

 

こういうものを、日々の生活の中で生かしては如何でしょう?

 

 

日本には「南部鉄器」という、優れた鉄器があるのです。

 

「扱いにくいから」「高いから」と、易きに流れると大切なモノを失います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 安心安全な衣食住 | 14:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

金 大偉イベントのお知らせ

この度9/29【土】の午後より「TOMPA」〜中国雲南少数民族ナシ族の文化〜
のセミナーを行います。象形文字「トンバ文字」で知られる

中国雲南の少数民族「ナシ族」をテーマに、

その音楽、文化、歴史などにスポットを当て、

音楽作品「TOMPA」三部作をセレクトし、取材当時の映像とともに鑑賞します。

自然と原風景、アニミズムそのものである現地の地域文化などについて、

また現地での音楽体験や取材のエピソードの話しもさせていただきます。

同時に美味しい中華料理と中国少数民族地域の中国茶を堪能していただければと思います。

皆様のご参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。

                           金大偉

◆KIN TAII ART MEETING◆
【 金大偉アートミーティング 】
音楽・映像鑑賞会/講演/食事付

この芸術イベントは、映像、文学、音楽、美術、哲学、宗教、社会などについて、参加者と一緒に語り合い共有する金 大偉の定期的な「芸術論壇」である。

第三回は、象形文字「トンバ文字」で知られる中国雲南の少数民族「ナシ族」をテーマとし、

その生活、文化、芸術、歴史にスポットを当て金 大偉の音楽作品「TOMPA」三部作を、貴重な映像とともに鑑賞する。 

なお美味しい中華料理と、貴重な中国少数民族地域の中国茶を堪能していただく。

■第三回「TOMPA」 中国雲南少数民族ナシ族の文化

◆日  時:9月29日(土)開場13:30・14:00〜17:00
◆主  催:一般社団法人TOUR ASSOCIATION
◆共  催:TAII Project
◆参加費:3500円(食事・中国茶付)
◆連絡先:090-9245-6048(簡/かん)
◆会  場:アイニンファンファン(03-5210-3587)
 ※千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビルB1 
 ※ FM東京ビル隣り、グランドアークホテル斜め前
 ※半蔵門駅1番・6番出口より徒歩2分


◆お問合せ・お申込み先
簡憲幸
chien0008★hotmail.co.jp  ★→@

フェイスブック・イベントページ
https://www.facebook.com/events/2113301478934639/

 

=================================

 

 

http://suwn21.com

youtube 音声をONにしてお聴きください

===================================

★陽の氣本舗 http://yohnoki.com 

金大偉CD販売中

★ロゴストロン・陽の氣本舗 http://logostron.com/yohnokihonpo

Categoriesの以前の書き込みをお読みになる場合は、一番下のページの最後にある

| PAGES | >>| Page top  の>>をクリックしてください。前のページに移行します。

 

 

 

 

| 金 大偉 | 07:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ああ、勘違い!

「伝えたこと」が「伝わるわけではなく」、

 

「伝えられたこと」を「理解しているわけでもない」。

 

 

しかしひとは、

 

「伝えたいこと」を「伝えたと思い込み」、

 

「伝えられたこと」を「理解したと思い込む」生きものである。

 

 

「伝えたいこと」を「伝えられるようになる」には、

 

どうしたらよいのか、

 

「伝えられたこと」を「そのまま理解する」には、

 

どうしたらよいのだろうか?

 

 

よくよく考察のこと。

| 気づきと学び | 14:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

素敵に逝かれましたね

女優の樹木希林さんが亡くなられましたね。

 

亡くなられる当日までお元気で、

 

ご自宅で、ご家族と団らんなさっていたそうですが、

 

大きな〇という感じですね。

 

「生ききった」という感じ。

 

 

「生きる」だけでは、まだ足りない。

 

「生ききる」ことが大切。

 

希林さんは、「生ききった方」ですね。

 

そういう方は、この世に未練を微塵も残さない。

 

家族を見守りながら、スッキリとあちらの世界へ逝かれる。

 

「生きざま」も「逝きざま」も、スッキリとしていらっしゃる。

 

誰にも迷惑や心配をかけない。

 

でもご自身は、ちっとも無理をしていないし淋しくもない。

 

こういう「逝きざま」を「大往生」というのでしょう。

 

 

何度かの癌が発症して、

 

全身癌を公表された時に希林さんがおっしゃった言葉

 

「マイナスは、決してマイナスじゃないんでね。

 

マイナスの事も含めて、全部自分の栄養かな」

 

 

私たちも希林さんのように、

 

学びの世界でのこの人生を、しっかりと「生ききり」たいものですね。

 

みちを示してくださった、希林さんのご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 気づきと学び | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM