本日は新嘗祭

重要な宮中祭祀のひとつである新嘗祭が、本日行われます。

 

日本は神々と共にある国です。

 

この新嘗祭は天皇陛下が新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に奉り、

 

自らもこれを食されて、その年の収穫に感謝する大祭です。

 

陛下自らが皇居内の田んぼで御手植えされ、刈り取られたお米を、

 

神々にお供えになります。

 

用意されたものではなく、自ら命を吹き込んだ新米を奉納される。

 

ここが重要ですね。

 

「神の道」には心を込める、眞(まこと)の心を込めることが重要です。

 

 

陛下は新米が市場に出ても、

 

この新嘗祭を行うまでは新米を口にされることはありません。

 

人の前に、神が在るのです。

 

神が未だ召し上がっていないのですから、陛下はお召し上がりにはならない。

 

ボージョレーヌーボーのように解禁になるのを待ちわびて、

 

人間が我先に飲んで楽しむ世界とは階層が違います。

 

 

3次元では今日は「勤労感謝の日」です。

 

皇極天皇の時代(飛鳥時代7世紀)に始まったこの重要な日が、

 

何故「勤労感謝の日」に変わってしまったのでしょうか?

 

それは第二次世界大戦後のGHQの占領政策によるものです。

 

「天皇行事・天皇の国事行為」から国民を切り離す。

 

その為に昭和23年に制定されたのが、「勤労感謝の日」です。

 

私たち日本人の「軸」を潰し、骨抜きにすることが目的でした。

 

勤労感謝という「民の為」「平等」という名目で

 

日本は祝日までをも他国に牛耳られたまま、戦後72年を送ってきたのです。

 

全ての国民の勤労に感謝することは素晴らしいことですが、

 

それは何の為に行われたのか、その理由を知ることは大変に重要です。

 

先の衆議院選挙でも数々見受けられた「論理のすり替え」が、

 

戦後、日本潰しの為に堂々と行われているのです。

 

 

ですが陛下自らが「在りよう」をお示しくださっているのです。

 

形あるものは簡単に潰せますが、

 

形を成さないもので、しかも確かに在るものは、

 

他者が潰そうとしても、簡単に潰せるものではありません。

 

私たちが「頂きます」と言っているのは、省略されていますが、

 

「天地(あめつち)の恵みと諸々の御働きに感謝して、頂きます」

 

ということですね。

 

天地というのは天神地祇、つまり天と地に坐します神々ということです。

 

私たち日本人は知識としてではなく、

 

食べ物を口にする度に感謝を行じているのです。

 

日本人であれば、誰から言われるまでもなく、

 

陛下のお姿に習うことでしょう。

 

今日が新嘗祭という重要な祭祀が行われる日だと知らなかった方は、

 

来年から陛下と共に在ればよいのではないでしょうか。

 

来年が、今上陛下最後の新嘗祭となりそうです。

 

国民の安寧を日々祈ってくださる今上陛下への感謝と共に、

 

神々への感謝と、お米作りに携わった全ての人と働きに感謝して、

 

本日も「頂きます」。

 

| 日本の誇り | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

どっちが運がいいの?

「このハゲ〜!」で一躍有名になった元衆議院議員の豊田真由子氏と、

 

W不倫疑惑騒動で世間を賑わせた元民進党議員の山尾志桜里氏。

 

先の衆議院選挙では、お二人ともそれぞれ所属していた党を離れて、

 

無所属での出馬となりました。

 

豊田氏は前回と比べて4分3の票を落として落選。

 

そして山尾氏は堂々の当選。

 

皆さんに「どちらが、運がよかったでしょう?」と尋ねたら、

 

多くの方は山尾氏と答えることでしょう。

 

でもそう答えた方は現象しか見えていない人です。

 

本質が観えていない人。

 

私たちが生かされているこの世界は、如何に多くの事を学ぶか、学べるか、

 

その一点にかかっています。

 

 

お二人とも東京大学法学部卒のエリートです。

 

子供の頃も、社会人になってからも順風満帆を絵に書いたような経歴です。

 

私たちが体験した「挫折」という言葉は、

 

お二人のこれまでの人生には無かったことでしょう。

 

今回が初めての「向かい風」だったのではないでしょうか?

 

 

ひとりは、心身を病むほど真正面から自分のやったことの結果と向き合い、

 

もう一方は、やっていないと否定することで「乗り切った」。

 

「立派な人」にあるまじき音声が世の中に流布されてしまったことと、

 

写真といういわゆる「状況証拠」しか無いこの二つのケースは、

 

後者の方が3次元的には当然有利ですね。

 

証拠が無いのですから、否定すればいい。

 

元検察官であった山尾氏はその事をよくご存知でしょう。

 

 

今回山尾氏は「逃げ方を知っていたこと」で、反省の機会を失ってしまった。

 

「向かい風」が起こる時は、

 

「立ち止まって、これまでの在りようを振り返りなさい」という、

 

魂霊からのメッセージなのです。

 

 

それができた人と、できなかった人。

 

当然、これから先の人生に大きな開きが生じます。

 

豊田さんもまだまだ「振り返りが足りていません」が、

 

あれほどの向かい風の中で逃げずに「負け戦」に出たことは、

 

素晴らしい決断だったと思います。

 

はっきりと自分の在りようの間違いが顕かになったからです。

 

今回の経験をしっかりとこれからの人生に生かしていけば、

 

「挫折する人の気持ちが理解できるひと」になれるではありません。

 

きっと自分の価値観を子供に押し付けない、いいお母さんになれることでしょう。

 

でも反省しない人は、自らトラブルの種を播き続けてしまうのです。

 

山尾氏の場合は、その兆しがハッキリと出始めていますね。

 

 

自分の考えに固執する人は、自分しか見えません。

 

家族を傷つけ、周囲を傷つけ、

 

潮が引くように周囲から人が消えて独りぽっちになってから気づくのでは、

 

あまりに辛くないでしょうか。

 

「そうなる前に気づきなさい」と、魂霊から日々いくつものサインが出ています。

 

「他者を、我が姿の礎にする」

 

私たちはそう在りたいものだと思います。

 

 

 

http://suwn21.com

youtube 音声をONにしてお聴きください

===================================

★陽の氣本舗 http://yohnoki.com 

★ロゴストロン・陽の氣本舗 http://logostron.com/yohnokihonpo

Categoriesの以前の書き込みをお読みになる場合は、一番下のページの最後にある

| PAGES | >>| Page top  の>>をクリックしてください。前のページに移行します。

| 気づきと学び | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

靖国神社台湾出身戦歿者慰霊祭のお知らせ

11月23日、李登輝学校校友会が靖国神社で「台湾出身戦歿者慰霊祭」 を致します。【要申込み】

 

以下メルマガをご紹介致します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
皆様にはご高承のように、大東亜戦争には約20万人の台湾出身者が軍人・軍属として出征し、3
万304人が尊い命を日本に捧げられました。

 現在、靖國神社にはそのうちの2万7,864人の方々がご祭神としてお祀りされ、日々慰霊の誠が捧
げられております。靖國神社では戦友会やご遺族による慰霊祭を随時斎行しております

 台湾出身者を対象とした慰霊祭は平成17年(2005年)12月4日、私ども李登輝学校日本校友会が
中心となり第1回「台湾出身戦歿者慰霊祭」を執り行いました。

 その後、皆様のご協賛により平成23年から「永代神楽祭」となり、以降、毎年11月23日に行い、
今回は第7回目の「永代神楽祭」と相成りなります。ここに謹んでご案内申し上げます。

 また、慰霊祭の後に靖國神社の近くで懇親会も開きます。併せてご参加のほどお願い申し上げます。

 平成29年(2017年)11月吉日

                  日本李登輝友の会 李登輝学校校友会理事長 渡邊丈夫

                   記

【日 時】 11月23日(祝) 午後1時30分 靖國神社・参集殿に集合

【会 場】 靖國神社本殿 午後2時 永代神楽祭(昇殿参拝)
      東京都千代田区九段北3-1-1 (TEL 03-3261-8326)
      【交通】地下鉄 半蔵門線・東西線・都営新宿線 九段下駅(出口1)徒歩8分
              都営新宿線 市ヶ谷駅(A4出口)徒歩10分
              有楽町線・南北線 市ヶ谷駅(出口1=A-1)徒歩10分
          JR中央線・総武線 市ヶ谷駅、飯田橋駅(東口)徒歩13分

【懇親会】 午後4時〜6時
      *靖國神社に近いお店で開き、飲み放題です。
      *懇親会をキャンセルされる場合は11月21日(火)までにご連絡下さい。

【参加費】 4,500円(玉串料:1,000円、懇親会:3,500円)

【お申込】 お申し込みフォーム、メール、FAXにて
      https://goo.gl/YLbmyj
      E-mail:info@ritouki.jp FAX:03-3868-2101

【主 催】 日本李登輝友の会 李登輝学校校友会
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp
      ホームページ:http://www.ritouki.jp/

| 日本の誇り | 06:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

心が豊かって、こういうこと

https://youtu.be/SIFn-0BaZ0U

 

最後の展開を、あなたは想像できるだろうか。

 

 

 

行動を起こすことで、何かが起こる。

 

一期一会

 

ジョーとえべっさんに感謝!

 

ありがとう

 

 

https://youtu.be/eCuZlswaUNI

 

 

https://youtu.be/pA-5Ic0c1zY

 

| 気づきと学び | 06:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

選挙はエンターテインメントだ

今回の衆議院選挙は、

 

様々な人間模様を観せてくれたという意味で、大変面白い選挙でしたね。

 

特に希望の党と民進党所属議員たちの右往左往ぶりは、

 

あたかも三谷幸喜演出によるドタバタ劇を観ているようで目が離せませんでしたが、

 

私たち国民も、この劇の一角を担った出演者でした。

 

あなたは、このドタバタ劇に参加している自分自身を、どこから観ていたのでしょうか?

 

 

このブログでも何度か書かせて頂いていますが、もう隠せない時代なのです。

 

隠そうと思えば思うほど、その隠したいことが現実化してしまう時代。

 

ですが通常私たちが使っている「脳」は体験型ですので、

 

過去の体験を辿って答えを導いてしまいます。

 

体験したことがないことは想定できない。

 

だからこの古い形のAI(人工知能)は、今回のようにとんでもない答えを導き出してしまう。

 

それが顕かになった選挙でした。

 

 

10月26日のコラムに次のように書きました。

 

小池さんも「創業者」に拘らず、代表者として党員に求められていないのですから、

 

潔く退くべきですが、自己のエゴに執着しているので、全く風を読めなくなっている。

 

この判断ミスが、彼女の政治生命を縮めます。

 

都知事になってまともな仕事を何ひとつしていないのですから、

 

心を入れ代えてしっかり取り組んでいかなければ、彼女の未来は闇です。

 

 

今日、ドタバタ劇の第三幕「私は都知事に専念します」が始まりました。

 

周囲のアドバイスに耳を傾けずに小池さんご自分が固執した「創業者としての責任」を放り投げて、

 

希望の党共同代表を辞すると言うのです。

 

 

判断が遅すぎです。

 

小池さんは8月10日の定例記者会見で、

 

「最後は政策決定者である私が決める。私がAIです」とおっしゃっていました。

 

残念ながら「脳」は、自分が古いAIだと気づかないのです。

 

 

10月23日には、次のようなことを書きました。

 

「脳」というのは本当に稚拙です。

 

「脳」に、新しい風は読めない。

 

だから私たちは魂霊と対話している。

 

「脳」に任せておいたら、全てがボロボロになってしまいます。

 

 

20日には、何故希望の党が希望の持てない党になるのか、その理由を書きました。

 

 

「脳」ではなく、「魂霊が何を求めているのか」、そこに気づくことこそが大事なのです。

 

このドタバタ劇に出演した皆さんが実相の世界を観ていたら、

 

今回のような判断ミスは冒さなかったことでしょう。

 

 

メインロールを演じた小池さんは、

 

今のままでは「東京オリンピックを潰した都知事」という名前を

 

未来に残すことになってしまいます。

 

間違いだと分かった時には素直に反省して、一から仕切り直しをすることです。

 

それを観せられているあなたは、

 

それができるかどうかをあなたの魂霊によって問いかけられているのです。

 

そのことに気づきでしょうか?

 

 

今小池さんには、生きながら生まれ変わるチャンスが来ている。

 

それに気づくことができるかどうか。

 

気づけなければ、任期終了前にまた都知事選挙ということになりますが、

 

それは小池さんを選んだ「あなた」の選択の結果でもあるのです。

 

48億円かけて、再び学ぶということです。

 

 

選挙はエンターテインメントですね。

 

人間の未熟さやエゴが一気に溢れ出してきます。

 

他者を観て、我が事として学んでいく。

 

その絶好のチャンスが、今回の選挙でもありました。

 

それに気づいたあなたは「〇」です。善かった、ですね。

 

 

 

*見る:肉体の目で見る/ 観る:霊眼でみる 

 

http://suwn21.com

youtube 音声をONにしてお聴きください

===================================

★陽の氣本舗 http://yohnoki.com 

★ロゴストロン・陽の氣本舗 http://logostron.com/yohnokihonpo

Categoriesの以前の書き込みをお読みになる場合は、一番下のページの最後にある

| PAGES | >>| Page top  の>>をクリックしてください。前のページに移行します。

 

| 気づきと学び | 16:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Who Spread Misinformation across the World?

Misinformation is currently being spread across the world that Hashima, so-called Gunkanjima and one of “Japan’s Meiji Industrial Revolution” UNESCO World Heritage sites, was an "island of hell". Was it true? Former Hashima Islanders, residents for many decades, testify.

 

(JP) https://youtu.be/LiFudDfxh_s

 

(EN)https://youtu.be/pFcTldugvsw

 

(KR) https://youtu.be/1EsexREE64Y

 

 

炭鉱で働く日本人の姿を写した写真を、撮影者の許可も無く使用した上に、

 

「強制労働をさせられた韓国人」というデタラメなキャプションをつけて

 

世界にばらまいている韓国政府。

 

いつになったら彼らは、こうした行為が自らを貶めていることに気づくのだろうか?

 

 

これらの映像を世界中の言語に翻訳して拡散してください。

 

眞実を知らせるために。

 

<拡散希望の動画>

 崔が世界に誤解を広めたのか」https://youtu.be/LiFudDfxh_s

 

◆崔が軍艦島の犠牲者なのか」https://youtu.be/-H5ZpCch_7c

 

「誰が歴史を捏造しているのか」https://youtu.be/WnshXParsTA 

 

 <英語字幕版 English Subtitles>

 Who Spread Misinformation Across the World?」https://youtu.be/pFcTldugvsw

 

◆Who were the Victims of Gunkanjima?」https://youtu.be/xnR94GeQbMc

 

「Who is Distorting the History?」https://youtu.be/o6xCs9joyiU

 

製作:「真実の歴史を追求する端島島民の会」「産業遺産国民会議」

https://sangyoisankokuminkaigi.jimdo.com

それぞれの動画には、日本語版、英語版、韓国語版があります。

一覧:https://sangyoisankokuminkaigi.jimdo....

| 日本の誇り | 16:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ダルビッシュ有の素晴らしさ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171029-00000046-dal-spo より一部転載

 

米大リーグ機構(MLB)のロブ・マンフレッド・コミッショナーは28日(日本時間29日)、ワールドシリーズが開催されているミニッツメイド・パークで緊急会見を行い、前日の第3戦でドジャースのダルビッシュ有投手から本塁打を放った後、ベンチ内でアジア人を差別するようなジェスチャーをしたアストロズのユリエスキ・グリエル内野手に対し、来季の5試合出場停止などの処分を発表した。

 MLBが問題視したのは、グリエルが二回の打席でダルビッシュから先制ソロを放った後、同投手が続投する中、ベンチ内で自身の両目尻を釣り上げるしぐさをした点だ。

 両選手と個別で話し合いの場をもったという同コミッショナーは「グリエル氏はすぐに自分の過ちを認識し、深く反省していた」と同選手の様子を報告。ダルビッシュとの会話については「この困難な状況の中で彼の考え方は模範となるほど素晴らしかった。中でも特筆すべき点は、このネガティブな出来事を人々が学び、深く理解するための機会にしたいという意見だ」と称賛。

 

さらに出場停止処分のタイミングがシリーズ期間中ではなく、来季にした理由の一つとして「ダルビッシュ氏との会話の中で前に進みたいという彼の気持ちに心を動かされた。(グリエルの)処分の時期を今ではなく、来季にする後押しになった」と説明した。<引用ここまで>

=============================

「両目尻を釣り上げるしぐさ」とは次のようなしぐさです。


目が吊り上がっているのは韓民族ですが、
外国人にはその違いが分からず、「釣り目」が東洋人を表す<隠語>に使われています。
この出来事から学びたいことは
コミッショナーがすぐに両人と対話の時間を持ったこと。
そしてダルビッシュ投手の次の言葉です。
「この世に生まれた人でパーフェクトな人は誰もいません。
 このネガティブな出来事から自分を含めて世界中の人々が学んで、
 1歩前に進めたら、結果的によいことになるんじゃないか」
この言葉が胸に迫って涙が出ます。
全てのイベント(経験)に学びがある。
スワン21は、こういう人を育てるために、
そして同じメッセージを発信するために創られた会です。
ダルビッシュ投手は31歳ですね。
メジャーリーグに単身身を投じて5年。
怪我と右肘靱帯再建手術を乗り越えて今がある。
自分の人生を丸ごと背負って生きている人の、素晴らしさに拍手。
上の映像を見るかぎり、グリエルにも差別と言うほどの感覚は無かったように思えます。
ワールドシリーズという大舞台でダルビッシュ投手からホームランを打った高揚感もあり、
チームメートに話しかけられて、ついジャスチャーが出てしまった感じですね。
キューバから日本へ移籍する際には、往年の名選手・中畑清氏に性格が似ていると言われたようです。
ちょっと気持ちが前のめりに出るタイプなのでしょう。
今回の事を善い経験にできれば、彼ももっと大きな人物になれるでしょうね。
応援したいと思います。

http://suwn21.com

youtube 音声をONにしてお聴きください

===================================

★陽の氣本舗 http://yohnoki.com 

★ロゴストロン・陽の氣本舗 http://logostron.com/yohnokihonpo

Categoriesの以前の書き込みをお読みになる場合は、一番下のページの最後にある

| PAGES | >>| Page top  の>>をクリックしてください。前のページに移行します。

 

 

| 気づきと学び | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

人生を狂わせられた

今回の選挙に、希望の党の公認を受けて出馬し、落選したある新人候補が、

 

「多くの候補者が小池さんに人生を狂わされたのに、

 

本人は都知事で居られる。納得がいかない」と発言したと、

 

ひるおびというワイドショーで放送していました。

 

この言葉は本当でしょうか?! だとすると、わたくしは驚きを禁じ得ません。

 

 

「希望の党本部からはメールの助言だけで、何の支援も無かった」とのことですから、

 

何も分からない新人候補にとって大変だったことは分かりますが、

 

それも含めて、すべて自分の甘い判断が招いた結果です。

 

準備不足のまま出馬したこと。

 

党本部が助けてくれるだろうという甘い期待を持ったこと。

 

何よりも希望の党の内実を見抜けなかったこと。これが根本的な間違いです。

 

 

選挙に出るなら、まず自分の支援者を相当数集めなければなりません。

 

初めての出馬なら、準備期間に1年程度は必要でしょう。

 

それもせずに党に頼る。

 

依存をするから、何もしてくれない党に対して不満が募る。

 

 

本人が未熟だったことが、落選という今回の顛末を引き起こしたわけで、

 

そこには思いが至らず、「小池さんが責任を取らないのでは、納得がいかない」。

 

こういう態度は、眞に幼稚すぎです。

 

 

「多くの人の人生を狂わせた小池さんが都知事であり続けることに納得がいかない」

 

「責任を取って都知事を辞任しろ」ということでしょうか?

 

それは無いのではありませんか?

 

希望の党代表をやめろというなら筋は通りますが、

 

都知事選にどれほどの税金がかかっていると思うのですか?

 

都財務局の発表によると、

 

昨年の都知事選で使われた血税は47億9600万円ですよ

 

小池さんが都知事を辞めたら、

 

再度の都知事選を行うことになるわけですから、

 

「落選した自分たちのために、その血税をドブに捨てろ」と言っていることだと気づけない。

 

こういう人を国会に送り込まなかったのは、まったく天の計らいです。国民の勝利です。


 

自分で立つことを知らない依存型のひとは、

 

この「狂わせられた」という言葉が示すように、

 

自分の在りようは顧みず、なんでも他者に責任を押し付けようとします。

 

 

他者を恨んで、救われるでしょうか?

 

その結果、また日々辛い思いをしながら生きていくことになるのではないでしょうか。

 

それでも自分の間違いに気づかず、ああだこうだと不満ばかりつのらせながら、

 

これからの人生もまた歩いていく。

 

 

こういう機会は、

 

「立ち止まって、あなたの生きざまに間違いは無かったかどうか、振り返りなさい」

 

という、魂霊からの問いかけでもあるのです。

 

こういう時こそが、成長のための好機です。

 

 

小池さんも「創業者」に拘らず、代表者として党員に求められていないのですから、

 

潔く退くべきですが、自己のエゴに執着しているので、全く風を読めなくなっている。

 

この判断ミスが、彼女の政治生命を縮めます。

 

都知事になってまともな仕事を何ひとつしていないのですから、

 

心を入れ代えてしっかり取り組んでいかなければ、彼女の未来は闇です。

 

 

結局この1件に関して言えば、「類は友を呼んだ」ということにつきますが、

 

皆さんにこのような機会が訪れた時には、

 

魂霊の言葉を聴いて、みちを誤らないようにして頂きたいものです。

 

誰かを恨んだら、あなたの魂霊が悲しみます。

 

あなたのネガティブな想いで、あなたが潰されてしまう。

 

自分に泥を塗る生き方は、もうやめにしましょう。

 

素直に、陽気に、軽やかに 胸を張って歩いていきましょう。

| 気づきと学び | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

フランシスコザビエルの見た日本人

この国の人々は今までに発見された国民の中で最高であり、

 

日本人より優れている人々は、異教徒の間では見つけられないでしょう。

 

彼らは親しみやすく、一般に善良で、悪意がありません。

 

驚くほどの名誉心の強い人々で、他の何よりも名誉を重んじます。

 

大部分の人々は貧しいのですが、武士もそうでない人々も、

 

貧しいことを不名誉だとは思っていません。

 

「日本人は」侮辱されたり、軽蔑の言葉を受けて黙って我慢している人々ではありません。

 

 

武士以外の人たちは武士をたいへん尊敬し、

 

また武士はすべてその地の領主に仕えることを大切にし、領主によく臣従しています。

 

人々は賭博を一切しません。たいへん不名誉なことだと思っているからです。

 

大部分の人は読み書きが出来ますので、祈りや教理を短時間に学ぶのにたいそう役立ちます。

 

彼らは一人の妻しか持ちません。

 

盗みの悪習をたいへん憎んでいます。

 

彼らはたいへん善良な人々で、社交性があり、また知識欲はきわめて旺盛です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ザビエルが日本に滞在していたのは2年余りですが、日本人の事をよく観察していますね。

 

他にも日本を訪れた外国人の回想録がいろいろ出版されていますが、

 

勤勉で親切、誠実でひとを騙さない人たち、という印象は一致しています。

 

今でも日本人の印象を尋ねると、同じような感想が帰ってきますね。

 

反日教育を行っている中国、韓国ですら、日本に来て実際の日本をみて、

 

日本人と触れあうと、同じような感想を抱いて帰っていくのが常です。

 

「今まで聞いていた、傲慢な日本人というのはいったい何だったんだ!?」

 

頭の中が混乱するらしいのです。


昨年韓国人が一番多く訪れた国は日本、行きたい国NO1もまた日本です。

 

やはり「無いモノに憧れる」のが人の常なのですね。

 

全てに於いて、他者から聞いたことをそのまま鵜呑みにするのは、とても危険です。

 

自分の「知識」にも責任を持ち、他者に依存することなく、

 

自分の足でしっかりと立って生きていきたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 日本の誇り | 06:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

爆買いされる日本の領土

宮本雅史著

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

中国の狷本侵略計画”は軍事面だけでは無い。

 

並行して経済侵攻も活発化しているのだ。

 

象徴するのは森林や農地、水源地、観光地などの不動産買収にある。

 

さらに、学校などの教育現場で、

 

子供達に中国の文化や歴史を浸透させようとする流れすら見せている。

 

北海道のある村が、

 

ほぼ村ごと中国と関係する日本企業に買い占められているのをご存知だろうか?

 

北海道に中国人専用の、中国人による中国人のためのプライベートゴルフ場があることは?

 

東京ドーム数百個分に及ぶような森林や山林が買収され、

 

中国人の自治区ができるのではと不安の声が上がっていること、

 

観光施設が中国資本に買収され、中国人観光客で溢れていること・・・・・。

 

 

沖縄県石垣市の尖閣諸島の中国公船の接近や領海侵犯が象徴するように、

 

航空機や軍艦による侵攻は目に見えるため日本人はすぐに反応し、対応しようとする。

 

だが不動産の買収などを通して展開される経済侵攻を始めとするソフト面での進行は、

 

水面下で密かに、かつ継続して展開されるため、

 

気づく頃には、すでに打つ手がなくなっているケースが多い。

 

私が最も危惧しているのは、これらの経済侵攻が「合法的」に行われているということだ。

 

日本国籍を取得し、中国の動静を注視、検証している中国研究家はこういう。

 

「武器を持たない、目に見えない戦争が繰り広げられている」

 

 

「北海道が合法的に中国に乗っ取られるかもしれない・・・・ 」

 

「メディアが取り上げないから、日本人は全く知らない。

 

北海道民でさえ気づいていない・・・・・北海道は広いから」

 

「大がかりに買収されている。自治区だって出来かねない勢いだ。

 

中国の侵攻が露骨で激しい。日本は法律やルールがないから全くの丸腰だ。

 

外国資本も合法的に活動していると言う自信があるから、手の打ちようがない。 」

 

 

私は農水省に意見具申に行ったのです。

 

ところが農水省に着くと、外務省の職員が同席しているのです。

 

外務省は関係ないのになぜいるのだろうと変に思いましたよ。

 

私は農水省の職員に向かって

 

「安全保障上、きちんと対応して日本の国民の食料を守るべきだ」

 

「今の農地法などを考え直すべきだ」というと、

 

外務省の職員がいきなり答弁書を出してきて、

 

「内外人無差別ですから、外国人だけ不利益を被ることはできません」

 

と横槍を入れてきたのです。

 

あとは外務省との押し問答。にっちもさっちも行きませんでした。

 

  

画像は下記のサイトよりお借りしました。2年前のモノです。今はもっと買われています。

https://tanosimi2016.net/2017/05/29/post-2257/

 

 

ほとんどの住民は声に出して断言こそしないが中国の存在を肌で感じており、

 

それを裏付ける証言もあった。

 

「中国総領事館ナンバーの車が、地区内を走るのを複数の住民が複数回目撃した」

 

わざわざ観光に来るような場所では無い。

 

「まるで何かを見張るように走っていた」という様子が不気味だ。

 

 

「日高山脈ではかつては石油が出ていました。レアメタルなど金属も眠っています。

 

ニッケルやクローン鉱山があり、掘れば今でもでてくるのです」

 

日高山脈の鋼材や水源地が無差別に開発されるーーーー。

 

そんな懸念が現実味を帯びつつある。

 

 

「日高山脈の麓の山林が地元の住民が知らないうちに買われ、

 

スイス牧場という看板がかかっているが正体がわからないらしい」

 

看板の下には小さく「Shouwa 95nen begin nen」と書かれている。

 

昭和95年は2020年。

 

2020年は中国共産党にとって近代化目標年で、ターニングポイント。

 

このメッセージに何か意味があるのでは・・・・・。

 

 

「山林や森林、牧場などが中国資本などにどんどん買われているという話はよく聞く。

 

何か大きくて強い力が働いているのではないかと勘ぐってしまうほど、

 

ありえないことが起きている。

 

実体はわからないが、この問題は1自治体が解決できることではない。

 

法整備も含めて国で取り上げてもらわないと解決できない。

 

国はこの現実を知っているのだろうか。

 

このままでは北海道に日本人が住む場所がなくなってしまう」  引用ここまで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

中国資本は水資源を買っています。


 

水に恵まれた日本では、水道をひねれば飲める水が出てくる。

 

当たり前と思われるかもしれませんが、「日本は恵まれているのです」。

 

飲むと下痢をするようなアフリカや東南アジアの水だけではありません。

 

ロシアで買ったペットボトル入りの水は、トロリとした得も言われぬ味がして、

 

結局飲めませんでした。

 

イギリスの水は硬水ですから、わざわざ軟水にして使っているとのことでした。

 

水道から安全な飲める水が供給されている国は、そう多くはないのです。

 

『平成16年版「日本の水資源」(概要版)』にて国土交通省が発表している、

 

世界で水道水が飲める国は、たったの15か国だけです。

 

その中には「国」ではなく、「市」が指定されている場合があります。

 

つまりその市以外では、飲める水道水は供給されていないのです。

 

.侫ンランド、▲好ΕА璽妊鵝淵好肇奪ホルム)、アイスランド、ぅ▲ぅ襯薀鵐鼻↓ゥ疋ぅ帖

Εーストリア、日本、┘ロアチア、スロベニア、アラブ首長国連邦、南アフリカ、

モザンビーク、レソト、オーストラリア(シドニー)、ニュージーランド

 

 

私たちの国は水に恵まれている。

 

その水資源を中国資本が買っている。危機感を感じませんか?

 

「水戦争」という言葉があるように、水を押さえられたら私たちは生きていけません。

 

国は一刻も早く法律を変えて、日本人の水を守ってほしいと思います。

 

現状を知らなければ、何も語れません。

 

是非「爆買いされる日本の領土」をお読み頂きたいと思います。

 

 

 

| 日本の誇り | 06:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM